FC2ブログ
HOME   »  骨折
Category | 骨折

第1802回 手首の骨折はほぼ完治、次は頸動脈狭窄への対策

 2/14に右手首のギブスを外して、はっと気が付いたらすでに半月以上が経過。ブログの更新もちょっと休憩気味になっていました。

 その後の経過ですが、ギブスを外すとそれまで感じていた手首の重量感がなくなり、右手が勝手に持ち上がるようなふわふわした印象が数日。

 その間手首あたりの違和感もあり、「もしかしたら、医師が言っていたようにちょっとギブスをはずのが早かったのか」という不安も感じました。

 しかし5日目ぐらいから、違和感は徐々に消失。要するにギブスをしていた間、手首周辺の腱や筋肉は使う必要がなかったわけで、骨折で入院するのと同様、その間にこれらの組織の機能が衰えたと言うことのようです。

 ただもともと特に問題なかった腱や筋肉ですから、日常生活で手首を曲げたり伸ばしたりする運動が増えるに連れ、自然にリハビリになって、元の状態に復帰していくのではないかと思われます。
 
 というわけで、ギブスを外した当初の印象がちょっと不安だったので、2年半前のクモ膜下出血以来行っていた朝30分のストレッチは、しばらく抑え気味にやっていました。
 
 しかし1週間蔵経過してからは、どうやら問題なさそうだと言うことが分かってきたので普通のストレッチに戻しています。まあ人間の回復力は素晴らしいなと感じますが、同時にどうやって組織は現状復帰になるような治癒の指令がなされるのかが不思議です。

 細胞内に含まれたDNAの情報によって、壊れた組織を元に戻すような指示がなされるのか、単なる有機化学的な生理反応でひびの入った部分が修復され、同時に一時期活動が停止していた筋肉等の組織が復活するのか。

 いったい誰がもしくはどういった機能がこういった作業を指示しているのか、実に不思議だなと感じます。またそういった指示を、ある程度人為的な精神集中で促せるなら、念ずれば通じるみたいな治癒反応もありそう。

 つまり、骨折した部分に関して、暇があったら常に頭の中で「治れ、治れ」と念じることによって治癒期間を短くできるのではという気もするということです。

 その意味では、瞑想によって体のコンディションを整えると言うことも現実味を帯びます。実際瞑想することによって体調が整うと感じている人は多いはずで、私もここのところ夜寝る直前に、本当に5分ぐらいですが、深呼吸を繰り返し瞑想の真似事をしています。

 その際念じていたのは、手首の骨折部分がくっつくイメージと、もう一つが先日行った脳のMRI検査で指摘された頸動脈の一部に出来た狭窄の解消。

 6月にこの部分の超音波による再検査を予定しているのですが、それまで瞑想を続けて、出来れば狭窄が減少しているといいなと思っています。ちなみに医師から勧められた血中コレステロールを減らす薬も服用するようになりました。

第1801回 手首骨折体験記が終了

 手首の骨折ですが、ケガをしたのは1/21。当日は捻挫だろうと思って受診しなかったのですが、夜になって痛みが増し、翌日は手首部分が赤く腫れてきました。

 というわけで、我が家のすぐ近くにある整形外科を受診。レントゲン撮影をしましたが、はっきりした骨折の影は無し。しかし手首が腫れている状況を見て、医師は「骨折して内出血しています」という判断。

 その場ですぐに、お湯に浸した包帯が巻かれましたが、これがしばらくするとギブスに早変わり。そこから手首の動きが固定され、動きが制限される不自由な生活が始まりました。

 しかしギブスで固定されたせいか、痛みは数日で感じなくなり、さらに1週間ぐらいでギブスから出ている指を自由に動かせるようになり2/6に再度受診。

 ギブスを外してくれるよう依頼しましたが、「まだ早すぎます」とのことで、この時は依頼を断念。この時の話では「外すなら2/18」と言われていたのですが、前回書いたように右手人差し指の関節部分がギブス内でギブス内側に接触し、かなり痛い思いをするようになり、思い切ってバレンタインデーの2/14に受診。

