FC2ブログ
HOME   »  新型コロナウイルス
Category | 新型コロナウイルス

第2007回 新型コロナに対する三つの研究結果で分かったこと

  今日の埼玉は朝から曇り空。西日本では大雨が続いているようで、その雨雲が東日本にもやってくるとのことで、雨を覚悟していたのですが、現状は薄曇り。

 しかし近くを流れている川は、山の方で雨が降ることが多いのか例年より増水気味。万が一1時間に50mmを越えるような雨が降り続くと、昨年経験した台風による近隣の河川の氾濫という事態も起きそうで、かなり心配しています。

 今日の日本の新型コロナ新規感染者数は、昨日午後が19775名だったのに対して今は19991名となって、いつもより更新が早いみたい。増加人数は単純計算で216名ですが、厚労省の数値を見ると新規感染者数は176名増となっていて、やはりこの数字が理解できません。

 とはいえ、ここ5日間は毎日200名前後のプラスですから、事態はかなり緊迫しているように思います。感染拡大が始まった1/25から今日までの毎日の感染者数増のグラフは以下の通り。
日本の新規感染者数の推移
 パッと見てすぐ分かるように、私には明らかに二次感染が始まっているグラフに見えます。幸いにテレビのニュースでは、市街地に向かう人の流れが、この週末は1週間前より減ったと報道されていましたので、皆さんかなり気にしているのだと思います。

 当然ながら政府同様、折角自由になった流れを止めたくないのは経営者はもとより、我々庶民も同感。だとすると現状でやはり一人一人が行動を出来る限り制限するしかないと思っています。

 ちなみにこの間気になるニュースがいくつか。一つ目はニューヨークタイムズが報道したようですが、新型肺炎は空気感染の可能性があるらしいとのこと。

 これまでの感染は、主に飛沫による感染が指摘されていましたが、専門家は飛沫の大きさとは関係なく、呼吸だけでも感染する場合があるとの指摘です。

 これが本当なら、事態はかなり深刻。飛沫より小さな粒子で感染するとなると、通常の不織布マスクでは防御が難しいという事になります。

 もう一つ。ドイツの研究。風邪にかかりやすいとコロナの免疫力があるというもの。風邪にかかった人はリンパ球の1種であるT細胞が生成され、この細胞が新型コロナに対しても有効かもという研究です。

 これが本当なら、私自身は風邪をひきやすい体質だと思っているので朗報。またインフルエンザの予防接種もしていますから、新型コロナに出会っても、免疫細胞が活躍してくれる可能性もありそうです。

 (ただし予防接種の有効期間は三か月から六か月という話も聞いているので、昨年11月に接種したのでは、すでに効果がなくなっているかも)

 もう一つ。これはイギリスのBBCのニュース。日本人が新型コロナにあっても重症化しない理由について。記事を読むと、割と明快。日本人若しくは東アジアの人は、過去に似たようなウイルスに感染した経歴を持っている人が多いという説です。

 反論もあるみたいですが、結構説得力があるなと感じています。

第2006回 ベッド数に余裕がある限り再規制はなし?

  ヤフーで発表される厚労省からの累計感染者数は、現時点では19522名。これは昨日の午後の数値と同じ。発表された時間を見ると、10時となっているので、毎日11時頃に更新されるみたいです。

 というわけで今日もまもなく発表されるのではと思っていますが、200名以上増えるのは間違いなさそう。そういった状況を見ると、再規制もやむを得ないかという気もするのですが、どうやらベッド数にまだ余裕があるとのことで規制再開はしないみたい。

 まあ一度手綱を緩めてしまえば、それを再度引き締めるためには大きな努力が必要な気もします。まだすでに様々な給付を行っているのに、ここで再規制となると、また給付を行う必要が出てきそう。

 となるとさらに赤字国債を発行し続けなくてはいけないということで、それでなくても借金の多い国家財政が、さらに逼迫することは間違いない。

 そういった国や地方公共団体の視点で眺めると、もう再規制というのは、できればやりたくないというのが本音だと思われます。だとすれば、何か再規制を行わない理由を考えないといけない。

 その結果たどり着いたのが病床数に余裕があるという説明なのかも。確かに3月に感染が拡大した時期に比べれば、病院での隔離方法も改善され、病院でクラスターが発生という話も聞かなくなりました。

 また病気に対する症例も増え、軽い症状で回復する人も増えているのかもしれません。しかし問題は、この病気は2週間後にその影響が現れるというタイムラグがあること。

 つまり現状を放置すれば2週間後にもっと感染者が増えていることは間違いない。その時に病床が足りているのかという視点が必要だと思われます。

 つまり「現状は病床数が足りている」という説明では説得力不足のような気がするという事です。またこの説明では、以前も書きましたが、裏を返せば病床数が足りている限り、患者が増えても構わないという事になり、健康弱者の私はますます心配になります。

