FC2ブログ
HOME   »  頭痛
Category | 頭痛

第1513回 手術後の目覚めはもどかしかった

 救急車で自宅から30分程度の大学病院に行き、すぐに手術室にはいったのだと思います。救急隊員は、最初は意識があったのに、車内で意識を失ってしまったので、ともかく最優先で運んでくれたのだと思います。

 もちろん私はこの間の出来事を一切覚えていません。

 すぐにCT等の撮影が行われたのだと思いますが、実際何が行われたのか全く知りません。これでどうやら脳内出血(場所から見てくも膜下出血)と判断されたのだと思います。

 さてくも膜下出血の場合の治療方法ですが、にじみ出た血液の除去、出血箇所の止血という二つのことを同時にやらないと行けないようです。

 またその方法ですが、今は血管の中を細い管を通して薬剤を入れるようです。ところが私の場合血管の動脈硬化が進んでいて、通常の場所からは管が入らず、医師団はかなり苦労したようです。

 ただ幸いなことに、症状が軽かった?せいか、手術は成功。ただしくどいようですが本人の意識は全くなし。この間に腰にはおしめが入れられ、男性の大事な部分には細い管が入れられ、垂れ流し状態。

 そのまま集中治療室に移動。まあ裸同然の情けない姿で、意識が戻るのを待ったのだと思います。

 事件発生が夜の11時ごろ。意識が戻ったのが翌日なのか、翌々日なのかは不明です。「○○さん、分かりますか?・・・・」という
問いかけが聞こえ、「?????」と思いながら意識が戻りました。

 ただしその時医師と何を話したのか不明です。ただ言葉が頭の中で出かかっているものの、それが言葉にならないというもどかしさを感じました。

 同時に自分は脳の病気で救急車で運ばれたんだということを思い出しました。ただこの時はくも膜下出血だったということを知らなかったので、なんだかしゃべるのがもどかしいなという印象です。

第1512回 くも膜下出血を経験

 しばらく更新できませんでした。今日はこの間の非常事態について簡単にまとめて置こうと思います。

 さて8月半ばに自宅で気管支炎になり、咳がひどくなったので、医者に行き、新しい抗生物質もらい服用したところ徐々に沈静化。

 やれやれこれで、また秋には旅行に行けるぞ、と思っていた8月下旬、自宅で夕食を食べ風呂。風呂からあがって、早く寝て気管支炎を治さないと思い、9時ごろベッドへ。

 ところが9時半になって急に目が覚め、何となく体調不良を感じました。「こりゃ変だぞ」と思い、寝室を出てリビングへ。すると2階の寝室から1階のリビングへ移動する際、妙なめまいを感じます。

  「これは感じたことがない症状だ」と思い、すぐに熟睡していた息子を起こし、私は1階のリビングへ。息子が起きてきたので、生まれて初めて自宅に救急車を呼んでもらいした。

 しかし自宅の場所、現在の症状等を説明しているうちに、呂律が回りにくくなっていることを自覚。後の説明を息子に任せて、私はリビングのテーブル上に突っ伏していまいた。

 やがてピーポーピーポーというサイレンが聞こえ、自宅前に救急車が到着。救急隊員が数名どやどやとリビングに入ってきて、希望する病院を聞かれた記憶があります。

 しかし私の方の症状は悪くなる一方で、めまい、生きぐるしさ、意識障害等が発生し、思考力も低下。そんな中救急隊員が入院先の病院を見つけてくれたようです。

 救急車には自分で歩いて乗り込みました。しかし車内のベッドに横になった瞬間、安心したのか意識を失ったようです。その様子を見て、見かけより症状が重いと判断され、大学病院に入院先が変更。

 移動中救急隊員から話しかけられた記憶がありますが、何を話したのかさっぱり不明。さらに病院に到着し、病室への移動も全く記憶がありません。

 その後緊急手術となったようですが、これまた記憶になし。あとから息子に聞いて以上のような流れだったことを知りました。

 正式病名はくも膜下脳出血。もう少し判断が遅れいれば、今頃は全く別人になっていたかもしれません。

第1282回 「エコキュートで不眠」、低周波音が関係かも

 我が家の低周波問題をいろいろ考察してたら、まったく偶然ですが、「エコキュートで不眠」という記事が新聞に掲載され、原因は低周波音かというサブタイトルもついていました。

 記事を読んで分かったことですが、エコキュートで使われているヒートポンプから低周波音が発生するそうで、これによって不眠や頭痛が起きている可能性が高いということのようです。