 すると医師側も私の要望を分かっていたのか、診察室に入ると、大きなごつい金属ばさみのようなものが用意されていて、これでギブスをジョキジョキ切って、遂に手首が解放。

 解放された瞬間は、看護師さんが右手を支えてくれていましたが、なんか変な感じ。右手がふわふわする印象で、手首を曲げるにも勇気がいりました。

 それでも痛みは全くなく、その後レントゲンを再度撮影して問題がないことを確認。さらに10分ほど低周波治療なるものを体験。良く分かりませんが、筋肉に低周波の電気刺激を与えて、こわばった部分をほぐす作用があるみたいです。

 最初「それでは電気を流します」と看護師さんに言われたときは、手をお湯の中に入れていて、もしかしたら感電するのではと一寸身構えましたが、スイッチが入るとなんかピリピリする感触でした。

 その治療を終えて医師が少し手首のマッサージをしてくれ治療が終了。結局1/22にギブスをつけて2/14にギブスから解放されたことになるので、およそ23日、3週間ちょっとのギブス生活でした。

 さらにギブスが外れて今日でちょうど1週間。基本的に痛みはほとんどありませんが、手首の角度によって、手をついたときに若干の痛みがあるので、これは骨折ではなく、手首内の軟骨等の損傷もあったのではと疑っています。

 というわけで、手首骨折に関する体験記は一段落です。


第1800回 ギブスを外すお願いをしましたが・・・

  さてそんなわけで右手が使えないと何をやるにも不便。それでもなんとか風呂に浸かって、あまり体を洗うこともできないままパジャマに着替え。

 2階の寝室に上がりベッドに横になって上掛けを書けようとしてまたしても四苦八苦。ちなみに私はここのところ睡眠前に20回だけ瞑想もどきの深呼吸をするようにしています。

 出来るだけゆっくりと息を吸って、出来るだけゆっくり息を吐く。その間全身の血流がスムースになるように念じたり、体の中の老廃物を呼気とともに吐き出すように意識したりしています。

 これをやるようになってから、通常よりも入眠までの時間が短くなったような気がします。深呼吸だけですが、一定の鎮静効果があるようです。

 というわけでこの日も深呼吸。その後は横向きになって寝るのが好きなので左向きになりますが、そうすると右手手首のギブスが体の右側に来てなんだか重たい。

 それを避けるために右向きになると、今度は右手のギブスの置き場所が決まらず、ともかくなんだか寝にくい。それでも何とか寝込んでいつものように起床。

 すると初日に比べると明らかに手首の痛みが軽減。これなら数日で痛みが消えそうだなと感じましたが、実際5日後ぐらいには殆んど痛みを感じなくなりました。

 ただ痛みを感じなくなったからと言って、ギブスの中で関節を動かそうとすると、それなりの痛みを感じます。しかしそういった痛みも1週間程度で感じなくなり、最初はほとんど動かなかった右手の指も、1週間後には自由に曲げられるようになり、そこに様々なものを引っかけることも出来るようになり、生活の質が大幅に改善。

 2週間ぐらい経ったら、曲げた指に引っかければかなり重いものを持ち上げることも出来るようになり、この頃ちょうどなくなった灯油をガソリンスタンドで補給してきました。

 というわけで、当初より骨折と言っても軽いもので、もしかしたら捻挫程度なのではと疑っていたのですが、これなら治りも早いぞと確信。

 そこで2月中旬、ギブスを巻いてくれた診療所に行き、「痛みが全くないのでギブスを外してください」と医師にお願い。しかし医師は患部を見て、「確かに腫れはひいたけど、今ギブスを外すと痛みがぶり返します」と言います。

