FC2ブログ
HOME   »  鼠蹊部ヘルニア
Category | 鼠蹊部ヘルニア

第1824回 鼠径部ヘルニア手術後一か月が経過

  6/21に受けた右鼠径部ヘルニア手術からほぼ一か月が経過。7/22に手術を受けた大学病院に行ってきました。予約時間に行ったにもかかわらず、1時間近く待たされましたが、ともかく患者さんが多い。

 久しぶりに主治医と面会。相変わらず明るく元気な主治医です。「患部を見せてください」と言われ、ズボンとパンツをずり下げると、ちょっと状態を見てから軽く触診。

 手術患部は、手術後1週間程度で痛みはほとんどなくなり2週間後ぐらいからは8割がた日常生活に復帰。しかし患部には若干腫れが見られ、その腫れの内部がちょっと固くなっている感じ。

 当初はその部分を押すとちょっと痛かったのですが、その痛みも徐々に軽減。ただし触診等でちょっと深く押されると痛みを感じます。

 とはいうものの主治医は患部を見て、さらに押してみて、改めて教えてくれたのが、「手術患部が多少腫れるのはしょうがないのですが、問題はその患部のちょっと下、鼠径部に至る部分が腫れてくると手術がうまくいかなかったことになる」というようなことを言っていました。

 なるほど確かに、手術前にヘルニアによってちょっと飛び出た部分は、手術痕のちょっと下の部分でした。というわけで、その部分が今はまったく腫れていないことを確認して、「大丈夫ですね。これで手術に関する一連の診察が終了です」と終了宣言。

 ついでだったので、「手術後に自転車等の利用は可能ですか?」と聞いてみると、「手術前ならともかく、手術後は全く問題ないです」という返事でした。

 ありがたくそういった話を聞いて会計書類をもらって会計へ。診察代は220円でした。薬もないので、そのまま車に乗って帰ってきましたが、内心「これでまた安心して海外旅行に行けるぞ」と考えていました。

 というわけで、24日あたりからは、手術前に行っていた起床時の軽いストレッチを再開。当初恐る恐る上体を起こす腹筋運動をやってみたのですが、どうやら痛みはほとんどなし。

 また市民農園ではしゃがみ込んで除草作業をすることもできるようになり、ほぼ完全復帰です。残っているのは手術痕の僅かなふくらみのみですが、これも日々少しずつ小さくなっている感じです。

 

第1823回 鼠径部ヘルニア手術体験記を終了

  手術後三日目の朝はいつも通りに起きて、痛みを感じながらも通常の生活に復帰。あとはさして書くこともないのですが、以後気が付いたことをいくつか。

・ 三日目からは車も運転しスーパーへ

・ スーパー内ではカートを押しながら移動。早く歩くと痛みを感じるので、ゆっくり移動

・ このころタイミング悪く、コメがなくなったので購入。しかし10kgの袋を持ち上げて運ぶのは厳しいと思ったので、割高ですが5kgを購入

・ さらに多少歩けるなと思ったので、昨年から始めた市民農園まで行き、作物の収穫

・ 5日目になると、うずくような痛みはあるものの、歩くこと自体にそれほど支障はなし

・ ただ咳、くしゃみ、鼻をかむという動作が厳しい。ちょっと腹筋に力を入れると痛みが増します

・ 一方この頃から患部が少し膨らんできます

・ 傷ついた組織を修復しようとして、組織液が溜まっているのではないかと思っていますが、これはほぼ2週間たった今も継続

・ 10日後ぐらいには、日常生活にほぼ復帰

・ 多少力を入れても問題ないし、寝返りもそれほど意識せずに行うことができるようになりました

・ というわけで市民農園で除草作業や、これまでズ~っと朝行っていた30分ほどのストレッチを少しずつ再開

 てなわけで、今日でほぼ2週間。患部の腫れがまだひかず、ちょっと不快感がありますが、手術したことを忘れている時間も増えてきました。

 歩き回る距離も増え、あと少しで完全復帰?今のところ手術前の8~9割まで回復したなと思っています。また退院後に椅子に座って感じた尻の肉の筋肉も少し復活した感じです。 

