FC2ブログ
HOME   »  ★旅行
Category | ★旅行

第1506回 バンコクの病院体験

  私が加入したAIUの海外旅行保険ですが、10泊11日にバンコク旅行で、掛け金が4340円でした。OFF!という損保ジャパンの保険を使うともっと安くなり、たぶん同じ日程で3000円以下になるはずです。

 両者の違いは、持病に対するケア。AIUの場合、持病があってもそのまま受診ができ、保険金額内で応急処置が受けられます。一方OFF!の場合は、事前に持病について電話等で通告が必要で、その場合持病に関連した病気には保険金が適用できませんという約束をすることになります。

 というわけで高血圧や喘息等の持病持ちの私が、今回のように少し長期の旅行をする場合はAIUの方が良いだろうと判断し、割高だなとは思ったものの、ネットで契約をしました。

 契約をしたのは旅行の2週間ぐらい前で、保険証書を含んだパンフレットは自宅に送付してもらいました。だいたい1週間ぐらい前に届いたと記憶しています。

 契約の内容ですが、障害死亡100万、障害後遺障害100万、障害治療費用300万、疾病治療費用300万というもので、それ以外の疾病死亡はゼロ。まあ命を失ったら保険どころじゃないだろうという考えです。

 また個人賠償責任や携行品についても、これまで経験がないので必要がないと判断しゼロ円の設定で、要するにケガと病気に特化した保険だという事です。

 1週間前に送られてきたのは、上記のことを証明した契約書、同封書類一覧、保険金請求書(結果的にキャッシュフリーで使いませんでした)、緊急連絡先一覧(ここに出ていた電話番号にホテルから病院に行くことを連絡しましたが、記載通り無料通話でした)、キャッシュレスサービスが適用できる病院一覧(バンコクでは四つの病院がありました)、更に海外旅行保険の詳細についてのパンフレットです。

 これらをそのまま封筒に入れた状態で持参し、いつも持ち歩くショルダーバッグに入れてバンコク市街を歩き回っていました。

 という状況で、上に書いたようにまずホテルからコールセンターに電話。受診する旨を伝えて、方法等や保険金請求について確認。電話は15分ぐらい利用したと思いますが、これも無料だったのは助かります。

 私が宿泊したホテルから、実際に行った病院までタクシーで15分ぐらい。バンコクはタクシー代が安いので、このあたりは気楽です。料金は200円ぐらいです。(実際にはこのタクシー代も保険金として請求できるみたいです)

 ただし万が一の場合に備えて2万円近い現金も持参しました。タクシーの運転手さんに病院の入り口を教えてもらい、そこを通り抜けると、豪華なホテルロビーと思われるような空間が待っていました。

 正面に受付、右側にカフェ、左側にソファー。これらの設備すべてが日本の病院で見られる安っぽい設備とは全く違います。まさにホテルです。

 案内係のお姉さんに「日本人ですが」と英語で伝えると、すぐに「10階へ行ってください」と言われ、傍らにある、これまた豪華なエレベーターで10階へ。

 10階に行くとスタバなんかがあってさらにびっくり。広い待合室にはクッションの良さそうな椅子が置かれています。目についたカウンターで再び「日本人ですが」と伝えると、日本人専用のカウンターの場所を教えてくれたのでそちらへ。

 受付にタイ人美女が一人。この人にAIUの保険証書を渡しましたが、ここで一つだけ失敗。本当はパスポートが必要だったようです。すっかり忘れていました。

 それでも保険証書があったのでなんとか手続き続行。顔写真を撮られ、新しい診察券を渡され、「以後はこの診察券で受診してください」と言われ、さらに書類を数枚記入。サインをして手続き終了。次はいよいよ診療です。

第1505回 海外旅行で新たに旅行保険に加入する必要性は?

