FC2ブログ
HOME   »  ★旅行  »  第1387回 旅行に行って健康になる

第1387回 旅行に行って健康になる

 バンコク5日目で、早くも明日が帰国日。5泊ぐらいだとあっという間です。毎回10泊ぐらいしたいなと思いますが、まだ実現していません。

 年齢のせいか、ハワイ旅行でも感じますが、時差ボケを修正するのに4~5日ぐらいかかるなと感じています。昨日が疲労のピークだったような気がします。今日はバンコク時間の朝7時に起きて、日本での日常のペースが戻ってきましたが、明日は帰国ですから厄介です。

 しかし前回も書いたように、一人の旅行というのは必然的に動きまわる機会が増えるので、健康に良いなと感じます。ツアーだと、ツアーの日程に合わせて動き回らなければならないので、動く量は同じでも身体が欲していることを素直に実現できません。

 そろそろ昼寝をしたいのにと思っているころ、「次の観光地は・・・・です」というように引っ張りまわれたら適わないなという気持ちがあります。

 一方同じ海外旅行でも、バンコクの食べ物はバンコクと同様に好きなハワイより良いなと感じます。ハワイではどうしても1食の量が多く、洋食系は油が多くなります。必然的に胃腸への負担が大きくなります。

 バンコクで食べるのは、和食、洋食、中華、タイ料理とさまざまですが、ここのところ折角タイに来ているのだからとタイ料理を食べる機会が増えています。

 すると意外に中華系に近い野菜料理が多いことがだんだんわかってきました。もちろん中にはとんでもなく「辛い」料理もあるのですが、お店の人に聞いて、調整してもらうこともできます。

 その意味ではハワイよりかなり胃腸の負担が楽だなと感じます。ただし、気候が問題。つまり年中蒸し暑いのでサラダ系は腐敗しやすいようです。

 これまでにも食べた瞬間これはもしかしたら、という時が何回かありました。迷わずそ~っと吐き出したりしていますが、これも一人旅でリスクを避ける方法の一つだと思っています。

 というわけで、運動、食生活の点でバンコク旅行は割と性に合います。睡眠は、ちょっと問題。夜は飲み歩いていることが多いので、日本なら11時前には寝るのですが、バンコクでは12時を過ぎることも多いです。

 かといって翌日遅くまで寝ていられるかというと、やはり年齢的に早起きになってしまいます。必然的に寝不足となるので、これを昼寝で補う毎日です。

 健康に生活する条件は、運動、食事、睡眠のほかに、ストレスがありますが、これはもちろん旅先で一人で行動するという妙な緊張感はありますが、達成感もありますので、良いストレスになっているのではと思われます。

 要するに適度な旅行は健康に良い、ということを言いたいわけで、その意味では実によい趣味だなと思えます。唯一困るのがお金の問題ですが、もしかすると旅行で健康になれば医療費が減るかもという、自分に都合の良い考えも持っています。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
34位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。