 しかし国家財政や地方財政の窮状も理解できますので、確かに悩ましい問題であることは間違いない。となると結論は一つ。個人的に、これまで同様の自粛生活を続けるしかないという事になります。

 とはいえ実際には規制があっても外出することは可能でしたから、今後も必要に応じて市民農園での作業やスーパーでの買い物は続けるつもり。

 また人がほとんどいない市民農園周辺の散策も運動不足解消のために続けるつもりです。早い話が自己責任で感染を避けながら、一定程度の外出や運動を行うしかない。

 旅行好きの私にとっては、ちょっとばかし息の詰まる毎日ですが、しょうがない。問題はこれがいつまで続くかですが、国や地方の規制が行われなければ、今後も拡大傾向は続くはず。

 すでに半年ぐらいこういった自粛生活が続いていますが、現状では少なくともさらに半年、若しくは冬場になってさらに感染が拡大すれば1年という期間も視野に入れないといけないなと考えるようになっています。

 と書いたところで累計感染者数を見たら、19775名となっていて、253名の増加。増加率、増加人数共にじわじわと増えています。


第2005回 マスコミは若者に警告を発すべきでは?

  九州では豪雨災害が発生、避難所での密集した状況もニュースとなっています。当然無症状者が一人でもいれば、周囲に感染が広がりクラスター発生ということにもなりそう。

 昨年は我が家の近くでも台風に伴う豪雨により河川が氾濫。営業停止に追い込まれた店もありました。増水が落ち着いて、水が引いた頃、私も気になっていつもの散歩コースの河川敷を見に行きましたが、土手の半分程度まで水が上っていた痕跡があり、あと数mで氾濫という状況でした。

 その後、市も土手がちょっと低くなっていた部分を補強したようですが、九州の状況を聞いていると、水かさが5m以上上昇したところもあるようで、そうなると我が家の近くの川も氾濫しそう。

 しかも市が指定している避難場所は、コンクリート製の建物だとは言え、我が家よりもさらに河川に近い部分に建てられていて、敷地の高さも我が家より低い感じ。

 そんなところへわざわざ危険を冒して避難してもしょうがないだろうと考えています。というわけで、この夏から秋にかけては新型コロナの感染と、台風等による豪雨災害の両方を心配しないいけないみたいです。
 
 そう考えると、今後自宅のリフォームの機会があったら、避難場所の一つとして、屋根の部分に新しくテラスのような場所を作ることも必要かもと、本気で考えるようになりました。  

 さて今日の日本の新型コロナ新規感染者数は、現時点では昨日の数値のままで19282名。この後11時ぐらいに新しい数値が報道されるのではと思っていますが、増加することは間違いなさそう。

 すでに各地のニュースで○○名増という事が伝えられていて、感染拡大は日本全国に広がりつつあります。内容を聞いていると、東京方面への移動時に会食をして感染というのが多い感じ。

 特に最近は20代、30代の若者が多いという報道が増えていて、逆に言えば60代以上のシニア層は、いまだに感染を恐れてあまり活発に動いていない感じです。

 ちなみに若者に感染が多いのは、感染初期に、大半の若者は症状が軽い。重症化するのは高齢者が多いというニュースが多かったのも一因かなと思っています。

 「感染しても重症化しないなら、まあ好きなことをやっている方がいいや」というような価値観を持っているのかも。ただ感染した若者が、帰宅して家族に感染を広げる例もあり、さらに最近は、軽い症状で陰性になってからも、体の不調が続く若者がいるということも報告されています。

 この辺り、マスコミももう少し詳細に調べて、無頓着に移動を続ける若者たちに、もう少し警告を発してもいいのではという気ももします。

第2004回 規制解除の影響は2週間後に現れる

 規制解除に伴って感染が拡大するだろうと予想していたこととはいえ、実際に毎日の感染数増加の数値を目にすると、やっぱり規制解除が早すぎたのではという気持ちが芽生えます。

 しかしそのことに憤慨していても現状は解決しません。昨日は関東各地の知事が東京への移動自粛要請のメッセージを出していたようですが、まあ当然のことかも。

 とはいえ、6/19に関東近県の県をまたぐ移動規制が解除されて2週間。この間各地でレジャー施設がオープンし、明らかに人の移動も多くなっているわけで、感染拡大は確実な状況。

 昨日あたりから都内への移動自粛要請が出されたとはいえ、それを守る人が増えたとしても、その効果が表れるのは2~3週間後の7月下旬以降。

 それまでは、感染拡大が継続しそう。 昨日の感染者増加人数が194名だったので、6/1からの日々の増加者の人数をグラフにすると以下のような感じ。
日本の感染者増加数