 海外旅行に行くとき、旅行保険が必要かどうかということをまずまとめておきたいと思います。当然ながら、普段から体が弱く、持病も抱えているという人は、旅行目的が観光であれ仕事であれ、海外滞在中の体調については不安を感じると思います。

 また例え持病がなくても、風邪や腹痛といった比較的単純な理由で病院に行きたくなる可能性はあると思いますし、自分では予想していなかったケガや交通事故にあう可能性もわずかながらあります。

 というわけで、基本的には何らかの予防措置が必要だと思っています。その予防の一つは、薬を持参することです。私の場合、常時服用する薬として降圧剤、痛風薬が必要になります。(今回は手首式の血圧計も持参しました)

 次に一般的な薬として風邪薬や胃腸薬を用意。さらに喘息関係の薬、アトピー性皮膚炎のための白色ワセリン、虫刺され用のムヒ、うがい薬、そして最後に慣れない環境で睡眠不足に陥らないように導眠剤を用意し、何とか薬の準備が完了。

 これだけでちょっとした量の荷物になります。当然これらの薬は滞在日数によって量も変わり、今回のように10泊となると、万が一の飛行機の遅延等も考慮して10数泊分の薬を用意しています。

 次にこれらの薬を持参した上で、旅行保険が必要かどうかを考えるわけですが、滞在場所や日数によっても考え方は人によっていろいろだと思います。

 ただ冒頭に書いたように何らかの病気やケガへのリスクは常に存在しますので、予想外のことが起きた場合に備えて、5日間を越えるような旅行の場合は、何らかの保険に入った方が良いと判断しています。

 その場合、新たに保険に加入するのが良いか、クレジットカードに付帯している保険を利用するのが良いのかは、意見が分かれるところだと思います。

 また海外の病院での治療費そのものの額も気になる人がいると思います。私は今回初めてバンコクの病院を受診しました。他国の状況は分かりませんが、最終的に渡された領収証を見て、現地通貨を日本円に換算すると

診療費:4500円
看護士サービス代:300円
施設代:800円
薬代:5000円

となっていました。症状は気管支炎で、渡された薬はクラビットという抗生剤、ロペクトという咳止め、テルファストと言う抗ヒスタミン剤の三種類で5日分です。

 これらの金額が、日本の診療費、薬価代と比べて高いのか安いのかは不明ですが、風邪や気管支炎等の治療費がだいたい1万円ぐらいかかるということだと思います。

 さらに肺炎とか入院という事態になれば、これらの診療費は跳ね上がることは間違いありませんので、やはり保険は必要だなと言う思いを強くしています。
 
 ただし今回利用した保険はAIUの保険で、セットになったものではなく、病気やケガの治療に特化させた、いわゆるセルフプランを利用していて、これが4000円ちょっとという価格でした。

 差し引き6000円得したと考えることができるわけですが、受診しなければ4000円が無駄になるとも考えられます。またコースプランだと8000円ぐらいかかりますから、それだと、今回の場合は保険のメリットがあまり感じられなかったかもしれません。


第1470回 シニアのハワイ旅行?を堪能してきました

  昨日ハワイから帰国しました。シニアハワイの一人旅で11泊13日ですから、かなり長い滞在です。前回のブログに書いたように、鼠蹊部ヘルニアの手術を、出発一か月ちょっと前に行ったので、その傷口が悪化しないようにという配慮をしながらの旅行となりました。

 私のハワイでの旅行スタイルは、コンドミニアムに宿泊し、そこを起点に基本的に公共のバスを使って動き回るというものです。つまりどこへ行くにも停留所からそれ相応の距離を歩くことになり、結果的に毎日5000~15000歩ぐらい歩いていたと思います。

 問題はそれが傷口に与える影響ですが、結論から言えばどうやら問題はなかったようです。むしろ手術をしないで、不安を抱えたまま動き回ることの方が精神的に良くなかったと思えます。

 一方私の風貌が、もともと猫背気味であり、最近は頭髪が薄くなり白髪も増えてきたためか、バス車内で「座りますか」を声を掛けられる機会が、滞在中トータル5~6回ありました。

