FC2ブログ
HOME   »  気管支、肺
Category | 気管支、肺

第1511回 気管支炎等で処方される抗生物質について

 気管支炎は気管支付近で起きる異物と免疫細胞の闘いによって生じるもので、その残骸が痰になることが分かりました。予後ですが、異物がすべて排出されるか、異物の増殖が免疫細胞に寄って抑制され、最後は消滅すれば病気が治ったという事になりそうです。

 というわけで、これらすべての過程を、自分が持っている免疫細胞の力によって行う事が出来れば別段薬はいらないわけですが、異物の量が多い、若しくは自分自身の免疫力が弱くなっている場合は薬に頼ることになります。

 ではどんな薬が考えられるか。先ずは異物の増殖を抑える薬が考えられますが、これが抗生剤になります。しかし近年あまりに抗生剤を安易に利用したツケで、抗生剤が効かない、いわゆる耐性菌の存在が問題になっています。

 ということは逆に言えば、普段の風邪、インフルエンザ、咽頭炎、気管支炎と言った症状で、安易に抗生剤を使っていると、自分の体の中に耐性菌が生まれてしまい、症状が重くなっても抗生剤が効かないという場合がありそうです。

 その意味では、気軽に抗生剤を処方する医師がいたら、ちょっと気にしても良いのかもしれません。しかし今回の私の気管支炎では、明らかに日に日に少しずつ症状が重くなっていくように感じましたから、これは免疫系が負けている証拠です。

 そのままにしておけば肺炎に発展する可能性もあり、多くの高齢者が最後は肺炎で亡くなっていることを知っているので、軽いうちにきちっと治したいという気持ちがありました。

 ところで抗生剤ですが、これは細菌類の増殖を抑える薬であって、ウイルスやか化学的有機物質には効果がないと思われます。つまり自分の気管支炎の症状が何に由来するものかという事を把握しないといけないことです。

 その目安になるのがどうやら痰の色のようで、黄色や緑っぽい色のものは細菌性のものであると判断して良さそうで、その場合は抗生物質で効果が出るという事です。

 ただし耐性菌の問題がありますから、安易に長期間服用するのも問題です。かといって多少症状が改善したからと、医師に言われた服用期間を勝手に短縮して途中でやめてしまうと、再び細菌の増殖が活発になり、慢性的な気管支炎になることもあるみたいです。

 というわけで、抗生剤はどうやら5日間程度処方されるようなので、この間はきちんと服用し、後は自分の体力(免疫力)でカバーというのが基本になりそうです。

 次に抗生剤ですが、要は細菌の増殖を抑制する薬です。抑制するにはどうしたらよいかという事ですが、これは二つの方法があるような気がします。

 一つは細菌そのものを破壊・駆逐する方法。もう一つが、細胞分裂の過程を邪魔することで、増殖を抑制するという方法です。

 ネットで調べてみると、抗生剤は大きく以下の5種類ぐらいに分かれているようです。

・ ペニシリン系

・ セフェム系

・ マクロライド系

・ テトラサイクリン系

・ ニューキノロン系

 次回はこれらの作用について、個々に調べてみようと思います。


第1510回 気管支炎が発症するメカニズムとその対策

 気管支炎が起きる場所が分かりました。さらに気管支炎が起きる原因も分かりました。結局気管支炎はみぞおちのちょっと上の方にある気管が枝分かれする気管支の周辺に、外部からウイルスや細菌、その他の異物が付着することが原因です。

 いったん付着すると、生体はそれを敵とみなし、免疫反応が活発になり、その部分に免疫細胞が集まり、異物と闘うことになります。

 その時体力というか免疫力が勝っていれば、闘いはやがて終息し、あとには免疫細胞と異物が闘った後の残骸が残ることになります。

 この残骸がたまりすぎると気道が狭くなり、息苦しくなったりします。そういうことにならないようにするため、気道内の内側の繊毛がこれらの異物を気道内の分泌物と一緒に丸め込みます。

 これがになるわけですが、症状が軽ければ、これらの濃度は薄くなり、重ければ濃度の濃い痰が生成され、繊毛で運ぼうにも運びきれない、という状態が生まれるはずです。

 繊毛が運びきれない場合は、そのままだと呼吸困難に陥りますから、生体はそれらの塊を咳によって排出しようとします。当然ながら、この時痰が気道の奥の方にあったり、濃度が大きかったり、塊が大きかったりすると排出されにくいので、激しい咳になるのかなと思います。