 記事によれば、これまでの出荷台数は約450万台ということで、かなり普及していることが伺えます。問題はこの機器のポンプがエアコンの室外機のように屋外に設置されているということで、この機械が動くとき低周波音が生じるみたいです。

 さらに深刻なのは、こういった機械が夜間の安い電気を活用するため、稼働時間が夜間に偏る傾向が有り、ちょうど寝ているときそういった音が聞こえるということになります。

 というわけで、消費者庁が健康被害を受けたという申し立てを調べているわけですが、どうやら因果関係が有りそうだという結論のようです。

 しかしではどういう理屈で不眠、頭痛、めまい等を生じるのか、ということは不明です。現状は因果関係が有りそうだというところで終わっています。

 我が家というか私が感じた低周波音ですうが、やはり大きな深夜営業の平屋建てスーパーの屋上に設置されている排気口からのもので、一晩中「ウォンウォンという周期的な音が聞こえてきます。

 対策についてはすでにまとめていますのでここでは割愛しますが、対策をする前は、かなり音が気になって眠りが浅くなりました。

 これも個人的な感覚で、「そんな音なんかまったく気にならない」という人もいるのではないでしょうか?我が家の自宅近くでも、線路脇や高速道路脇に家を建てている人もいて、それこそ一晩中列車や踏み切り、車の走行音が聞こえているはずですが、それh度大きな問題になっていないような気がします。

 違いは何かということを考えてみると、上記の音は間欠的な音なのに対して、低周波音は聞こえ続けるという特徴がありそうです。

 実際に気にすると、「あ、まだ聞こえている」という印象になり、ドアを閉めても、雨戸を閉めても、布団をかぶっても、部屋の中をあちこちウロウロしても、どこでも聞こえているようで、だんだん心理的な圧迫感が強くなるように思いました。

 そういった心理状態の結果、眠りが浅くなり、不眠が生じ、その結果頭痛やめまいと言った症状も出るという、間接的な連鎖反応なのかなという気が今はしています。

 つまり低周波音が物理的に脳にダメージを与え、それによって不眠が生じるという事ではなさそうだということです。

 だからこそ証明が難しいのだと思うのですが、「あっまた聞こえている」という心理的な葛藤は敏感な人ほど大きいような気がします。

 対策は難しいですが、近くに新しいヒートポンプや工場、排気口等が出きてから、何となく眠りが浅くなったという人は、一度時間的な記録をとって因果関係を調べてみるのも大事だと思います。




第1281回 音の性質、共鳴、反射等を利用して低周波音を減衰させる

 寒さが激しくなったせいか、私が怪しいと思ってみている換気口からの低周波音も、心なしか大きくなったような気がします。

 前回は部屋の中で低周波音が共鳴している可能性がある場合の対策を考えましたが、なかなか有効な対策はなさそうです。ただクローゼットや押入れの戸をあけたりすれば、若干室内の寸法が変化するので、共鳴現象が減衰する可能性があります。また家具の配置を変えるという方法もあるかもしれません。

 次に防音対策として考えられるのは寝る場所です。部屋のどこでもうるさい場合はどうしようもありませんが、特定の部分が静かならば、その部分に頭が来るようにして寝ればいいわけです。

 
 ちなみに低周波音の特徴ですが、必ずしも音源に近いほうが音が大きくなるというわけではなさそうです。これは壁を回りこんでくる性質が強い音だからです。

 それでも音源の方向がはっきりしていて、その方向から強く音を感じるなら、間に何らかの遮蔽物を置けば音は減衰するはずです。

 数日前に書きましたが、この遮蔽物質は重さと厚さ、さら表面の構造で減衰度が異なるはずです。個人的に思うことですが、低周波音の場合は、硬い金属板よりも、少し厚めの木製の板の方が遮蔽効果が大きいのではと思われます。

 なぜかといえば、我が家の2階でいろいろ試したとき、雨戸とガラス窓を通過する音よりも、雨戸、戸袋、家の壁を通過する方が減衰度が大きいように感じられたからです。

 とすると手軽に出来る防音対策として、音の聞こえる方向にタンス等の家具を配置すれば、それだけで防音効果が高まるように思えます。

 もっと言うと、見掛けは悪いものの、聞こえると思われる方向の窓や壁に毛布等をぶら下げるとか、衣類をひっかけておく、というようなことも考えられます。

 というわけで、先ず共鳴は室内の寸法の変化を考える。音の遮蔽は、家具の配置や毛布、衣類を利用するという方法が考えられそうです。

 最後にもう一つ。音も波の一種ですから反射という現象が起きるはずです。従ってベランダ等に金属板等を置く余裕があるなら、音源から向かってくる音が反射するような方向に板を設置するということも考えられそうです。