 ハワイのバスは、運転手さん横の前のドアから乗り込むのですが、そのすぐ近くの前方の席はシニアや障害のある人の優先席となっています。

 もちろん空いていれば若い人が座っていても構わないわけですが、高齢者が乗車した時は席を譲ることになります。この習慣はかなり徹底していると思われます。

 というわけで、今回はバスに乗るたびに、そこに座っている若い人たちからの視線を感じました。要するに、「このおじさんは優先席に座りたいという意思表示をするのかどうか」という事を確かめる視線だと思います。

 だいたいはすぐに私は後ろの方の空いている席に移動して座るのですが、たまに車内が混雑しているときに、「ここに座りますか?」とか「そろそろ降りるから座りなさい」とかの意思表示をされることがありました。

 「なるほどそんな年齢になったんだな」と若干寂しい感じもしましたが、今回は手術後という意識もあったので、特に荷物を持っている場合は好意に甘えることにしました。

 ハワイのバスは、65歳からがシニアパスという優遇割引を受けることができます。ハワイに行き始めたのは40歳ぐらいですから、かれこれ20年以上通っていますが、当初は考えもしなかったシニアパスの利用が目前になってきて、自分でもびっくりです。

 ともあれ、今後も優先席に座って旅行をするスタイルが増えていくんだろうなと思います。それをどう感じるかは人それぞれだと思いますが、「年をとったな」と悲嘆にくれるよりは、「それを利用して体力を温存しよう」と考えたほうが、精神的には良さそうな気もします。

第1469回 時差ボケ解消に1週間ぐらいかかりそうです

 ハワイ滞在三日目です。予想していたことですが、旅行中はどうしても歩く距離が長くなり、立っている時間も多くなります。それが手術跡の傷口にどの程度影響があるのかは不明です。

 従って、いつものハワイ旅行よりなるべく移動距離を少なくするように意識しているのですが、部屋を一歩出ると、どこにどんなお店があるのかだいたいすべて把握しているので、逆に「よしあそこに行ってみよう」と思い、必然的にあちこち動き回るようになっています。

 今のところ傷口に問題はなさそうですが、自宅で静かに生活していた時と比べると、若干傷跡の膨らみが増したような気もするので、動き回ったことにより、少しですが組織液がにじみ出てしまったのかなと思っています。

 痛み等はほとんどないので問題なさそうですが、万が一問題が生じるとやっかいなので、昼前後に出かけて、昼食後は部屋で昼寝。さらに夕方まではブログ等の更新、夕方に再び出かけて夕食、といういつもより抑えた行動になっています。

 天候ですが、ちょっと雲が多くて湿気もあるようですが、20数℃から30℃ぐらいで、過ごしやすいです。すでに書いたように、日本で感じていた花粉による息苦しさからは解放されました。

 ただ、年々強く感じるようになっていますが、時差の修正が厳しい。昨晩もこちらの時間で日本での生活同様、夜の10時半過ぎに寝たのですが、深夜の1時ごろ目が覚めてしまい、それから眠れません。

 よく考えると深夜の1時と言っても、日本なら夜の8時ですから、どうやら体が最初の眠りを昼寝と勘違いしているようです。結局明け方の4時ぐらい(日本時間の夜11時)になって、ようやく眠気が出て寝付きました。

 しかし起きたのは朝の8時。時差ボケなら11時ごろに起きてもよさそうなものですが、外は明るいので、それを体が感知しているようです。

 この症状は、若い時は三日程度で解消されたのですが、最近は解消するまで5日から1週間かかります。加齢に伴って、体力が落ちるのはもちろんですが、こういった体の調節機能も徐々に低下するようです。

 

第1387回 旅行に行って健康になる

 バンコク5日目で、早くも明日が帰国日。5泊ぐらいだとあっという間です。毎回10泊ぐらいしたいなと思いますが、まだ実現していません。

 年齢のせいか、ハワイ旅行でも感じますが、時差ボケを修正するのに4~5日ぐらいかかるなと感じています。昨日が疲労のピークだったような気がします。今日はバンコク時間の朝7時に起きて、日本での日常のペースが戻ってきましたが、明日は帰国ですから厄介です。