 もし症状が軽ければ、薄い痰になるはずで、これらは繊毛によって食道付近まで運ばれ、そのまま胃に落ちていくことになります。

 もしかすると寝ているときに咳があまり出ないのは、繊毛が重力に逆らって痰を上に押し上げる必要がなく、単に水平に移動させるだけだからかもしれません。(神経系の作用によるものかもしれません)

 だとすると、寝ていても咳が出てしまうというのは、症状としては少し重いということになりそうです。私のかかりつけの医師は、「寝ているときにも咳が出ますか」と聞いてから、「出ます」と答えた後に、では抗生剤をという言い方をしました。

 また咳を続けていると、気道の内側がしょっちゅう激しい空気の流れにさらされるので、気道内が荒れ、さらに咳が出やすくなるという悪循環に陥る可能性もありそうです。

 以上の私なりの分析から、気管支炎の対処方法として薬を服用するときの目安と言うか指針が作れそうです。

 ただそこまで行く前の段階で、先ず異物を取り込まない努力をしないといけないなと思います。具体的に一番わかりやすいのはマスクです。

 片方で治しながら、片方で新たに異物を取り込んでいたのでは、いつまでたっても気管支炎は軽快せず、慢性に移行する可能性もありそうです。

 他にもすでに書きましたが手洗いとうがいが大事ですね。もちろん空気の悪いと思えるようなところは、たばこも含めて近づかないのが第一条件です。

 次にそれらの防止処置を施したうえで、自身の免疫力を上げる必要がありそうです。これはいうのは簡単です。バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠、そしてストレスをためないという四つが最大の条件です。

 それらの対策をしても、何らかの原因で気管支炎になることはあるはずで、その場合症状が重くなって来たら薬の世話になります。というわけで、次回は気管支炎の薬についてまとめようと思います。
 

第1509回 気管支炎で生じる痰について

  気管支炎についていろいろ調べたり考えたりしているうちに、のことが気になってきました。ウイルスや細菌類、その他の異物が口からの呼吸で気管に入り、気管支周辺の粘膜(だと思うのですが)にくっつき増殖を始めようとします。

 増殖の勢いが強い場合は、血流やリンパの流れの中にも滲み出して、それが全身に運ばれ、頭痛や肩こり、喉の痛み、関節痛といった症状が起きることもあるのだと思います。

 そこで気管支にそういった異物が付着した時、それを察知した偵察の役目を持つ免疫細胞があり、この免疫細胞の指令により、白血球が殺到して異物を溶かしたり、免疫細胞が作られ、それらが効率的に異物を破壊したりするのだと思います。

 そうすると、そう言った戦闘が行われた部分には、異物や白血球、免疫細胞の残骸が残ることになります。これを気管支から排除しないといけないわけで、それが痰であると言えそうです。

 調べてみると、もともと気管支内部には、気道を潤す粘液のようなものがにじみ出ているようです。この粘液は、病気等でなく正常な健康状態を維持していると、気管内の繊毛によって、喉の方に押し上げられ、そのまま胃の中に流れこんでいるではと思われます。
 
 この時細菌やウイルス、免疫細胞の残骸がこの粘液に含まれると、痰の濃度が濃くなります。これらがある程度集まったものが、繊毛の力だけでは上昇しにくい時、人は気道に不愉快な感触を感じ、咳き込むという事になりそうです。

 咳き込んだときに吐き出せる場合は痰となり、当然ながら吐き出せない場合もあるわけで、その場合違和感が消えれば、その粘度を増した気道内の分泌液は、胃の方に落ちていくのかなと思われます。

 ということは、これらの物質は胃の中で場合によってはさらに分解されるという事で、この量が多いと胃を荒らしそうです。つまり風邪やインフルエンザ、気管支炎等で大量の痰が胃の中に流れ込んだりすると、胃を荒らしてお腹をこわすという事になります。

 風邪が胃に来た、なんてことをよく言いますが、こういったことも絡んでいるのかなと思えます。

 というわけで、本来なら異物の残骸が含まれている痰ですから、出来れば排出したほうが望ましいという事になりそうです。だとすると、時折医師が処方してくれる咳を静める薬や痰を溶かす薬というものは、咳で夜眠れないとか、痰が絡んで息苦しいといった症状以外ではあまり利用しない方が良いのかもしれません。