 今月20日過ぎに、術後一か月の診察があるので、その頃には腫れも少しひいているのではと予想しています。

 しかしまあ誰もが経験するわけではない鼠径部ヘルニアですが、加齢に伴って高齢者が経験することが多いと言われています。

 私の場合はたまたまですが、左右両方の手術を経験したわけですが、世の中にはそんな手術を経験しない人も多いはず。その違いは何だろうと考えるのですが、やはり年齢による筋肉の萎縮みたいなものがあるのかなと考えています。

 筋肉そのものが委縮して小さくなれば、重なり合っている部分の隙間も大きくなるわけで、その意味では健康を意識するあまり、肉等の摂取量を極端に減らすのもどうかと思うようになりました。

 この辺りは私の推測なので、医学的な根拠はありません。というわけで、鼠径部ヘルニア手術の体験記はひとまず終了です。

第1822回 手術後二日目に無事退院

  自宅に落ち着くと、なんだかんだとやることが見つかります。「ちょっと痛いな」と思いながら食器を洗ったり洗濯物を洗濯機に入れたり。

 そのたびに痛実を感じますが、まあゆっくり移動すれば我慢できる範囲。昼食は面倒だったので久しぶりにインスタントラーメン。

 軽く食べて、落ち着いたら眠気が出てきたので、寝室がある2階へ。当然階段を上がるわけですが、以前作った手すりにつかまりながらゆっくり上がります。

 ベッドにたどり着いて、のろのろと着替えてベッドに横になろうとしますが、電動ベッドではないので上半身を倒すときに腹筋に力が入ります。

 「いててて」とか思いながら、ゆっくり腕で上半身を支えて少しずつ倒して何とか寝ころび、そこから痛みをあまり感じな体勢にゆっくり横向きに。
 
 「ふ~、落ち着いた~」と思ったら、気が抜けたのか、やはり病院では眠りが浅いのかすぐに寝付いていて、気がついたら3時過ぎ。

 起きたときは一瞬「病室か」と思いましたが、見慣れた部屋の景色を見て「退院したんだ」と安堵。ゆっくりと腕を使って上半身を起こし、何とか立ち上がり、再び階段を使って階下のリビングへ。
 
 ちなみに鼠径部ヘルニア手術の場合、手術後5日間ぐらいの間に痛みはどんどん急減するのが良く分かります。この日も、朝病院を出る時よりも、昼寝後のほうが痛みが少ない感じ。
 
 リビングにある食事用の椅子に座りますが、いつもより尻が痛い。これは以前の手術の退院後も感じたことですが、数泊の入院でもベッド上で寝起きをしていると尻の肉が薄くなる感じです。

 つまり使わなくなった筋肉は数日で衰退していくということで、そう考えると長期入院の怖さを感じます。

 ちょっと落ち着いたところで、いつものようにコンピューターのある部屋に移動して、書けなかったブログの記事を更新したりしていましたが、同じ姿勢でいると、やはり徐々に痛みが増す感じ。

 というわけで、適当なところでリハビリを兼ねて椅子から立ち上がったりトイレに行ったりを繰り返していると、いつの間にか夕方。

 夕食を食べて、「ようやく退院だ。これで痛みが治まったらまた海外旅行に行くぞ」と思っていたら、またしても眠気が。体が回復に向かって睡眠を欲しているんだなと思ったので素直にベッドへ。

 寝たのはたぶん9時ごろ。夜半に1回小用で起きましたが、それ以外は熟睡して6時ごろ目が覚めました。手術後3日目の朝です。

第1821回 午前中に退院し帰宅

  手術(金曜)後の二日目の朝(日曜)は、昨日より体調もかなり良い感じ。朝食を食べ、テレビのニュースを見て、ユーチューブで動画を見ていたらお決まりの回診。

 7~8人の医師や看護師さんが病室に現れ、患部をチェック。特に問題なさそうで安心。この頃には痛みを我慢すれば、病室内を自由に歩き回れる程度に回復。

 というかその程度歩きまわれないと退院手続きも出来ません。回診を終えて、服装を病院着から普段の服装にチェンジ。「病人から健康人へのチェンジだな」と思いながら着替え。

