FC2ブログ
HOME   »  ★最近のニュース
Category | ★最近のニュース

第1385回 ノーベル医学生理学賞受賞のニュースを読んで思ったこと

 今日は朝からノーベル医学生理学賞受賞の話題が一杯。土の中の微生物から抽出した物質が病気を直すということで、まあすごいもんだなと思いながら、新聞を読んだりテレビのニュースを見たり。

 しかし新聞の記述で「へえ~!」と思ったことがいくつか。私が読んでいるのは毎日新聞ですが、朝刊の記事の中に「土壌1gの中には、約1億匹の微生物がいる」と書かれています。

 つまり1gの土の中に日本人の人口に匹敵する微生物がいると言うことで、当然10gなら10億匹、100gなら100億匹となり、世界の人口に匹敵しそうです。

 さらに受賞者の大村さんは、各地で土を採取したと書かれていて、その中で伊東市のゴルフ場周辺の土の中にいた微生物から、新しい抗生物質を作り出したと書かれています。

 そこで思ったのは、いったい何箇所ぐらいから土を採取したのかということ。そしてなぜ伊東市のゴルフ場周辺を選んだのか、ということです。新聞では業績面に焦点があてられ、こういったそれこそ泥臭い疑問には触れていなかったのが残念です。

 しかし改めて思ったことは、土の中に多数の微生物が存在することによって土壌と言う形が形成されていると言うことで、そこには、人にとって有用な微生物や有害な微生物も多数含まれているのだと思います。

 そんな土の中で、私は日々家庭菜園で野菜を育てているわけですが、当然採り立ての野菜には土がいっぱいついています。もちろん食べるときは水洗いをして、この土をきれいにしているつもりですが、1gに1億匹も微生物がいれば、当然微小な土が残っていれば、そこに何万匹もの微生物がいて、それをもしかしたら一緒に食べているかもしれないなと感じました。

 またこういった微生物が生産する(排出する?)様々な物質を今回は医薬品として生産することに成功したわけですが、だとすればそういった物質が畑で育った野菜には付着している可能性があります。

 もちろんこれも人体にとって有用な物質と有害な物質があるのだと思いますが、そういった物質が煮たり茹でたりしたお湯の中に含まれている可能性も大きいです。

 もちろんその量は本当に僅かなものだと思えますが、人間の生理はちょっとしたホルモン分泌によって均衡が保たれているわけですから、時にはそういった物質の影響を受けてしまうのではないかとすら思えます。

 一方人間の免疫系は、良いものをとり込んで活用し、有害なものは分解して排出すると言う機能を持っていますから、いたずらに心配する必要はなく、むしろ免疫系が活発に活動できる環境づくりに役立つのではないかとすら思えます。

 つまりごく普通の土の中で育つ、家庭菜園で取れる作物には、作物本体はもとより、それに付着している微生物や微量物質があり、それらを摂取することによって体が丈夫になるという側面があるのではないかということです。

 逆に言えば、最近話題になっている、無菌の工場で作られる、有害物質をすべて排除したような野菜には、そういった荒々しいパワーが無いと言うことになりそうです。

 個人的な考えですから真偽のほどは不明なので、なんともいえませんが、先日来我が家の家庭菜園では、無骨なニンジンが次々と出来、抜いた瞬間にあたりに漂うニンジン臭さに、「これこそニンジン!」と内心でつぶやいて喜んでいます。
 

第1347回 MERS拡大中、中東ではなぜ拡大していないのか?