 なお痰が異物と免疫系の反応でできた残骸であるというい認識に立てば、痰の色でどんな異物が体内に入ったかということが分かりそうで、そのために医師は痰の色を気にするのだと思います。
 

第1508回 気管支炎の予防は風邪やインフルエンザと同じです

  気管支炎が起きる原因について調べています。外部のほこりや細菌類なのかなと思っていますが、今後の予防のためにきちんと調べておいた方が良いだろうと思っています。

 ネットで調べた原因物質ですが、基本的にはウイルス、細菌が多いようで、ウイルスについてはインフルエンザウイルスやアデノウイルスが有名です。

 細菌の場合は、肺炎球菌、マイコプラズマ、結核菌、緑膿菌、黄色ブドウ球菌等の名前が出ていました。その他の原因として喫煙、受動喫煙、大気汚染、何らかの刺激物質があげられていて、まあ原因物質を特定するのはかなり難しそうです。

 ただ痰に色がついている場合等は細菌感染の疑いが濃厚ですね。私の場合が該当しますが、その場合は原因物質が細菌類となるわけですから抗生剤が有効になると思われます。

 しかし軽い咳であっても長期間継続したりする場合は慢性への移行とか、全く別の肺炎や肺がん、喘息といった病名になることもあるみたいですから、やはり長引く咳は症状が軽い場合でも一度は病院に行った方が良さそうです。

 では原因物質の見当がついたところで予防はどうするか?人間は呼吸をしないと生きていけないので、これらのウイルスや細菌類を日常的に吸い込まざるを得ません。

 ところが生体には免疫作用がありますから、本人の免疫力が高ければ、少量の異物を吸い込んだとしてもこれらの免疫系が活躍し、異物を排除していると思われます。

 つまり少量の異物なら、日常生活の中で自然に体が処理しているので、表立った症状として表れないという事です。であるなら、気管支炎になる原因は、この免疫系tの自浄作用力と、ウイルスや細菌の繁殖力が逆転して、繁殖力が強くなった場合と考えることができます。

 という事は免疫系と増殖力の力関係ですから、気管支炎を発症する場合の条件は、自身の免疫力が弱くなった場合と周辺の異物の量が処理しきれないほど多くなった場合という二つに分けて考えることができます。

 そう考えると、これは風邪やインフルエンザ対策と全く同じですね。免疫力をつけるために、規則正しい生活、十分な睡眠、バランスの良い食事、適度な運動、ストレスの軽減がまず大事。今回の私の症状は旅行中のものですから、やはり基本的に疲れで体力が落ちていたという事になりそうです。

 一方原因物質を少しでも避けるという意味では、これまたインフルエンザ対策と同じで、人込みを避ける、マスクの着用、手洗いやうがいの励行が良さそうです。さらに言うとたばこは喉に良くないので、副流煙等は避けたほうが良さそうです。

 今回の旅行で私は夜は飲み歩いていましたが、その場所は日本と違って人が多く、さらに喫煙可の場所が多く、「嫌だなあ」と思ってはいましたが、マスク等はしなかったので、それも原因の一部だと思われます。またもしかしたら以前の気管支炎が完璧に治りきっていなかったという事も考えられます。

 ちなみに私は寝るときエアコンの風が顔に当たるような部屋では必ずマスクをつけて寝ます。乾燥防止とエアコンのフィルターについた雑菌を吸い込まないようにするためです。

 今回の旅行でもそれを意識していましたが、やはり旅行は体力を使うのと、空気が悪い場所を連日飲み歩いたことが最大の原因かなと思っています。ちなみにうがいと手洗いは励行していました。

 

第1507回 気管支炎が起きている場所

 海外の病院の診療について書こうと思っていましたが、バンコク旅行のページで詳しくまとめることにしたので、ここには書きません。参考ページは「バンコクぶらり一人旅」というページです。海外診療について興味のある方はこちらへどうぞ。

 というわけで今日は今回ちょっと不安な目にあった気管支炎が起きた場所について。これについてネットで検索すると、まあとにかくものすごいページ数がヒットします。それだけ気にしている人が多いのだと思います。