 服装が元に戻ると気分的に軽くなるような気がします。続いて身の回りの整理。着替えや洗面用具を持参した旅行用のバッグに詰めて、出発準備完了。

 30mぐらい離れたナースステーション前までゆっくり歩いて、「この後息子が来たら退院します」と連絡。すると何やら退院関係の書類もあるようで、「退室時にもう一度来てください。それまでに書類を用意します」と言われました。

 再び病室に戻って待っていると、息子から「もうすぐ到着」とLINEを使って連絡があり「やれやれようやく退院か」と安堵。とはいえ無理は出来ません。

 歩いていると、右下腹部に常に痛みを感じます。看護師さんからも、「痛むようなら痛み止めを出しますよ」と再三言われましたが、「我慢できる痛みなら我慢しよう」と思っていたので丁寧に断って、代わりに便秘薬のマグネシウム剤「マグミット」を処方してもらうことに。

 朝食後もトイレに行っていますが、便意はあるもののそれを気持ちよく押し出すことができないので、なんとなく鬱陶しさを感じています。

 10時半に息子が病室に到着し、カバンを持ってもらって再びナースステーションへ。ここで退院後の療養計画書や退院証明書、マグミット錠なんかを受け取り、看護師さんに見送られてエレベーターへ。

 退院手続きを行い会計。あらかじめかなり多額な金額を前納していましたので、おつりを受け取って無事出口へ。「外の空気はやっぱり病室とは違うな」と思いながら、息子が車を取ってくるのを待ちます。

 5分ほどして車が到着。乗り込むときには腹筋を使うので、「慌てずに」と自分に言い聞かせながらゆっくり助手席に乗車。乗り込んでシートベルトを締めると、ベルトが患部のちょっと上に当たるので、少しだけ位置をずらして装着。

 「車が揺れたら痛い思いをするぞ」と思ったので、窓上部にある取っ手につかまって発進。動き出してみると、思ったより痛みも感じず、「これなら問題なさそうだ」と思いながら、30分ほどドライブをして無事帰宅。

 しかし駐車場で車を降りるとき、玄関の三和土に上がるとき、玄関から廊下に体を持ち上げるとき等、ともかく腹筋を使うので、そのたびに痛みが発生。

 「イタタ!」とか言いながら何とかリビングに到着し椅子に着席しほっと一息。それにしても前回の左鼠径部の手術後も同様でしたが、日常生活で動き回るというのは、常に腹筋を使っていることが良く分かります。

 逆に言えば、入院中はこれらの筋肉がほとんど使われないためどんどん衰えるということです。

 

第1820回 鼠径部ヘルニア手術翌日はひたすら安静

  6月21日金曜日に手術をして、その日はともかくベッド上でひたすら安静。動いたのはトイレへ往復5mぐらいの距離のみ。夜は痛い思いをしながら何とか寝返りを打ってトロトロと就寝。

 要朝6時の検温で体温が37.5度。患部がやはり熱を持っていたのだと思います。しかし朝食を終えるころになると何とかスリ足での移動が可能となりました。

 痛みも手術直後を10とすれば、7ぐらいまで軽減。体力のある人なら、痛み止めを服用すれば夕方には退院できるかもとも思いましたが、もともと健康に自信がない私はもう1泊することを選択。

 主治医に許可を得て、先ずは「もう1泊するので、翌日午前中に迎えに来てほしい」と息子に連絡。こういう時は個室でスマホを自由に使えるのは便利です。

 息子からの返事は「OK」とのことで、安心して夕食を食べます。しかし持参した療養中に読む予定だった新書版の書籍3冊は、あっという間に読破。

 しょうがないのでテレビをボ~っと眺めていましたが、ともかく詰まらない(生きていく上で何の参考にもならない)番組が多く、それでいてやたらコマーシャルの時間が長い。

 まあメーカーも売り上げを伸ばそうと必死なんだろうなという気はしますが、あまりにしつこいと「この製品は金輪際買うもんか」と反発精神も生まれます。

 てなわけで、ふと思いついて手元の格安スマホを使ってユーチューブの動画を見ると、これが結構面白い。自分で知りたい情報を検索して自分好みの動画を見ることができますから、「これは便利だ」と思いつつ利用。