 韓国のMERSは拡大する一方のように見えます。すでに亡くなられた方が4名となり、さらに1次感染者が1500人出席の会合に出席していたというニュースも流れ、こりゃ本格的に拡大しそうだなと思うようになっています。

 それにしても不思議なのは、もともと中東の国の病気だということですが、中東でこの病気が蔓延しているなんて言う話は聞いたことがありません。ましてや感染が拡大し、次々と感染者が現れるという事態もなさそうです。

 ネットの情報をいろいろ調べてみると、中東では当初亡くなられた方も出たようですが、激しく感染が広がるということもなく、現在は散発的と書かれています。

 また感染しても症状が出ない人もいるということで、重症化する人はやはり体力的に弱い高齢者や、何らかの病気を抱えている人が多いようです。

 しかしでは何故韓国ではこれほどまでに感染が拡大するのか?個人的に理由を考えてみると

・ 韓国政府の初期対応の遅れ
・ 感染者がMERSとは思わずにあちこち移動した
・ 中東と韓国の気候の違い(気温や湿度の影響があるかなと思っています)
・ もともと中東の人にはある程度免疫がある?が、アジアでは珍しい病気なので、免疫が弱い
・ 中東に較べて人口密度が大きい(数字を調べて較べたわけではありません)
・ 韓国の衛生事情や病院事情

 その他もろもろあるのかもしれませんが、いずれにしろワクチン等はなさそうなので、うがい、手洗い、マスクの予防措置をしながら、日頃から免疫力が高くなるような生活をするということが大事であるように思います。

 ちなみに免疫力が高くなる生活とは、

・ 規則正しい生活
・ ストレスをためない
・ 充分な睡眠時間
・ 良質でバランスの良い食事
・ 適度な運動

の5つが条件だと思っています。マスコミの論調は、まだ何となく対岸の火事という雰囲気ですが、果たしてどうなるのか?海外旅行好きなので、かなり真剣に動向を見ています。

第1346回 韓国のMERS発生経過と症状等

 西アフリカで猛威を振るっていたエボラ出血熱ですが、いくつかの国で終息宣言が出された後の情勢がまったく不明です。ヤフーニュースを見ても5月中旬ぐらいのニュースが最後で、報道がないということは落ち着いてきたのかなと想像しています。

 しかし一時は世界中に感染が拡大するのではないかという不安も感じていただけに、どうも落ち着きません。ただ幸いなことに?、感染が拡大した場所が日本から遠く離れていたので、国を挙げての大騒動には発展しなかったのだと思います。

 ところが今回は韓国でMERSが発生。これはお隣の国の出来事で、しかも日常的に航空機が行き来をしていますから、今後の展開によってはかなり深刻な状況になりそうです。

 しかしマスコミは中国の観光船の沈没や安全保障法案に目が行っているようで、あまり詳しく報道されていません。今日の朝刊にようやく少し記事が出てきましたが、事態はかなり深刻だと思われます。という訳で、分かる範囲で、発端から現在の状況を調べてみました。

5月上旬に中東に滞在していた韓国の人が帰国し、5月11日に発症。しかし複数の医療機関を受診下にも関わらずMERSとは判定されず。その後2名に感染

5月16日:韓国三例目の患者の見舞いに息子が訪れ感染、19日に発熱、以下5月30日へ

5月20日:最初の感染者の病名がようやくMERSと確定。しかし対策は後手に回るというか、対策方法が混迷

5月22日:感染者数3人が確定

5月28日:感染者数7人(内6人は二次感染)

5月29日:感染者数12人、感染疑い127人

5月30日:中国でMERS発生を確認、接触者38名を隔離、患者は韓国人男性で21日体調不良状態で26日香港到着、深センを経由して恵州に到着。39.5度で病院に隔離、患者は韓国三例目の患者の息子

 なおこのとき搭乗した航空機(アシアナ航空)は消毒されないまま名古屋にも来ていたようです。

6月2日:感染者2名が死亡、隔離対象者1名が自宅を離れてゴルフ

6月3日:感染者30名、隔離対象1300名、(内自宅待機が1200名)、学校の閉鎖が急増

といった経過のようですが、ともかく拡大のスピードが速いです。韓国政府の初期対応が遅れたことも一因で、中国政府も困っているようです。

 以下参考資料ですが

正式病名はMERS「Middle East respiratory syndrome」(中東呼吸器感染症?管理人の勝手な訳です)
 