 特に長期に渡って咳が続くとき、「これはいったい何の病気なんだろう?」と不安になると思います。「気管支炎」と診断されると逆にほっとしたりしますから不思議です。

 では気管支炎とはいったいどこで生じている病気なのか?まず気管支ですが、口や鼻から入った空気は喉を通り、その下で胃に向かう食道と肺に向かう気管に分かれます。

 この枝分かれ部分手前には食物が器官に入り込まないように、物を飲み込んだときに閉じる弁のようなものがついています。これを喉頭蓋と呼び、この喉頭蓋の下に声を出す声帯があります。いわゆる喉ぼとけの部分です。

 声帯の下部からが気管と呼ばれている肺に向かう垂直な管になり、食道は、この器官と首の背中側にある骨との間に挟まれた格好です。

 というわけで首の中を通った気管はさらに胸の中央を下降するわけですが、そのままだと左右に分かれている肺に到達しませんので、途中で左右に分かれることになります。

 この分かれる分岐点が、4~6番目の胸椎の高さとなっています。だいたい首の付け根の鎖骨中央部分とみぞおちの中間あたりでしょうか。ここで大きく左右に分かれるので気管支と呼ばれているようです。

 さらにこの気管支は細かく枝分かれしていき肺全体に広がり、最終的に肺胞と呼ばれるブドウの房のような形をした器官になり、ここで酸素と二酸化炭素の交換が行われています。

 というわけで、この器官が枝分かれする気管支周辺に起きる炎症のことを気管支炎と呼んでいるわけです。ちょっと気になって調べてみたのですが、気管支炎という語句はよく聞きますが、気管炎という語句はほとんど使われていないようです。

 理由ですが、要するに気管支周辺の炎症はすべて気管支炎だという事のようです。というわけで医師から「あなたは気管支炎の可能性がある」と言われた場合、その炎症はみぞおちと首の付け根の中間部あたりの気管に炎症が生じているという理解で良さそうです。

 この部分を体の表面から手で触ると中央部分にネクタイのような形をした骨(胸骨)があり、この裏側になります。改めてこのあたりで炎症が起きていたのかと胸を触りながら確認すると、「結構体の奥だな」と不安になります。

 咽頭炎や扁桃腺の脹れだと、いわゆる喉が痛いということで、体の外と中の中間部分というイメージがありますが、気管支になると体の中というイメージが強くなります。
 
 さらに言えば、私は3歳ぐらいからいわゆる小児気管支喘息という病気となり、しょっちゅう呼吸困難の症状で喉をゼイゼイ言わせていました。あの喘息が起きていた場所もこのあたりだったんだろうなという気がします。
 
 幸いなことに、15歳ぐらいから喘息症状は軽快し、季節的な喘息が40代ぐらいまではありましたが、今は気管支炎になっても喘息にはならないようです。これまた不思議ですが、喘息と気管支炎では反応する物質が違うのかなという気がします。

 つまり前者はほこりやダニと言った異物へのアレルギー反応であり、後者は細菌等による炎症反応だという事ですが、原因については次回もう少し調べてみようと思います。

第642回 運動と食事で息切れを改善

 呼吸筋を鍛える方法は、「呼吸筋を鍛える」という用語で検索すると多数のページが出てきますね。いくつか読んでみましたが、基本的には意識して腹式呼吸をすることが良さそうです。

 そう思って自分の何気ない呼吸を意識してみると、肺の上の方しか使っていないような気もします。意識して肺の奧まで息を吸うまたは肺の奧から息を吐き出す、というイメージが必要なのかもしれません。

 当然ながら筋肉が硬くなっていれば呼吸も厳しいわけですから、上半身のストレッチが良さそうです。ただこうゆうストレッチは、思いついたときは出来ますが、日常的になかなか長続きしないです。

 その意味では私がいつもやっているウォーキングはどうなんだろう?と思って調べてみると、やはりウォーキングは呼吸筋にも良い影響を与えるようです。

 ということは、散歩のつもりでだらだら歩くのもいいのですが、それより早足で呼吸を意識しながら、姿勢にも気を使って歩いた方が良さそうです。

 さらに日常生活の中では自転車はどうだろうか?と調べてみると、これまた有酸素運動ですから良いみたいです。結局ストレッチ云々もいいのですが、基本的に動き回ると言うのが一番ですね。

 次に年齢と共に硬化しつつある筋肉をどうすればよいのか?ということを考えてみると、これは血の流れが悪いために、筋肉の細胞への栄養素の運搬と老廃物の排出がうまくいっていないからだと思えます。

