FC2ブログ
HOME   »  くも膜下出血  »  第1581回 上がりかけた血圧を下げるのは大変です

第1581回 上がりかけた血圧を下げるのは大変です

  上り始めた血圧をどうやって下げるのかというのは、これまでも経験がありますが非常に難しい。車が坂道を降りるとき、「うわあ、スピードが出そうだ」と思ってブレーキを踏んでも、しばらくの間はスピードはさらに増します。

 ようやくブレーキが効き始めたころ、なんとかスピードの上昇は収まるものの、元のスピードに戻るためにはさらにブレーキを踏み続ける必要があります。

 つまり上がり始めた血圧を下げるためには、いつも以上の降圧のための努力をしないといけないわけで、それをしても最初はなかなか下がらないという事になります。

 ましてや車のブレーキなら、踏めばスピードは落ちるという事がはっきりわかっていますが、血圧の場合どうすれば下がるのかという明確な方法がないというのがネックです。

 というわけで、私が行った方法。どうやら体重と血圧に多少の相関関係があると分かってきたので、体重を減らす若しくは食べ過ぎないことが第一目標となりました。

 そこでここのところ若干増加傾向だった3時のおやつやクッキー等の甘いもの系を控え(と言ってもクッキーは数個しか食べていません)、食事は野菜系を増やし全体量を減らしました。

 ただ野菜系を増やす食事というのは、私のような男の一人者にはなかなか難しい要求です。また息子は肉食が食べたいというので、その間を取ったメニューが難しい。

 結局冬場であることを良いことに、鍋料理を増やし、玄関先に買い置いてある野菜を片っ端から煮て食べることになりした。さらに食事量はともかく腹一杯になる直前にやめることを意識。

 しかし多数の女性がダイエットに挑戦し、次々と誘惑に負けて食べ過ぎてしまうという気持ちが実によく分かります。あと少しなら良いか。このぐらいなら食べた内に入らないだろう等々、自分に都合の良い言い訳が次から次へと浮かんできます。

 ともあれ、食事量は少し減ったと思います。次が運動。寒い時は危険だなと思いますが、外気温が10数℃を越していればウォーキングにも行けます。久しぶりに少し長い距離を歩くと息が切れるので、やはりここでも体力が落ち、運動不足になっていたんと再認識。

 当然ながら朝晩行っているストレッチも、これまでより気合を入れなおして行っています。そうすることによって夜の睡眠も深くなりました。
  
 そうやって5日ほど経ち、少し血圧は下がってきました。具体的には12/14に164/100、12/15に180/100、12/16に180/105となりましたが、12/17は144/94、12/18は133/86、昨日12/19が128/77、本日12/20が131/80と落ち着いています。

 問題はこれが続くかどうかですが、とりあえずブレーキが効いて少し落ち着いて来たと言えると思います。


関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
34位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。