潜伏期間は2週間前後で致死率は40~50%と高率。ただし感染力はエボラほどではない(と言われてもどの程度かよく分かりません)

症状:風邪や気管支炎と同じだが治療法や治療薬はなし。飛まつ感染。対処療法のみ。感染後肺炎から腎臓障害、腎不全、多臓器不全に至ることがある

 高齢者、糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全等の持病がある人は重症化の可能性

予防方法:飛まつ感染ですから、手洗い、うがい、マスク着用

現在韓国で感染者が多い場所:京畿道、ソウルの南東50~100km?

 今後マスコミでも徐々に報道が拡大すると思いますが、事態は深刻。朴政権も次から次へと痛手を蒙っているようですが、今回ばかりは対岸の火事とは言っていられないかもしれません。

第1261回 どんな性格の人が病気になりやすいのか

 健康に関するニュースを読んでいたら、「どんな性格の人が病気になりやすい?」という気になる見出しを発見。早速リンク先のページにジャンプして内容を読んでみました。

 ちなみに私の性格はこういったブログを地道に書いていることからもなんとなく分かっていただけると思いますが、小心者で神経質です。

 ただそのことを自分でも分かっているので、なるべく普段から物事を気にし過ぎないように考えようと努力しています。その意味では、現在の生活は割りとお気楽なので、比較的成功しているかなと思っています。

 しかしちょとした体調不良についてこと細かく調べ、出来ることはなんだろうかと模索し、さらにもしかしてこの体調不良は何らかの重病に直結しているのでは不安になることも事実です。

 さてそんな人間はどんな性格に分類され、どんな病気になりやすいのか?記事を読んでみると、先ず性格を5つに分けていました。

 最初が「誠実・勤勉な人」。う~ん、近いなと思いつつ内容を読むと、物事を計画し努力する性格なので病気の発症から身を守れる傾向があるそうで、これはうれしい誤算。つまり計画的に良質の食事をして運動をするからだそうです。

 コリャますますちゃんとウォーキングをしないといけないなと思うようになりました。

 次がオープンマインドな人。好奇心旺盛で想像力豊か。興味の幅が広いと書かれていますが、オープンマインドかどうかは分かりませんが、これも該当する部分がありそう。

 しかし病気の傾向をみると、脳卒中や高血圧になりにくいそうですが、私は現在高血圧の降圧剤を服用中。ちょっとはずれています。

 次が外交的な人。これは私とは違うなというのが第一印象。このタイプは高血圧になりにくいそうで、確かにそうだろうなと頷ける部分があります。

 そして「お人よし」。これが性格といえるのかどうか分かりませんが、理系の私には該当しないような気がします。しかし親切で寛容、人助けや信頼関係を築くことに長けていると書かれると、そういう部分もあるなあと思えますこういう方は関節炎になりにくいそうです。しかし何故なのか、ちょっと意味不明です。

 最後が神経質。まさに自分のことだろうと思いつつ読んでみると、まさに該当。鬱になりやすいとか心臓疾患、肺疾患、高血圧の可能性が高いとのことで、「やっぱりなあ」とがっくり。

 というわけでまとめ。病気になりにくい人は陽気であけっぴろげ。他人とのコミュニケーションや信頼関係を大事にして、計画的に運動をして、良質の食事を摂るということになりそうです。
 


 

第1252回 エボラ出血熱で回復する人はどんな人?