 しかし前回も書いたように、一人の旅行というのは必然的に動きまわる機会が増えるので、健康に良いなと感じます。ツアーだと、ツアーの日程に合わせて動き回らなければならないので、動く量は同じでも身体が欲していることを素直に実現できません。

 そろそろ昼寝をしたいのにと思っているころ、「次の観光地は・・・・です」というように引っ張りまわれたら適わないなという気持ちがあります。

 一方同じ海外旅行でも、バンコクの食べ物はバンコクと同様に好きなハワイより良いなと感じます。ハワイではどうしても1食の量が多く、洋食系は油が多くなります。必然的に胃腸への負担が大きくなります。

 バンコクで食べるのは、和食、洋食、中華、タイ料理とさまざまですが、ここのところ折角タイに来ているのだからとタイ料理を食べる機会が増えています。

 すると意外に中華系に近い野菜料理が多いことがだんだんわかってきました。もちろん中にはとんでもなく「辛い」料理もあるのですが、お店の人に聞いて、調整してもらうこともできます。

 その意味ではハワイよりかなり胃腸の負担が楽だなと感じます。ただし、気候が問題。つまり年中蒸し暑いのでサラダ系は腐敗しやすいようです。

 これまでにも食べた瞬間これはもしかしたら、という時が何回かありました。迷わずそ~っと吐き出したりしていますが、これも一人旅でリスクを避ける方法の一つだと思っています。

 というわけで、運動、食生活の点でバンコク旅行は割と性に合います。睡眠は、ちょっと問題。夜は飲み歩いていることが多いので、日本なら11時前には寝るのですが、バンコクでは12時を過ぎることも多いです。

 かといって翌日遅くまで寝ていられるかというと、やはり年齢的に早起きになってしまいます。必然的に寝不足となるので、これを昼寝で補う毎日です。

 健康に生活する条件は、運動、食事、睡眠のほかに、ストレスがありますが、これはもちろん旅先で一人で行動するという妙な緊張感はありますが、達成感もありますので、良いストレスになっているのではと思われます。

 要するに適度な旅行は健康に良い、ということを言いたいわけで、その意味では実によい趣味だなと思えます。唯一困るのがお金の問題ですが、もしかすると旅行で健康になれば医療費が減るかもという、自分に都合の良い考えも持っています。

第1386回 バンコクで健康に留意しながら存分に旅行を楽しんでいます

 8日から13日までの予定でバンコクに来ています。すでに連日昼寝を挟んでその前後にひたすら街中を歩き回っていますが、必然的に歩く距離も増えています。

 たぶん毎日1万歩前後歩いているのではと思います。また以前も書きましたが、市街で私がよく利用する高架鉄道があるのですが、この駅のホームへ至るのにエスカレーターがない場所が多く、その場合100段ぐらいの階段を上がることになります。

 当然ながら疲れているときや、アルコールを飲んだ時など、ホームにたどり着くころには息切れを起こして、心臓がバクバク言っています。

 それでもまあ何とか登り切れるだけの体力がありますから、街歩きも楽しむことができます。要するに街歩きと健康づくりの両方を一度に満たすことができるというわけで、一挙両得の旅行です。

 一方、本当に足が疲れたなと思ったときは、市街の至る所にマッサージ屋さんがあるので、適当に飛び込んでマッサージをお願いすることもあります。

 今日はホテルの移動日だったのですが、向かった先のホテルのチェックインが2時なのに、12時前についてしまい、せっかくなので、いわゆるボディマッサージと言うのを受けてきました。

 だいたい私がバンコクでいつも受けているのは足を中心としたフットマッサージか、肩を中心としたショルダーマッサージなのですが、今回は「ショルダーをお願いしたい」と言ったら、「ボディマッサージに含まれていて、特に肩を強調したマッサージにします」と言ってくれたので、それをお願いしました。