 さらに「痛みがないのはギブスで固定しているからであって、決して治ったわけではありません」と言います。というわけで不承不承私もそれ以上のお願いを諦めました。

 ところがその数日後、状態がさらに良くなって右人差し指を曲げると、人差し指の関節ギブス内でギブスの内側にぶつかりやたら痛い思いをするようになりました。

 右人差し指を使わなければ問題ないのですが、ついうっかり使ってしまい、そのたびに骨折よりも痛い思いをするので、ギブスの間から中を確認すると、関節部分が赤くなっていてびっくり。

 こりゃ放置するとここが擦り剝けてしまいそうだと思ったので、約束の日よりも数日前ですが、再度ギブスを外すようにお願いすることにしました。


第1799回 右手首骨折で調理と飲食に四苦八苦

  ブログの更新を何とか終え、我が家は父子家庭生活なので私が調理を担当。息子が中学時代に母親を亡くしましたので、すでに10年ぐらいが経過。

 中学生だった息子も今は20代となり、昨年春に無事就職。幸いに自宅から近い職場を選んでくれたので、本人は自転車通勤。私は自宅で悠々自適な生活?を目指しています。

 そんな家庭状況なので、いわゆる家事は私が担当。というわけで、昼間に買い物に出かけ食材購入、夕方から調理開始という習慣が出来上がっています。

 いつものように、最初にご飯を炊いてと思いながら炊飯器のお釜を取り出そうとして四苦八苦。続いてこれを洗おうとして困惑。右手を使うと痛いし、さらにギブス内の綿が濡れてしまいます。

 しょうがないので右手でお釜の淵をソ~ッと持ってシンクの下に置き、左手でスポンジを持って、これまたシンクの中に一旦置いて、そこに食器用洗剤を左手でプッシュ。

 改めてスポンジを持ってお釜を洗うという作業をしましたが、ともかく時間はかかるし、手首を変な角度に曲げるとすぐに痛みを感じます。

 最後に水で洗剤を洗い流すのも大変。ようやく洗い終わって、そこにお米を入れようとしてまたしても困惑。計量カップに米を入れるのは、通常左手にカップを持って右手の米の容器から注いでいたのですが、これが出来ない。

 しょうがないので、カップを台所の台の上にのせ、左手で容器を持って慎重に入れていきますが、慣れていない動作なので米が一度にざらざらと出てきたりしてびっくり。

 ようやく適量の米をお釜にいれ、今度は洗米をしようとして呆然。まあやることなすこと普段は無意識に右手と左手の連係プレーで行っていたことですが、今はすべて不可能。

 そんなこんなで四苦八苦しながらなんとか炊飯器のスイッチをオン。しかしその後も包丁が持てない、皿が用意できない、炊きあがったご飯を混ぜることが出来ない、等の難関を何とかクリアして、遂に夕食完成。

 「やった~、出来た~」と思って、左手でテーブル上に食器を並べ、食べようとして愕然。当たり前ですが箸が持てません。左手に持ち替えてみましたが、当然全く使えません。

 というわけで、食事は左手にスプーンやフォークを持って摂ることになりました。こんな調子で食後の片付けも苦労しながら行い、疲れ切って入浴。

 当然ながら脱衣にも苦労し、ギブスは水に浸けることが出来ないので。右手は風呂のヘリにのせた状態で入浴。体も満足に洗えずストレスもたまります。

 

第1798回 ともかく不便な右手首骨折

  お茶を飲んで、ちょっと一息つきながら、「何かにつけて時間がかかるし、ともかく何をやるにも不便だな」と思いつつ、高齢になって体のあちこちの動きに支障が出てくると、必然的に動きが緩慢にならざるを得ないんだと改めて認識。

 元気な時にスーパーのレジで会計待ちをしていると、直前の高齢者がレジ係に「××円です」と言われてから、なんとか財布を取り出し、中をまさぐり、さらにレジの機械の金額を確かめ、お札を数えて会計のお皿にのせ、さらに今度は小銭を数え始めるという動作を見て、内心「早くしてくれよ」とつい感じてしまいますが、右手が使えなくなった自分も同様だなと思うと、感情的にいら立つのは良くないなと感じます。