 昨日の記事を書き終わってから、羽田空港でエボラ出血熱を疑われる方が病院に搬送されたという記事を見てびっくり。ついに日本も・・・と思いつつ、検査結果は本日早朝というニュースを見て就寝。

 朝起きて、すぐにニュースで顛末を確認。どうやら陰性だったようで本当に良かったです。しかしこういったことが今後も起きるんだろうなあという気はしていますので、やはり病気への知識も必要だろうなと考えています。

 ここまでいろいろなニュースを見たり読んだりして分かったことは

・ 潜伏期間が3日から2週間ぐらい
・ 潜伏期間中は感染する心配はない
・ 感染経路は患者の血液や体液、唾液、嘔吐物、便に直接触れること

 ここまでは納得できました。しかし

・ 咳やくしゃみによる飛沫感染については、感染しない。また咳やくしゃみはこの病気ではあまり症状としてあらわれない。

 と書かれていましたが、これは程度問題だという気がします。感染経路に唾液も含まれているわけですから、咳やくしゃみ(主症状ではないそうですが)によって大きな唾液の粒が飛び散る可能性はあります。

 それを吸い込んだらどうなるのかということですが、空気感染について調べてみると、要は空気中に飛び出した唾液はすぐに水分が蒸発してしまうわけで、それでも乾燥した状態で病気の性質を保ち続けるものが空気感染と言われているようです。

 ということは、エボラは空気中で乾燥してしまうと、その病原性を維持できないということになりそうです。となると逆に湿気の多い場所で、直径の大きい唾液粒子が飛ぶと乾燥しにくいので、わずかながら感染の可能性が出てくるような気もします。(実際地表には湿気があるので危険という記述もありました)

 だとすれば、とさらに私の勝手な考えですが、航空機等で移動する場合、機内はかなり乾燥していますから、機内での感染の確率は低いというようにも思えます。さらにマスクをすれば安心感も高まりそうです。

 問題は今後の予防ですが、初期症状はインフルエンザと似ていると言われていますが、数日後にエボラ特有の嘔吐、下痢、血圧低下、頭痛、貧血といった症状を示すそうです。

 また致死率が90%と書かれる事が多いようですが、これは何も治療をしない場合だそうで、治療をした場合は60%(それでも高いと思いますが)に下がるとも言われています。

 回復に向かう要素は、接触性の低さ(感染度合い)と自己免疫力だそうですから、やはり日ごろからストレスを減らし、規則正しい生活習慣を維持し、良質の食事を摂り、適度に運動し、よく眠るというのが一番のようです。

第1247回 エボラ出血熱はどこまで広がるのか?

 エボラ出血熱はスペインでも2次感染者があらわれたようで、気になっています。マスコミ関係者もようやく少しずつエボラ関係のニュースを流すようになりましたが、現状の説明だけで、病気本体の性質について詳しく説明している報道はあまりないような気がします。

 日本ではなじみのない遠い国の病気というイメージですからやむを得ない部分もあると思いますが、飛行機に乗れば半日で地球の裏側まで行けてしまう現実がありますから、遠い世界のことだと安心はしていられません。
 

 というわけで、私もこの病気について少し調べてみることにしました。先ずは病気の概要を知る必要があると思い「ウィキペディア」を見ています。

 先ずエボラという名前ですが、最初の発病者の近くを流れていたエボラ川の名前からつけられたようです。あらためて今度はグーグルマップで調べてみると、この場所はコンゴ民主共和国と中央アフリカ共和国の間にある川のようで、まさにアフリカ大陸の中央付近です。

 次に出血熱ですが、一般的にウイルスが感染したとき高熱、白血球減少、精神状態の変調、易出血性をきたし死に至ることが多い病気であるとウィキペディアに書かれています。

 つまりエボラ出血熱以外にもこういった症状を示す病気はたくさんあるということですが、その中で日本では、エボラ出血熱、マールブルグ出血熱、ラッサ熱、クリミア・コンゴ出血熱の四つが、1種感染症と定義されています。定義の由来は、重篤な症状を示すということで、この四つの中でも最強なのがエボラ出血熱だそうです。

 私はこれまで出血熱という名称から、体の各部の粘膜から出血するのかなと思っていましたが、上記の症状を読むと、そんな生易しい症状ではなさそうです。

 これまでの発生地域はアフリカ中央部及び西アフリカが多いようで、自然宿主は特定されていません。ただコウモリが有力とされているようです。

 と読んだところで、もしかしたらこれがドラキュラの由来かと、余計なことまで考えてしまいましたが、次々と感染して行く様子を想像すると、コウモリが次々と人に襲い掛かるシーンとダブって見えます。血に関係することも共通点。