 そう思って私は他の部屋で使っていない雨戸を1枚外し、雨戸を収納してある戸袋の外側に、斜めに立てかけてみました。すると若干ですが、音が小さくなったような印象があり、まだわずかに聞こえるものの、とりあえず睡眠の邪魔になるような音はほとんど聞こえなくなりました。

 とりあえず、これで一件落着。ただし寒さがさらに厳しくなり、換気口からの音がさらに大きくなるようなら、室内のタンスを音源側の壁の方向に動かそうかなと思っています。

第1280回 外からの低周波音を小さくする対策

 ここまでの簡単なまとめですが、低周波音の特徴として以下のようなことが分かってきました。

・ 振動数が10~100Hz程度と低い

・ このうち、20Hz以下の音は、耳では聞こえないが、体が感じている可能性がある

・ 低周波音を意識するのは、音や振動によって、不眠や頭痛を感じるとき

・ ただし音や振動によって、必ず不眠や頭痛を感じるわけでもない(ネットの情報)

・ 低周波音の波長は数mという長さになる

・ 波長が長いため、音が減衰しにくい

・ 波長が長いため、遮蔽物があっても回りこんでくる可能性も大きい(音の回折)

・ 波長が長いため、部屋が共鳴箱のようになる可能性がある(音の共鳴)

というようなことです。これらの対策として考えられるのは、音源を停めるのが一番なのですが、狭い日本では、そう簡単に実現できるとは思えません。

 となると出来ることは受けて側がなんとか防音処置をすることだと思われます。そこで考えられる方法は何か?どうすればよいのか?ということになります。

 手順としてまず考えられるのは、音源の特定と方向です。どの方向から聞こえてくるのかということを、部屋の外に出て確認する必要があります。

 ついでに音量も確認して、部屋の外と中でどちらが大きく聞こえるかを調べます。ちなみに普通は部屋の外の方が大きく聞こえるはずですが、窓を閉めているのに室内の方が大きい場合は、前述の「共鳴」という現象が起きている可能性があります。

 私が寝ている2階の寝室にもそういった傾向が若干見られました。つまりガラス窓の内側と外側のベランダでは、外に出ている方が、音が小さいという現象です。(昼間は雑音が多いので、深夜に確かめた方が良いです)

 当然ながら、この共鳴という現象が激しく起きている場合は、室内のあらゆる場所で低周波音が聞こえ、音源に近いといった特定の場所で強く聞こえるということが少なくなるようにも思えます。

 この場合、室内の長さが変われば共鳴の可能性は少なくなりますので、夏場などのように窓やドアを空けたりしておくと、かえって音が小さくなる可能性があります。ただ冬場はドアをあけると寒いので、この方法は使えないかもしれません。

 ただし、まだ私も試していませんが、押入れやクローゼットがあれば、その扉をあけておくと、部屋の長さが見かけ上若干変わるので、共鳴が変化する可能性はありそうです。

第1279回 低周波音という音の性質について

 低周波音という音の性質ですが、ネットでは予想通り高音に較べると遮蔽するのが難しいと書かれています。通常の音はサッシの窓なら相当大きな遮音効果がありますが、どうやら低周波音はそういった効果が現れにくい音のようです。

 これは何故かと言うことですが、昨日まとめた振動数による影響だと思われます。つまり今仮に50Hzの低周波音があると、その波長は、音速との関係でおよそ6.8(m)ぐらいになります。(音速=振動数×波長という公式があり、音速は秒速340mぐらいだからです)

 一方高音の場合、例えば通常聞こえる1000Hz程度の音なら波長は34cmぐらいです。それでどうして波長が長い方が減衰しにくいのかと言うことになるのですが、実は不勉強でよく分かりません。

 
 ただもしかすると、光で言えば「夕焼けの原理」みたいなものかなと思っています。つまり、昼間空が青いのは波長の短い青い光が空気中の微粒子にぶつかって散乱という現象が起きるため青く見えるわけです。

 一方夕方は、太陽が傾き、太陽光が空気の層を長距離貫くことになるので、青い光は散乱しきってしまうのですが、その間を波長の長い赤い光が蛇行して通り抜け、夕焼けが見えると言うことです。

 これを音に例えれば、波長の短い高音は、薄い遮蔽物であっても、遮蔽効果は高くなりますが、波長の長い低音は、遮蔽物の厚さを厚くしても、その間を通り抜けてしまったり、他の場所から回り込んできたりするということでしょうか。