 2年半前に、突如クモ膜下出血を発症し、救急車で大学病院に搬送され緊急手術を経験。と言っても手術中はおろか、大学病院に搬送されたこともほとんど覚えていません。

 術後数日たって目が覚めて家族に、「きれいなお花畑が見えた」と口走ったそうですが、今となってはそれも覚えていません。ただ様々な臨死体験の記述を読むと、死の直前にお花畑を見たという話をする人が多いと言うことらしいので、私もそういった体験をしたんだろうなと思っています。

 ちなみに、では発症直後はどうだったかというと、深夜に突然の尋常ではない頭痛を感じて飛び起きて、息子を起こして救急車を呼ぶように依頼。

 もし息子がいなかったらどうなっていたんだろうという気もするのですが、しばらくして救急車が到着。隊員たちに「症状は?」と聞かれて、「激しい頭痛」と答えて、自分で救急車に乗り込んだところで気絶。

 気を失う直前に、「あ~もしかしたらこれで終わりか。結構苦しまずにあっさり逝ける場合もあるんだな」と感じました。ということでそこからの記憶が途切れ、気が付いたらベッド上。

 そこからリハビリが始まり、数か月後に退院。しかしリハビリ中から今に至るまで、常に歩行時にふらつきを感じています。当然ながらそのふらつきの程度は月単位や年単位で改善されていて、外見上は今は健康な人の歩きとほとんど変わりません。

 その時も、なるほど、世の中には見かけは健康でも内部に問題を抱えながら生活している人も多いんだろうなと改めて感じました。

 その意味では、身の回りに自分が考えるよりのろのろした動作の人がいても、きっと何か理由があるんだろう、と想像できるようになりました。

 てなことを考えながらお茶を飲み干し、次がいつもの日課のこういったブログの更新作業。いつものパソコン前に座り、スイッチを入れようと手を伸ばしますが、軽い痛みを感じて、慌てて左手でスイッチオン。

 ところがパソコンが起動しても右手でマウスが持てないしクリックもできません。というわけで左手に持ち替えて、中指で左クリック、人差し指で右クリックと言い聞かせながら入力。

 続いて自分が運営しているいくつかのブログの更新作業ですが、いつもは両手打ちでほぼブラインドタッチで入力しているのに、右手が使えないので、実に煩わしい。

 結局、左手と右手の人差し指を使ってたどたどしく入力。かなりストレスがたまります。

第1797回 お茶を入れるだけなのに一苦労

 自宅に戻り、何とか左手で鍵を回し、さらにその鍵は左ポケットへ。左ポケットに入るものが多くなり、上着全体が左に傾いていきます。それでも何とか玄関に入り、左手でドアを閉めて左手で鍵を掛けます。

 「この調子で左手を使い続ければ、数か月後には左手の動きも器用になるだろうな」と思いましたが、同時に「こんなに右手と左手の器用さに差があったんだ」と認識。

 人間の左右の動作は、右手、左手のそれぞれの動作が一つの回路として脳内ネットワークに刻み込まれているんだなと思いつつ、何とか手を使わず靴を脱いで、慎重に廊下に上がりリビングへ。

 いつもの椅子に辿り着いて座り込み一段落ですが、「いやはやこりゃ大変だ」という気持ちばかりが先に立ち、若干ですが手首そのものから発する痛みを忘れていました。

 しかし着ていたブルゾンを脱いで、愛用の冬用半纏を着ようとすると、右腕の角度によって痛みが生じ、「あ~骨折したんだった」と言うことを思い出します。

 それでも自宅の椅子に落ち着いて、とりあえず休憩だと思い、お茶を飲むことに。お湯を沸かすために台所に行き、やかんを左手で持ち、我が家の水道はレバー式なので、右手のギブスでレバーを上から下にちょっと叩いて水を入れます。

 適当に水が入ったところで、今度はギブスの上側を使ってレバーを上に上げ水を止めます。いったんヤカンをコンロの上にのせると左手が空くので、やかんに蓋をのせます。

 続いて左手を使ってコンロに点火。我が家のコンロは点火のためにスイッチを数秒押し続けるタイプのもので、押すだけなら右手でもできますが、押し続けるのは痛みがあって無理。というわけでまたしても左手の出番。

