FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第1120回 体温計の使い方と思いこみ

第1120回 体温計の使い方と思いこみ

 私の風邪はアルコールを控えた当初の二日間ほどで劇的に改善。しかしウイルスか細菌のせいなのか分かりませんが、咳がなかなか根絶出来ません。 しかし体調は日に日に改善しています。

 ただし時折思い出したように激しい咳が出るので、外出時はマスクが手放せません。

 今回の風邪で改めて体温計の使い方を調べ直して、その通りに実行してみました。ポイントですが

1.測定部分の先端を脇の下の中央にくっつける

2.そのまま反対側の表示部を少し持ち上げる。全体としては斜め下方の向きです(水平や上向きではないと言うことです)

3.3分ぐらい経つとアラームが鳴りますが、気にしないで測定を続ける

4.10分ぐらいで実測値とほぼ同じ値になる

 要は10分間というちょっと長い時間、動かずにしっかり測るというのがポイントのようです。

 ちなみに10分間しっかり測ると測定値は当然少し増えるような気がします。(体温計が脇の下の体温で充分温められるまでの時間が10分間だからです)

 と言うことは3分ぐらいでピピっと鳴って、すぐにそれを取り出してしまうと、実際の体温より低く表示されている可能性があると言うことです。

 自分は低体温だと思っている人は、体調の良いときに一度しっかりと10分間測定した平熱を知っておいた方が良いかもしれません。

 ちなみにそうやって測った実測値によれは、日本人の平均体温は36.9℃ぐらいだそうで、かなり高いのでびっくり。

 ただしこれは10~50歳の平均体温で、幼児や子供は37℃台、60~90歳は36.7℃ぐらいだそうです。

 というわけで、真面目に測定したら37.0℃であっても、これは平熱に分類されるとのことです。

 ちなみに上記は実測値ですが、自分の平熱または子供さんの平熱は何度ですかという質問に対する答の平均は自分が36.14℃で子供は36.4℃ということですから、大多数の人は自分の体温を低めに見積もっている事が分かります。

 低体温とか冷えというようなことで悩んでいる方は、体温の測り方からきちんと調べ直した方が良さそうです。
 
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
34位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。