fc2ブログ
HOME   »  新型コロナウイルス  »  第2163回 減少率が弱い

第2163回 減少率が弱い

  今日の埼玉は朝から曇り空。ただ気温はそこそこあるようで。強烈な冷え込みは全く感じられません。季節はお彼岸を過ぎ、これからどんどん暖かくなる感じ。

 我が家の近くの河川敷に植えられている桜並木の枝では、桜のつぼみがどんどん色づいてきて、もしかしたらもう咲いているかもしれません。

 そんな中、今日は先日も書いたように私の母親が亡くなって、ほぼ二か月近くが経過。この後我が家から30分ほどのところにあるお墓に行って、納骨を行う予定です。

 しかしこの間亡くなった後の様々な手続きを行ってきましたが、ともかく各種書類の請求、その書類を持って関係各機関でやり取りを行ってきたものの、一つの手続きを完了させるのに時間がかかります。

 難航したのは、年金の未受領分のための口座変更。たかが口座変更と思っていたのですが、年金事務所に行くたびに書類不足を指摘され、結局3回事務所に行く羽目になりました。

 さらに金融機関関係の口座の名義変更に必要な「生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本」というのが厄介。母親は北陸の田舎の出身で、戸籍謄本を請求するためには、昔住んでいた地域の役場、または市役所に郵送で請求ということになります。

 とりあえず結婚後の戸籍謄本はすぐに見つかったのですが、生まれてから結婚するまでの戸籍謄本が見つからないと言われ困惑。結婚前に住んでいた地域の市役所に問い合わせてみても「見つからない」という返事。

 「こりゃ困った。戸籍がないのか?」と不安になりましたが、先日市役所側の再検索でようやく戸籍が判明。見つからなかった原因は、戸籍筆頭者の名前。

 どうやら母親のおじいさんにあたる人の名前で戸籍が作られていたようです。後日送付された戸籍謄本を見ると、私の全く知らない名前が並んでいましたので、これじゃあ見つからないわけだ」と思いました。

 さてそんな顛末があり4月になったら金融機関の口座の名義変更が進む予定。その後は、土地や家屋の登記の名義変更、さらにあるかないかは分かりませんが相続税の申請と進む予定です。
 
 さて新型コロナですが、新規感染者数は依然として緩やかな減少傾向が続いているみたい。
日本の新規感染者数の推移
 グラフから分かることですが、減少率はだいたい1週間前の90%前後になっているようです。ということは来週前半の新規感染者数の最低値は18000人前後、後半の最高値は45000人前後となりそうな気がします。
 
 しかしこのペースの減少率では、5週間後に控えているゴールデンウイークの頃でも、0.9の5乗=0.6ぐらいですから、その頃の感染者数は12000人から30000人ということになり、到底安心できるレベルにはなっていなさそうです。

 とはいえ私もそうですが、この時期にすでに旅行計画を汲んでいる人も大勢いるはず。当然ながら有名観光地に人が集まれば、その影響は5月中旬から現れるはず。

 旅行に行っても、ともかく人混みを避けるという意識が必要だなと思っています。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
665位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
121位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。