FC2ブログ
HOME   »  鼠蹊部ヘルニア  »  第1823回 鼠径部ヘルニア手術体験記を終了

第1823回 鼠径部ヘルニア手術体験記を終了

  手術後三日目の朝はいつも通りに起きて、痛みを感じながらも通常の生活に復帰。あとはさして書くこともないのですが、以後気が付いたことをいくつか。

・ 三日目からは車も運転しスーパーへ

・ スーパー内ではカートを押しながら移動。早く歩くと痛みを感じるので、ゆっくり移動

・ このころタイミング悪く、コメがなくなったので購入。しかし10kgの袋を持ち上げて運ぶのは厳しいと思ったので、割高ですが5kgを購入

・ さらに多少歩けるなと思ったので、昨年から始めた市民農園まで行き、作物の収穫

・ 5日目になると、うずくような痛みはあるものの、歩くこと自体にそれほど支障はなし

・ ただ咳、くしゃみ、鼻をかむという動作が厳しい。ちょっと腹筋に力を入れると痛みが増します

・ 一方この頃から患部が少し膨らんできます

・ 傷ついた組織を修復しようとして、組織液が溜まっているのではないかと思っていますが、これはほぼ2週間たった今も継続

・ 10日後ぐらいには、日常生活にほぼ復帰

・ 多少力を入れても問題ないし、寝返りもそれほど意識せずに行うことができるようになりました

・ というわけで市民農園で除草作業や、これまでズ~っと朝行っていた30分ほどのストレッチを少しずつ再開

 てなわけで、今日でほぼ2週間。患部の腫れがまだひかず、ちょっと不快感がありますが、手術したことを忘れている時間も増えてきました。

 歩き回る距離も増え、あと少しで完全復帰?今のところ手術前の8~9割まで回復したなと思っています。また退院後に椅子に座って感じた尻の肉の筋肉も少し復活した感じです。 

 今月20日過ぎに、術後一か月の診察があるので、その頃には腫れも少しひいているのではと予想しています。

 しかしまあ誰もが経験するわけではない鼠径部ヘルニアですが、加齢に伴って高齢者が経験することが多いと言われています。

 私の場合はたまたまですが、左右両方の手術を経験したわけですが、世の中にはそんな手術を経験しない人も多いはず。その違いは何だろうと考えるのですが、やはり年齢による筋肉の萎縮みたいなものがあるのかなと考えています。

 筋肉そのものが委縮して小さくなれば、重なり合っている部分の隙間も大きくなるわけで、その意味では健康を意識するあまり、肉等の摂取量を極端に減らすのもどうかと思うようになりました。

 この辺りは私の推測なので、医学的な根拠はありません。というわけで、鼠径部ヘルニア手術の体験記はひとまず終了です。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
34位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。