fc2ブログ
HOME   »  新型コロナウイルス  »  第2160回 3回目を接種すれば感染を防げるのか?

第2160回 3回目を接種すれば感染を防げるのか?

 母親逝去後の手続きで最も苦労しそうなのが相続税の申告作業。特に土地不動産の資産価値が不明。固定資産税や路線価で算出ということは分りましたが、その具体的算出方法にまで触れているページがほとんどありません。

 我が家の場合、当初私と妹で相続すれば、まあまちがいなく無税だろうと思っていたのですが、母親が書いた預貯金のメモを見ると、私が想定していた額より多くあり、もしかすると税金を納める必要があるかもと思うようになりました。

 というわけで、結局この先は税理士さんに相続税の申告書の作成をお願いするしかないかなと思っていますが、そうなると今度は、その税理士さんが有能かとか、信頼できるか、相談料はいくらぐらいかかるのかということが問題になりそう。

 次に面倒なのが預貯金口座の名義変更作業。遺産分割協議書とか戸籍謄本だの印鑑証明だの、ともかく必要書類が多い。しかも金融機関ごとに必要となる書類が微妙に異なるようです。

 さらに49日の納骨に向けて作業を進めるためには、納骨前にお墓の名義変更が必要で、それをしないと納骨できないとのことで、ここでもまた書類と手数料が必要。

 てなわけで、まあ一つ一つ片付けていかないといけないわけで、当分の間、書類と格闘する必要がありそうです。

 さてコロナですが、今日発表されている新規感染者数は81621名。ヤフーに掲載されている新型コロナ新規感染者数のグラフを見ると、ピークは2/3あたりだったようです。

 その後減少に転じていますが、残念ながらその減少の勢いは前回の感染拡大時に比べるとかなり緩やかになっているように見えます。

 グラフの傾きを1週間延長して、来週の感染者数を予測すると、来週の最小値は、よくて6.5万人ぐらい。最大値は8.5万人万人ぐらい?

 減少の勢いが穏やかな理由として、国は3回目接種がすすんでいないからだという言い方をしていますが、2回目の接種が進んでいた頃、国民の7割が2回目を終えれば拡大は収まるというような言い方が目立っていました。
 
 そのためか3回目接種の始動が遅く、その結果オミクロン株の感染拡大を招いてしまったということのようですが、要するに2回接種しても、重症化は減ったにせよ、感染拡大を食い止めることは出来なかったということになりそう。

 というわけで、ここに来て国は急に1日100万回の接種を目指すと勢い込んで、実際ここ数日はかなり接種回数は増えているみたい。
 
 「接種さえすれば安心」ということなのかもしれませんが、もはやなりふり構わず、交差接種を推奨しているようです。しかしそうなると、3回目接種で感染しない確率がどのくらい増えるのかとか、副反応の対応でどのくらい苦労するのかという部分が実に不安。
 
 世界の一部の国では、3回目の接種でも飽き足らず4回目に踏み切っている国もあるようです、個人的にはその接種回数が増えれば増えるほど、抗体産生能力は低下し、体への悪影響だけが残るような気もします。

 まあ個人的な感覚ですから、「そんなことはない」という人も多いかもしれませんが、やはりワクチンを接種するにせよ、出来るだけ2回目との間隔を空けて、なおかつ前回と同じ種類のワクチンを接種したいなと思うようになっています。
 
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
665位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
121位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。