 6/25ぐらいから増加の兆候が表れています。その2週間前の6/11に東京アラートが解除されていますから、増加はこの解除がきっかけになったと言えなくもないです。

 さらに6/19に関東近隣の県をまたぐ移動も解除されていますから、2週間後の昨日7/3あたりから、その影響が表れ始めると考えると、まさに今がその時期。

 今後の見通しですが、これから2週間日々の感染者数の増加がさらに続くと考えると、10日後には感染者の増加が500名程度になっていそう。

 そんな悲観的な予想が当たらないことを願っていますが、昨日は東京周辺の県でも感染者数が増加している様子なので、現実はかなり厳しそうだなと思っています。

 従来は、規制解除があるとその影響は3週間後ぐらいに現れると私は思っていたのですが、検査数が拡大し、結果判定に要する期間も従来より短くなっているみたいなので、2週間後ぐらいから影響が現れると考えを改めた方が良さそうだなという印象です。

 てなわけで自身が感染しないために出来ることは、やはりマスクの装着。手洗いや消毒うがい。さらに必要に応じて洗顔。しかし何より重要なことは、ウイルスが多数存在しそうな場所には出来るだけ近づかないという事。

 その意味では、やはり不特定多数の人が集まる場所には行かないというのが一番の防御策。小池都知事は、ある意味執拗に感じられるほど夜の街を強調しているようにも感じられますが、アルコールが入るとどうしても人は気が大きくなってしまうので、これはやむを得ない警告かも。

 ただその意味では、昼間に人が集まり、ガヤガヤしている場所は危険ということにもなりそう。行動の自粛要請が出ない以上、個人が判断して危険を避ける以外にない。

 「このぐらいならいいだろう」と勝手に思ってしまうことが一番危険なのかもしれません。

第2003回 日本の感染者が急増中

 今日の埼玉は気温は低いものの、湿度が高いようで、マスクをしていると顔がかなり暑く感じられます。

 ヤフーに掲載されている日本の新型コロナ累計感染者数は、午前10時ぐらいの時点では18874名でしたが、今見たら19068名となっていて、単純に引き算すると194名の増加。

 リンク先ページのグラフを見てもすぐ分かりますが、徐々に増加の勢いが増している感じ。前日からの増加率も久々に1.01倍となりました。(6月中は1.002~1.005倍程度でした)

 国や都は、相変わらず検査数を増やしているからだというだけで、埼玉県知事が都会へは行かないようにという注意喚起をした以外、目立った動きはないように見えます。

 てなわけで、持病のある高齢者の一人としては、自身が感染しないことを切に願っていますが、こういった数字について、テレビのニュースでもインタビューが行われています。

 ただ答えている人の様子を伺っていると、「怖いけれど、きっと私は感染しないだろう」という妙な予想があるみたい。つまり感染拡大は他人ごと?

 自分が感染して初めて事の重要性に気が付くというのは、最近富に多くなっている地震や豪雨の災害でも同じ。「まさか自分が経験するとは思わなかった」「想定外だった」という感想が多い。

 まあ一人の人間として、こういったリスクを気にし始めると、それこそ交通事故もあり得ますから、基本的に家から一歩も出られないという事になりそう。

 しかし家にいても地震が起きて家が倒壊なんてことも確率的にはあり得ます。てなわけで、新型コロナだけを対象にして過度に心配してもしょうがないなとは思っています。

 それでも意識のどこかで「自分が感染する確率もある」または「すでに自分が感染していてウイルスをばらまいているかもしれない」と考えることは大事だろうなと思っています。

 世界の感染状況に目を向けると、昨日も書いたようにアメリカとブラジルが悲惨。共通しているのは大統領のウイルスに対する知識不足。両者ともに、こんなものはちょっとひどい風邪程度だと思っているように見えます。

 (トランプさんの意識は少し変わってきたみたいですが、もしかするとこのままでは選挙に勝てないと思うようになったのかも)

 以下は 3/10からのブラジルの新規感染者数の推移。(JohnsHopkins大学の数値を参考にしています)
ブラジルの新規感染者数の推移
 アメリカと同じく、日々の新規感染者数が5万名に近づいています。また世界で3番目に感染者が多いロシアは、このところ少し新規感染者数が減少傾向。

 3/13からの新規感染者数のグラフは以下の通り。
ロシアの新規感染者数の推移  
 しかし新規感染者数が100名程度にまで減るのはまだまだ先になりそう。てなことを考えると、ワクチンが出来ない限り、やっぱりオリンピックは無理だろうと思えてしょうがないです。
 

第2002回 アメリカの感染拡大が激増傾向

  今日の埼玉は朝から良い天気。気温もまだ低めで過ごしやすい。しかし明日からはまた雨模様。貴重な晴れ間の1日をどう過ごすか、ちょっと悩んでいます。

 今日の世界の新型コロナ新規感染者数は10653987名(JohnsHopkins大学の数値)となっていて、昨日からの増加人数は約22万名。いよいよ恒常的に毎日20万名増となる日が近づいた感じ。