 ちなみにたまたま私は昔のガラケー携帯から4月に格安スマホに移行。契約も一か月3GBという制約があるので、動画を見るとすぐに容量オーバーになるのではと思っていましたが、意外に長時間見れるもんなんですね。

 というわけで、夕食後テレビを見たりユーチューブを見たりしていたら、9時ごろ眠くなってきたので就寝時間を待たずに就寝体勢へ。

 痛みの程度は昨晩よりかなり軽減。寝返りも多少打てるようになり、かなり熟睡。「就寝時間です」というアナウンスも夢うつつの状態で聞いていたような気がします。

 翌日は5時半に目が覚めましたが、途中1回だけ小用で起きています。その際の痛みもかなり楽になっていました。起きてベッドを持ち上げ、上半身を斜めにしていたら検温、血圧測定。

 体温は37度ぐらい。血圧も少し下がって145/85ぐらい。ちょっと高めですが、今日からは降圧剤の服用を再開予定なので、まあ順調だなと判断。

 起きて洗面所に向かうときも、「あ~ずいぶん痛みが引いたな」という印象。手術直後の半分ぐらい?とはいえ咳やくしゃみ、鼻をかむというような動作はほぼ不可能。

 咳はせいぜいが咳払い程度。ただ全身麻酔で気管支にチューブを入れたせいか、時折喉が息苦しく感じることがあり、この咳払いが一番大変でした。

第1819回 手術翌日はすることがない!

 朝食を終えてしばらくすると、配膳係の人がトレイを撤去。その姿を確認してトイレへ。手術日当日午後の移動に比べると、痛みはあるものの激烈ではないため、「少し楽になったな」と思いつつ移動。

 ただし便器に腰かけるのも恐る恐る。どんな状態のとき激しい痛みが発生するのかは、その態勢をとってみないと分からない部分があります。

 幸いなことに個室に設置されているトイレは車いすでも利用できるようにあちこちに手すりが設置されていますので、それにつかまりながら徐々に便器に腰を下ろして一段落。

 「出るかな?」とは思っていましたが、予想通り全く出る気配なし。というか腹部に膨満感があるのですが、それを押し出そうとすると腹筋が必要で、ちょっとでもそういう意識をすると痛みます。

 つまり全く意識せずに力も加えず自然に出るのを待つ、という状態ですから、出ようにも出ないということなのかもしれません。これは前回の左鼠径部の手術でも経験したことなので、「やっぱりだめか」と思いつつトイレは断念。

 再びゆっくり立ち上がり歩きだしてみると、先ほどより痛みは少ない。起き掛けは一晩寝ていて筋肉が若干硬化しているせいで、動き始めは痛みが増すようです。

 ベッドに戻る途中で、窓のカーテンを自力で開けたりできましたから、「これなら、今日でかなり回復するな」と感じました。ちなみに本来の入院予定は手術前日からの2泊3日の予定です。

 つまり退院日はこの日になりますが、「さすがに今日の夕方では不安だな」という印象です。カーテンを開けて、ベッドに戻り、上半身を斜めに起こしてテレビを見ていたら、回診の時間になったようで、7~8名ぐらいの医師や看護師さんがどやどやと部屋に入ってきました。

 「調子はどうですか?」という問いかけに「まずまず順調です」と答えながら、何とか立ち上がると、「患部を見せてください」と言われ、病院着のズボンを下ろし、さらにパンツの上部を15cmほど下げます。

 一団の中には若い看護師さんと思われる方もいて、この瞬間は結構気恥ずかしい。一番偉いと思われる医師が、患部を見て「特に出血はなさそうですね」と言いながら、患部を軽く押したため、結構痛い思いをしました。

