FC2ブログ
HOME   »  くも膜下出血  »  第1917回 脳出血の症状を感じてびっくり

第1917回 脳出血の症状を感じてびっくり

 今日は朝6時に起きました。ちょっと冷え込んでいるなと思いながら、恒例になっている朝の軽いストレッチを始めてびっくり。目の焦点が合わない!。

 右目の画像と左目の画像がずれている感じ。片目をつぶると普通に見えるのですが、両眼で焦点を合わせようとしても合わない!5分ぐらい続いて落ち着いてきましたが、さすがに慌てました。

 3年半前の明け方にクモ膜下出血を起こし、救急車で最寄りの大学病院まで緊急搬送。私は激しい頭痛を感じながら、自力で救急車に乗り込んだところまでは覚えているのですが、その後の記憶がなし。

 数日後、一般のベッド上で目が覚めましたが、一時は症状がかなり重いと判断されて、集中治療室にもいたようです。幸いに手術が成功したのか、その後数か月のリハビリをこなし、何とか自宅に戻りましたが、以後高次脳機能障害でめまい、味覚障害、ろれつが回らない、字を書きにくい等、いろいろな後遺症に悩まされています。

 ただ現在はすべての程度が退院直後よりわずかずつ軽くなり、何とか日常生活を送れるまでに快復。とはいえ、動脈硬化による再発はいつ起きてもおかしくないと言われているので、今日は「もしかして再発か?」と不安になりました。

 幸いに数分後なんとか現状復帰しましたが、一時は救急車を呼ぼうかと考えていました。というわけで、ちょっと食欲がないなと感じながら、軽く朝食を食べ、先ほどかかりつけの脳神経外科に行ってきました。

 症状を話すとCTが必要とのことで、「被爆しちゃったな」と思いながら撮影。診断結果は、「顕著な脳出血の兆候はなし、ただし隠れ脳梗塞の可能性はあるかも」ということで、まあだいたい想像通りの結果。

 とはいえ現状で脳内出血はなさそうなので、ちょっと安心して帰宅です。しかし診察を待っている間にも、救急車が来たりして、また他にも診察や検査を待っている人が10数名。この時期は脳内も変調をきたしやすいのかも。

 新型コロナウイルスの感染も心配なので、待合室の椅子に座るときも、なるべく間隔を開けるようにしていましたが、そういったことに無頓着に近くに座る高齢者もいたりして、意識改革はまだまだだなという印象です。

 というわけで帰宅してすぐに手洗いとうがいを行い、ようやく少し落ち着いたところです。

 ヤフーのニュースを確認すると、どうやら今日明日中に緊急事態宣言が出されそうな雰囲気です。ここ数日で日本国内の感染者数は急拡大しています。

 1/27からの感染者数のグラフを描くと、10日ほど前から急上昇。つまり3月の26日頃。これをカレンダーで見ると、3月の3連休の5日後ぐらい。

日本の感染者数の推移

 結局3連休の頃が感染拡大封じ込めの境目だったような気がします。あの時もっと強い封じ込めができていたら、今日の急拡大はていなかったかも。

 しかしこのグラフの上昇角度はすごい。ネットでは縦軸めもりを指数関数で表すようなグラフの必要性が指摘されるようになりましたが、この流れだと水曜日には5000名前後になっているような気もします。
 
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
28位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。