 ただし低周波音であっても、適切に対処すれば音の遮蔽効果はそこそこあると思われます。具体例が昨日まとめた雨戸と雨戸の戸袋+建物の壁です。これらの厚さを合計すれば20~30cmになりそうです。

 一方サッシの場合は、窓ガラスの厚さが5mm程度?それに厚手のカーテンぐらいですから高音は遮断できても、低音は遮断しにくいというとこなのかなと思われます。

 もう1点。音や波の性質で重要なことがあります。それは共振共鳴といった現象で、いわゆる楽器の原理です。ギターの弦だけをはずして弾いても大きな音にはなりませんが、ギター本体に弦をくっつけることによって大きな音になります。これが共振共鳴と言われている現象です。

 この場合、楽器の大きさは発音体の振動の波長によって決まりますので、低い音を出す(波長が長い)楽器は大きな楽器になります。

 つまり低周波音の場合は、室内に入り込んだ音の波長が、部屋の大きさとうまく適合(共鳴)すると、外で聞く以上の大きな音に聞こえる可能性があるということです。

 というわけで50Hzの音の波長は6.8mですが、そう考えると部屋の長辺や短辺の長さがちょうどこういった低周波音の整数分の1という距離になり、室内で共鳴するという現象が起きやすい気がします。

 以上のような音の性質を考えると、どうやって遮音効果を高めるかという目処もついてくるような気がします。(続きます)

第1278回 低周波音の振動数と遮蔽効果

 「音」ですが、これは物理の世界では粗密波と定義されています。粗密波というのは、空気の密度が濃い部分と薄い部分が交互に入れ替わり振動するもので、この振動の回数が1秒間に何回あるかが振動数となります。

 つまり50Hzの音は、1秒間に空気の粗密が50回繰り返されると言うことです。この繰り返される振動を、我々の鼓膜が感知し、それを「低い音」と認識するわけです。

 というわけで、これが我が家の寝室で聞こえるわけですが、先ずはベランダに出て耳を澄まして、どの方向から聞こえるかを確認。すると音の発生源と思われる方向に、空調の排気口らしきものがあることを確認。

 しかしすぐ近くまで行って確認したわけではありませんので、その方向が怪しいと思っただけです。

 次に部屋の中のどの部分で音がよく聞こえるかを、深夜静かな環境で部屋の中をウロウロしながら確認。すると部屋の一番南西側の角、すなわち私が寝ているとき、ちょうど頭の部分が来るあたりが一番良く聞こえます。

 先ほどの排気口はちょうど家の南側に位置するので、寝るのを逆向きにしようかなと考えましたが、そうなると迷信とは思いますが「北枕」という語句が頭に浮かび、なおかつ、部屋の使いかって悪くなります。

 というわけで先ずはベッドの位置は現状のままにして、防音について対策をいろいろ考えてみました。

 最初にやったことは、私が寝ている南側の窓に沿って、音が聞こえるのは向かって右側(西側)か左側(東側)かを調べてみると、やはり窓ガラスのある私が寝ている側の音が大きく、雨戸を仕舞いっぱなしにしてある戸袋がある部分は音が若干小さくなるように感じました。

 つまり音の遮蔽効果は、サッシの窓よりも、雨戸が2枚収納されている戸袋の方が大きいということです。サッシの窓はきちんと閉まっていますが、戸袋の方は結構スカスカしています。しかしその内側には家の壁もありますから、遮蔽効果が高くなっていると判断。

 そこでとりあえず、戸袋の遮蔽効果がガラス窓よりも大きいということが分かったので、雨戸自体の遮蔽効果がどのくらいあるのか、戸袋から滅多に使わない雨戸を出して、私が寝ている窓側の方に移動し寝てみました。

 要するに、通常のサッシの窓ガラス+戸袋の戸という二重の遮音壁を作ったつもりです。ちなみに戸袋内の雨戸は木製ではなく、横に波をうったアルミ製です。結果は、音が若干減少しました。しかし深夜に耳を澄ますとやはりうるさい。

 ということは、戸袋+雨戸2枚+家の壁の方が、雨戸1枚+サッシのガラス窓よりも遮蔽効果が大きいということです。

 状況はだんだん分かってきましたが、なかなか遮蔽するのは大変です。「こりゃまいったな」と思い、こういうこときはネットの情報だと思って調べてみると、隣近所の低周波音で困っている人が意外に多いことに気がつきびっくり。

 基本的には音源をとめるのが一番ということですが、それがなかなか出来ないから悩んでいるわけです。というわけで、次に低周波音の性質についても調べてみました。
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
33位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。