FC2ブログ
HOME   »  ★旅行  »  第1506回 バンコクの病院体験

第1506回 バンコクの病院体験

  私が加入したAIUの海外旅行保険ですが、10泊11日にバンコク旅行で、掛け金が4340円でした。OFF!という損保ジャパンの保険を使うともっと安くなり、たぶん同じ日程で3000円以下になるはずです。

 両者の違いは、持病に対するケア。AIUの場合、持病があってもそのまま受診ができ、保険金額内で応急処置が受けられます。一方OFF!の場合は、事前に持病について電話等で通告が必要で、その場合持病に関連した病気には保険金が適用できませんという約束をすることになります。

 というわけで高血圧や喘息等の持病持ちの私が、今回のように少し長期の旅行をする場合はAIUの方が良いだろうと判断し、割高だなとは思ったものの、ネットで契約をしました。

 契約をしたのは旅行の2週間ぐらい前で、保険証書を含んだパンフレットは自宅に送付してもらいました。だいたい1週間ぐらい前に届いたと記憶しています。

 契約の内容ですが、障害死亡100万、障害後遺障害100万、障害治療費用300万、疾病治療費用300万というもので、それ以外の疾病死亡はゼロ。まあ命を失ったら保険どころじゃないだろうという考えです。

 また個人賠償責任や携行品についても、これまで経験がないので必要がないと判断しゼロ円の設定で、要するにケガと病気に特化した保険だという事です。

 1週間前に送られてきたのは、上記のことを証明した契約書、同封書類一覧、保険金請求書(結果的にキャッシュフリーで使いませんでした)、緊急連絡先一覧(ここに出ていた電話番号にホテルから病院に行くことを連絡しましたが、記載通り無料通話でした)、キャッシュレスサービスが適用できる病院一覧(バンコクでは四つの病院がありました)、更に海外旅行保険の詳細についてのパンフレットです。

 これらをそのまま封筒に入れた状態で持参し、いつも持ち歩くショルダーバッグに入れてバンコク市街を歩き回っていました。

 という状況で、上に書いたようにまずホテルからコールセンターに電話。受診する旨を伝えて、方法等や保険金請求について確認。電話は15分ぐらい利用したと思いますが、これも無料だったのは助かります。

 私が宿泊したホテルから、実際に行った病院までタクシーで15分ぐらい。バンコクはタクシー代が安いので、このあたりは気楽です。料金は200円ぐらいです。(実際にはこのタクシー代も保険金として請求できるみたいです)

 ただし万が一の場合に備えて2万円近い現金も持参しました。タクシーの運転手さんに病院の入り口を教えてもらい、そこを通り抜けると、豪華なホテルロビーと思われるような空間が待っていました。

 正面に受付、右側にカフェ、左側にソファー。これらの設備すべてが日本の病院で見られる安っぽい設備とは全く違います。まさにホテルです。

 案内係のお姉さんに「日本人ですが」と英語で伝えると、すぐに「10階へ行ってください」と言われ、傍らにある、これまた豪華なエレベーターで10階へ。

 10階に行くとスタバなんかがあってさらにびっくり。広い待合室にはクッションの良さそうな椅子が置かれています。目についたカウンターで再び「日本人ですが」と伝えると、日本人専用のカウンターの場所を教えてくれたのでそちらへ。

 受付にタイ人美女が一人。この人にAIUの保険証書を渡しましたが、ここで一つだけ失敗。本当はパスポートが必要だったようです。すっかり忘れていました。

 それでも保険証書があったのでなんとか手続き続行。顔写真を撮られ、新しい診察券を渡され、「以後はこの診察券で受診してください」と言われ、さらに書類を数枚記入。サインをして手続き終了。次はいよいよ診療です。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
34位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。