 昨日掲載したグラフに、昨日の16万名増、今日の20万名越えの数値を書き加えると、増加が加速していることは間違いなさそう。ただこの20万名の中の5.3万名はアメリが占めています。

 今日のアメリカの増加人数は遂に5万名越えの52898名。たった1日で、日本の累計感染者数18723名の2.8倍の方が感染したという事になります。

 またブラジルも悲惨。今日の感染者数は1448753名で、新規感染者数は46712名。アメリカとブラジルだけで世界の新規感染者の半数近くを占めています。

 この状況に強気だったトランプ大統領も、さすがにマスクの必要性を感じたようで、マスク着用を呼びかけ始めたみたい。実際時折ニュースで流れるアメリカの現状を報道する番組の映像を見ても、マスク着用率はかなり低い感じ。

 マスクを着用すれば感染拡大が完全に防御できるとは思っていませんが、これまで調べた私の知識の範囲でも、唾液等による飛沫感染の防止効果は一定程度あると思っています。

 しかし面倒なのは、アメリカが今日からマスク着用率を100%にしたとしても、その効果は2~3週間後にならないと現れないという事です。

 その間の仮に20日間、今の勢いで増加が拡大すると、累積感染者数は500万人を越えているかも。とてもじゃないけど経済再開は無謀という気もします。

 一方今日の毎日新聞朝刊の経済観測というコラムでは、感染拡大が進んでいるフロリダで、感染可視化ツールを開発していた方が州から解雇されたという記事が出ています。

 どうやら経済再開に伴って、都合の悪いデータは公開しないようにという当局からの圧力があったみたいで、これが本当なら大問題になりそう。

 日本でも急に専門家会議の廃止が決まったり、東京都は規制再開のルールを変更したりしていますが、なんか現状の経済再開に向けてルールを変えているようにも感じられ、かなり心配です。

 なお今日の朝刊には「マスクと感染リスク」という記事もあって、これは結構分かりやすい説明だと感じました。猛暑の夏を乗り切るために、マスク着用はどこまで必要かというヒントになっている気がします。

第2001回 世界の新規感染者の増加数が上昇中

  WHOのテドロス事務局長が先日「世界的にパンデミックが加速している」と発言しましたが、なんか遅きに失した感じ。感染当初から、「人から人への感染はない」とか「パンデミックではない」と繰り返し発言していたのが嘘のよう。

 ただ実際問題世界の新規感染者数はここのところ明らかに増加気味。全世界の累計感染者数が7.5万人を超えた2/19以降の新規感染者数の推移は以下の通り。(数値はJohnsHopkins大学より)
世界の新規感染者数の推移
 横軸の100日目が5/28ですが、そのあたりを境に、明らかに新規感染者が増加傾向。しかも増加の勢いが増している感じ。あと10日ぐらいで、毎日20万人ぐらいぞうかするのが当たり前という日が来そうです。

 すでに全世界の感染者数は1000万人を越していますから、今後は5日で100万人ずつ増えることになりそう。それも増え方が一定ならばという条件付きで、増え方も増加すると考えると、2~3週間ぐらいで1500万人に達しそうです。

 そんな中、世界のあちこちで経済活動を再開する動きが活発になっています。まあ再開しないと国の経済が破綻するということも考えられ、やむを得ないとも言えそうですが、当然再開すれば感染も拡大することは明白。

 日本の感染者数は、今日の10時頃の段階では18593名でしたが、現時点で調べると18723名となっていて、その差は130名で明らかに増加傾向。

 振り返ってみると5/14に34県で規制を解除。さらに5/25に全国で規制を解除。その後東京や北九州で感染者が発生し、6/3に東京アラート。

 しかしアラートの意味はうやむやのまま6/11に解除。さらに6/19には、関東の近隣県への移動自粛要請も解除され、巷では一気に解放ムードが広がりました。

 今日のニュースではテーマパークの代表であるディズニーランドやディズニーシーも再開となりましたから、人の動きは今後ますます活発になりそう。

 一方で、私が住んでいる埼玉県では、東京がらみの感染者が増えているということで、知事は用もないのに東京へ行かないようにと言っています。

 しかし一旦解放に向かった流れは、これまで以上に強い規制をしないと容易に止められないとも考えられ、東京はその流れを止めないような方向で新たな数値無き規制基準を発表。

 さて今後どうなるかですが、私がいつも書いているのは、規制解除3週間後にその結果が現れるという傾向が強いという事。という事は、今日からの解放感の影響は、今月下旬の20日過ぎに表面化すると言えそうで、今はまだその兆しという段階。

 そう思うと前期高齢者の一員である私は、今後も自粛生活を続けざるを得ないなと感じます。
 
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
33位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。