 とはいえ「順調です」というありがたい言葉をもらい、一団はどやどやと退室。残れた私は再びベッドに寝てテレビのニュースの続きを見ます。

 しかし昨晩眠りが浅い状態が続いたせいか、見ているうちになんとなく眠くなってきたので、その衝動に逆らわずにベッドを倒して目をつぶっていたら、あっという間に寝込んだようで、起きたら時刻は11時過ぎ。

 心なしか患部の痛みもまた少し減少。再び本を読んだりテレビを見たりしていたら昼食の時間。「さっき食べたばかりなのにな」 と思いましたが、もともとの量が少ないせいか腹も減っている感じ。

 「回復期に入って、体も食べ物を欲しているのでは」と思ったので、迷わず完食。食後再びベッド上で休憩。しかし読書やテレビ以外することがない。

 「困ったなあ」と思っていたら主治医の先生が現れて、再び患部をチェック。午前中来た医師同様に「出血もなく順調ですね」と言われましたが、ついでに「退院は明日でもいいですか?」と聞いてみると、「いいですよ」という返答。

 これで退院日が決定。結局3泊4日の手術入院となりました。

第1818回 手術日の睡眠は大変

  小用を済ませ、何とかベッドに戻り寝る体制へ。若干背もたれをを持ち上げ、持参した読書用の本を1時間ほど読んで「他にやることもないし、そろそろ寝るか」と思って消灯。

 時刻は9時半ぐらい。消灯は10時ですが、「まあいいや」と思ってうつらうつらしていると、10時になって「消灯の時間です」というアナウンスが聞こえました。

 その声を聴きつつ寝ようとしますが、やはり患部の痛みが気になって寝にくい。私は日ごろ寝るときは横向きになって寝る癖がついているので、あおむけ状態で寝るのは何となく違和感があります。

 というわけでシングルベッドの狭い幅の中で、僅かずつ体を横向きにしていくのですが、そのためには腰のあたりを多少持ち上げる必要があり、そのたびに患部が痛みます。

 腰を数㎝ずつ動かして、何とか横向きになりましたが、今度は足の位置が問題。どうやら横向きになって足を曲げようとすると腹筋が収縮するため患部がより痛くなる感じ。

 つまり横向きになって足を伸ばした状態で寝るのが楽ということですが、そうなると結構足の位置が面倒。横向きで足を伸ばせば、両足が重なることになり、これも不愉快。

 ベッドの中で、適正な位置を探りながら少しずつ足を動かし、何とか痛みの少ない姿勢を確保。それでようやく眠りにつくことができましたが、当然その状蓼で寝ていると、寝返りのへの欲求も高まります。

 というわけで再び狭いベッドの中で徐々に仰向けになり、今度は反対側を下にして横向きになりますが、こういったことを繰り返していれば、そのたびに痛みを感じますので眠りは浅くなります。
 
 しかも深夜に小用への欲求も感じ、まあ落ち着いて熟睡したという感じは全くなく5時半ごろ目が覚めてしまいました。ちなみに、時々訪れる看護師さんから「痛み止めを出しましょうか?」と言われましたが、我慢できる痛みだったので、夕方以降服用は無し。

 そのせいで夜の眠りも浅くなったわけですが、痛み止めを飲んで痛みがないからとつい乱暴に動いてしまい、患部に悪影響が出るのではと懸念していました。

 「痛い」と感じるということは、「まだ動いてはいけない」という体からのサインですから、それを無理に止めてしまうのはどうかなと思っています。

 というわけで、無事朝を迎え6時に検温と血圧測定で看護師さんが来ました。測定してみると体温は37.5度で少し高い。熱っぽいという意識はなかったのですが、やはり患部が熱を持っているんだなという印象です。

 また血圧も155/95ぐらいでかなり高め。この数値は看護師さんから主治医に報告された様で、しばらくして「血圧が高いみたいなので、翌日の日曜日から降圧剤の服用を再開してください」という指示が来ました。

 測定を終え、うつらうつらしながらテレビのニュースを見ていたら8時ごろ朝食。再び電動ベッドを活躍させ食事。おいしく感じましたが量が少ない。腹八分目です。

検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
33位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。