 ようやく点火し、次がお茶の用意。戸棚からお茶ッパを取り出すのも左手。そのお茶ッパを私は面倒なので茶こしに入れて、その茶こしを愛用のマグカップにのせて上からお湯を注ぐというやり方でお茶を飲んでいるのですが、マグカップを用意し、そこに茶こしをのせ、さらにその中にお茶ッパを入れるという単純な作業をすべて左手だけで行う必要があります。

 必然的にすべての動作に時間がかかり、時にうっかり右手を使おうと動かしてしまい、そのたびに手首部分に痛みが生じ、「なんてことだ!」と思いつつ作業。

 その間にお湯も沸き、ガスを止めて、やかんを持って、お湯を茶こしの上から注ぎます。すべて普段は無意識の動作で完了できるはずですが、今はいちいち、次はこの動作を左手にやらせようと意識しないとできません。

 すべて何とかやり終え、出来上がったお茶をこぼさないように左手で持ってリビングの椅子に移動。「ふえ~、こりゃ疲れるな」と思いつつ、ようやくお茶にありつきます。

第1796回 右手首のギブスで生活動作が大幅に制限

  ギブスを巻いてもらい、心なしか痛みも少なくなりました。たぶん手首を曲げるような動きが出来なくなったからだろうと思っていました。

 というわけでギブス生活の開始ですが、何せ利き手の右手首の骨折ですから、様々な動作に支障が出ます。最初が着替え。医者の処置が終わり上着を着ようとして一苦労。

 右手を先に袖に通すわけですが、ギブスがあるためシャツの袖口のボタンがかけられず、右腕を袖に通すとそのままシャツの袖も肩の方にずり上がってしまいます。

 ちょっとだけ痛みを我慢して、袖口から出ている指にシャツの袖を引っかけどうにか腕を通します。左手で上着を肩までひっぱりあげて、次が左手。

 加齢にともなって体が硬くなっているため、左手がなかなか背中側に曲がらず、左の袖口が見つかりません。まあこの動作は、着替えの基本でその後何回もやりましたから、徐々に慣れていきました。

 ようやく上着を着て待合室に戻って会計を待ちます。名前を呼ばれて立ち上がるのは問題なしですが、支払いをしようと右の尻ポケットにある財布を出そうとして困惑。

 結局左手を回して財布を取り出し、次に紙幣や硬貨を取り出そうとしてまたしても困惑。結局ちょっと痛いのを我慢して、ギブスから出ている右手の指で財布を掴み、左手で取り出しましたが、動作の一つ一つが遅くなり、実に面倒。
 
 その間会計の係の女性は慣れているのか辛抱強く待ってくれましたが、不便さが身に沁みます。ようやく会計を終え、お釣りを何とか左手で財布に収納し、財布は尻ポケットではなく上着の左ポケットに入れることにしました。
 
 続いて帰宅するために待合室から外に出ようと靴の履き替えですが、これまた右手が使えず左手で自分の靴を棚から取り出し、脱いだスリッパを左手で棚に収納すると言うことになり、ともかくすべての動作が緩慢になります。

 ようやく靴を履き終え、外に出ようとすると病院のドアがちょっと調子悪いようで、自動ドアが手動になっていました。というわけでまたしても左手の出番。

 左手でドアを開け、外に出て左手で閉めるという、やり慣れない動作が続きます。幸いにこの診療所から自宅までは50mぐらいという近さなので、歩いて戻ることが出来ます。

 しかし玄関に辿り着いて鍵を取り出そうとしてまたしても困惑。鍵は上着の右ポケットに入っています。何とか右手の指先だけで取り出しましたが、今度はそれを鍵穴に入れることが出来ません。

 左手で鍵を開けなんとか家の中に入り、「ふ~、こりゃ大変だ」とため息ばかり出ましたが、苦難は続きます。

検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
33位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。