 この料金がタイのお金で400(バーツ)で、為替レートを考えると、1400円ぐらいです。これで1時間たっぷりと足から腕までマッサージをしてもらってきました。

 途中妙に痛いところや、なかなか関節が曲がらないところや、逆に曲げれば曲げるほど気持ちが良いところがあり、要するに体の体型バランスが相当崩れているんだなと思い知らされました。

 マッサージ士さんは40代ぐらいの明るいおばちゃんで、腕は確か。いろいろと熟練の技を行ってくれましたが、痛くなる寸前で止まるところがすごいです。

 終了後は体が軽くなった感じ。ただこうやってブログを書いたりしていると、その爽快さも一時的なもので、やはり継続しないとダメなんだろうなと思います。

 しかし日々歩き回って体を動かし(最近はバンコク市街の大気も以前に比べて見違えるようにきれいになりました)、時にマッサージで体をほぐし、さらにおいしい料理を堪能し、アルコールも楽しめ、つくづく楽しいなと思っています。

 一人旅ですから、一抹の寂しさを感じることもありますが、夜の街でちょっと飲みに行けば、若い女性が話し相手になってくれますから、片言の英語でもそれはそれで楽しめます。

 というわけで、歩いて、ほぐして、食べて、飲んで、コミュニケーションを楽しみ、ホテルライフをエンジョイするという、理想的な?旅行を楽しんでいますので、健康にも良いだろうなと思っています。

第1375回 時差ぼけが継続する理由

 ハワイから12日に帰国し、今日が6日目。ハワイ滞在中はひたすら歩き回り、ウエストが少し細くなりました。歩くというのは、腰周りの筋肉をよく使い、腹部の脂肪を燃焼させるんだなということがよく分かります。

 しかし毎日ひたすら歩けたのは、最高気温が30℃ぐらいで、湿度も例年のハワイに比べれば高かったものの、日本に比べると格段に低いということが大きなポイントになっています。

 ハワイに行くと、朝から晩まで、あらゆる道路でジョギングやウォーキング、ハイキングを楽しんでいる人を見かけます。車椅子を利用している人も、どんどん街の中に出てきます。

 その意味では、日本人の健康志向に適合する環境だなと思いますが、問題は食事量です。ともかく外人さんは、例え高齢者でも信じられないほどの量を食べますので、それに見合った量がレストランで出されます。

 必然的に、日本人が、「残すのはもったいない」と思いながら完食すると、常に食べ過ぎの状態で過ごすことになり、これはマイナス要因。

 その意味では、折角動き回れる環境があるのですから、それを有効にするために、意識して食事量を減らし、果物を増やすといった考えが必要なんだろうなと思っています。

 ただし実行は難しいです。昼間動き回れば、夜は腹が減るし、ビールは日本より数段おいしく感じられるので、結局飲みすぎ食べすぎということになってしまいます。

 ただ今回は、ハワイ経済の活性化で、ともかく物価が高くなっていたので、これが逆に幸いし食べ過ぎるということはいつもより少なかったような気がします。

 というわけで、12日に無事帰国。成田空港で感じた猛暑の名残は不快でした。その後数日で雨模様となり気温が少し低下したので助かっていますが、今年は例年以上に時差ぼけが継続しています。

 夜は10時が近づくと睡魔に襲われ、朝は5時前に目が覚めます。原因について考えてみたのですが、帰国後空模様がはっきりせず、暑いときは外出できず、気温が低いときは雨が降っていることが多く、要するに昼間出歩く機会が減っていて、体が昼と夜の区別がしにくい状態になっているのではと思いました。

 そう思って、昨日夕方に、あえて小雨模様の中、傘を持ちながら1時間ほどウォーキング。その結果は10時ごろに睡魔に襲われましたが、その後の睡眠はかなり深くなり、今日も5時に起きたものの、妙な寝不足感は解消しました。

 というわけで、今日は暑くなりそうですが、やはり太陽の光を感じて、涼しくなったら動き回ろうと思っています。

 
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
33位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。