fc2ブログ
HOME   »  新型コロナウイルス  »  第2157回 予想をはるかに超える感染者数

第2157回 予想をはるかに超える感染者数

 前回の記事から9日間が経過。前回の記事では、予想を上回って上昇中と書きましたが、この9日間の感染者数はさらにその予想を上回って感染者数が増えています。

 新規感染者数が25000名を越えた8/20ぐらいからの感染者数の推移は以下の通り。この勢いでいくと、来週頭には18000名程度まで数値が下がるかもしれませんが、その後は3万名に近づくことになりそうです。

 ちょっとグラフの縦棒に濃淡が出てしまいましたが、ソフト上の問題です。グラフの推移のみに注目していただければよいと思います。
8/20以降の新規感染者数の推移


 てなわけで、感染が急拡大している中で我々が出来ることは何かということを考えるために、これまでにニュースになったことでオミクロン株の特徴について調べてみました。それらを順不同に羅列します。

・ 変異が多いため、細胞に結合しやすい
・ その結果感染力が従来のデルタ株より大きい
・ 感染後の症状は発熱、全身倦怠感、咽頭痛、鼻水、頭痛、関節痛が多く、嘔吐・吐き気や呼吸困難、嗅覚味覚障害は少ない
・ 感染者数の数%ですが、無症状の人がいる
・ 重症化のリスクはこれまでの株よりは少しだけ低そう
・ ファイザー製ワクチンの場合、2回接種後、20週(5か月)が経過すると、予防効果がほぼ失われる
・ これまでデルタ株に感染経験がある人は、オミクロン株にも感染することがある 
・ これまでの株に比べると肺炎は少ない
・ 潜伏期間は短く、回復は早い
・ 感染経路不明が多い
・ ウイルスの増殖部位が肺ではなく、鼻に移行
・ 感染者は若い世代が多いが、高齢者に比べて、交流も多いのが原因かも
 
 だいたいこんな感じでしょうか。要するに人との交流が多くなると必然的に感染が増えるということですが、その症状は従来のものより軽く、感染しても数日で回復という傾向が強いのかも。

 「だったら安心」という気もしますが、感染者数が増えれば、確率的に重症化する人も増えてくるはず。というわけで今後も感染対策が必要という、まあ当たり前の結論になります。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
665位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
121位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。