 その意味では、私自身自覚のあるドロドロ血液による高血圧症状は改善しないといけないと言うことになります。基本的には脂肪等をとりすぎないことに尽きると思われますので、食べ過ぎに注意しながら、これまた運動をすると言うことになります。

 最後に赤血球そのものの働きですが、貧血症状があると、当然酸素の運搬量も減りますから息苦しくなるはずです。ではどうすれば良いか。

 体に赤血球が足りないよと教えてあげればいいわけで、そのためにはやはり運動をするのが一番よいと言うことになります。

 もちろん食事でも鉄分やビタミンCの補給により貧血症状の改善が期待できます。しかしだからといって鉄剤をサプリで摂ると言うのもどうかなと思えます。

 農家の方が80歳になってもクワを使って畑を耕すことが出来るのは、もちろん慣れもあるでしょうが、やはり普段から畑仕事を行っているため、それが自然な運動となっていると思えます。

 また新鮮でおいしい野菜を食べていれば、自然に貧血症状も改善し、息切れ等も起こりにくくなるのかなと思えます。

 と言うわけで、以前にも健康維持を追究すると同じ結論になった気がしますが、運動と食事に気をつけるというごく当たり前のことによって、息切れ等も改善できるという結論になりました。

第641回 運動以外で呼吸筋を鍛える方法

 一昨日書いたCOPDに関する記事で、呼吸筋が衰えていると息苦しさを感じる事が分かりましたので、そもそもなんで呼吸筋が弱いのかを考えてみました。

 そこですぐに気がついたのが姿勢です。私は3歳ぐらいから中学生ぐらいまで激しい喘息症状に悩まされ、発作が出ると寝ていることは出来ず、起きあがって背中を丸めてひたすら息苦しさに耐えるという姿勢を強いられました。

 当時は今のように一瞬で気管支が拡張するような吸入剤はなかったので、薬が効いてくるまではじっと耐えるしかありませんでした。そのため日頃からそういった姿勢が当たり前のようになり、いわゆる前屈みの猫背の状態になってしまったものと思われます。

 若いときに一度そのような形で背骨が曲がってしまうと、思春期以降いくら胸を張れと言われても出来るものではありません。その結果常に胸を圧迫するような姿勢が定着し、呼吸筋も人より衰えているのかなと推測しています。

 そこで背骨はしょうがないとしても、先々で息苦しさを覚えながら生活するのは嫌なので、今から少しでも運動以外で出来ることはないのかと調べてみることにしました。

 まず最初に呼吸とはどのような運動なのかから調べることにしました。基本的には呼吸とは口や鼻から空気を大量に吸い込み、それを気管支から肺胞の隅々まで行き渡らせることによって行われます。誰でも知っていることです。

 つぎに、肺胞の表面にある無数の毛細血管に含まれている赤血球が、組織から運んできた二酸化端を肺胞内に排出し、代わりに肺胞内の空気中の酸素を取りこむという離れ業をやっているわけです。

 従って呼吸を楽にするためには、
① 口や鼻からの呼吸量を増やす
② 肺胞内にたっぷり空気を入れる
③ 血液(赤血球)の流れをよくする
④ 赤血球の働きを強める、または増やす?
⑤ 毛細血管の働きを強める

 と言うようなことが考えられますが、やはり何と言ってもそもそもの空気の流入量が大きいほど、その中に含まれる酸素の量も大きいわけですから、呼吸筋を鍛えると良いという結論になります。

 では呼吸とはどのような運動かというと、これは延髄あたりが知らず知らずのうちにコントロールしているのだと思いますが、人間の場合息を吸った瞬間に胸が反った状態になり肋骨が少し上方に移動します。

 それと共に肋骨の下方、肺の下部にある横隔膜が下がります。この横隔膜を調べてみると、膜と書いてあるし、しゃっくりで振動するとも書いてあるので、なんだか弱々しい薄膜のようなイメージですが、実は板状の筋肉です。(牛等の焼肉では「ハラミ」と呼ばれているそうですから、食べたことがある人もいると思います)

 まとめると、肋骨が上に上がり、横隔膜が下がることによって胸の容積が大きくなり、それによって肺の中の気圧が減るので、外部との気圧差によって空気が入ってくると言うことになります。(続きます) 
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
33位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。