FC2ブログ
HOME   »  インフルエンザ、風邪  »  第1331回 寝ているときは鼻水が出ない?

第1331回 寝ているときは鼻水が出ない?

 このところ体調良好で、「在職中に較べると年はとったけどずいぶん元気になったもんだ」、といい気になっていたら鼻風邪をひいたようです。

 昨晩は特に問題なかったのですが、今日の朝若干冷え込んだせいか、「寒いな」と思って目が覚めました。もぞもぞと起き上がって、朝食を食べる頃になると鼻水が止まらなくなってきました。

 我慢して朝食を食べ、ブログを書いたりしていたのですが、さらに鼻水が激しくなり、鼻をかんでもかんでも、とめどなく流れ出してきます。

 喉が痛いわけではありませんので、典型的な鼻風邪症状ですが、ともかく鬱陶しい。しかも段々と眠気が。朝方の寒さによって充分睡眠が取れていないんだと判断し、いったんベッドへ。

 1時間ほど寝ると多少すっきりして、眠気は取れ、鼻水も若干減りましたので、気を取り直してブログ書き。しかし夢中になってやっていると、朝ほどではないもののやはり鼻水が出ます。

 そうこうする内に昼になり、買い物に行くのも面倒なので、家に常備してあるパスタを茹でて、ついでにバンホーテンの暖かいココアを一杯。

 しかし症状の改善は見られず(そんな短時間で治るわけが無いのですが)、「これはもう少し寝たほうが良い」と判断。残薬が問題になっていますが、こういうときは助かります。

 引き出しにしまってある常備薬の中かkら、かつて医師から処方してもらった「PL」という顆粒状の総合感冒薬を取り出し、半量だけ服用。

 その後再びベッドへ。すると10分ぐらいで眠ることが出来て、結局1時間半ほど睡眠。起きると鼻水は全快とはいかないまでも、かなり症状が緩和。というのが今の状態です。

 風邪の原因ですが、ゴールデンウイークに入って割りと暖かい日が続いたせいかい、薄着になり、その上で夜は眠りが浅くなった上に、日の出が早くなり早朝に目が覚める日が多く、全体として寝不足気味だったようです。

 夏場はそれを補うように、昼寝をよくしていたのですが、ここのところ体調が良かったので、昼寝もせずにウォーキングや家庭菜園で汗を流したりしていたので、「もう少しおとなしく過ごしなさい」、という体の指示が出たような気がします。

 それにしても不思議なのは、起きているときは3分おきぐらいに鼻をかまないといけないのに、寝ているときは鼻水が出てこない現象。

 寝ているときのホルモンの働きが違うのかなと思いますが、鼻水を出して、不快にさせて、「早く寝ろ」と体が訴えているような気もします。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
34位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。