 それはそれとして、こういったコウモリを食用にしたりすることによって感染が始まるという論文もあるみたいです。いったん感染すると、そこからの新たな感染経路は、患者の血液、分泌物、排泄物、唾液等の飛沫が感染源となります。

 ただ空気感染はしないとされているので、直接触れなければ大丈夫というのがウィキペディアの見解のようです。しかしすでにアメリカで二次感染の報告があるようですから、空気感染については疑ってかかった方がよいような気もします。

 一般的には、咳をした瞬間に飛び散る唾液で我々には風邪がうつりますから、当然空気感染はしないといっても程度問題であるような気がします。(ウイルスが空気中で瞬時に死んでしまうなら、空気感染はないといえそうですが、そんな記述は見あたりません)

 ちなみに海外旅行で心配なのは密閉された飛行機内の空間ですが、飛行中は換気が行われているので感染者から3列以上離れていれば「密接な接触にはならない」と定義されているようです。しかしこれも定義であって、実験的に得られた結論ではなさそうです。

 そう考えると、今後は機内で咳をするのも躊躇うことになりそうです。逆に側に咳をする人がいたらどうするか?エボラ出血熱に限らず、機内では今後マスクをしたほうが良さそうです。

 

第1232回 日本の国土で安全な場所はない

 昨日夕方4時に帰国しました。成田空港の税関を過ぎ、空港ビルから1歩出たときの熱気たるや、「はあ~、またこんな環境で生活するのか~」と思わずため息が出ました。

 ともかく蒸し暑い。ぬるいサウナのような熱気が皮膚にまとわりつき、今日あたりから、軽快していたアトピーの痒みを感じるようになりました。

 ハワイの最高気温は31度ぐらい、最低気温はハワイ島のヒロで20度ぐらい、ワイキキで23度ぐらい。ヒロの湿度は、雨が多いせいもあって、日本とよく似ているなと感じました。

 しかし20~30度ぐらいの範囲ですから、過ごしやすさは比較になりません。昔のことを言ってもしょうがないのですが、私は小学生の頃都内に住んでいましたが、夏の最高気温は30度前後だったと思います。

 今日はものすごく暑い、と感じたときでも33度ぐらい。しかもそういう日は夕方になるとモクモク積乱雲が発生し、ピカっと来たかと思うと激しい音が聞こえ、土砂降りの雨。

 ただ雨は長く続かず、せいぜいが30分ぐらい。その後は虹が見えたりして、虹の根元に行こうと追っかけまわした記憶があります。

 多少記憶も美化されているとは思いますが、それでも当時に較べると明らかに気温は上昇しています。

 ハワイには、すでに20年ほど通い続けていますが、20年前に見たワイキキの青空は、今はなくなっています。以前はクリアだった大気も、ほんの少しですが、遠くの景色がかすむように見えるようになり、写真を撮影すると画像の透明度が違って見えます。

 今年の前半はワイキキも雨が多かったようで、いつもは夏はまっ茶色になっているダイヤモンドへッドの裾野が、緑色をしていました。

 今回の旅行では、ヒロ滞在時に台風が直撃するという経験もしました。ハワイでは実に22年ぶりの上陸だそうで、これもまた、これまでにあまりなかったことです。

 一方昨日は、広島県で豪雨災害が起きたようで、これまた今日は識者がいろいろな意見を述べていますが、ともかくこれまでの経験や常識が通用しない災害が起きる可能性が、日本全体で高まっているなと感じています。

 このブログは健康になることを目的として書いているブログですが、健康と同時に最近は気象災害にも目を配らなくてはいけないなと思うようになっています。

 これまでは自治体の判断で避難等を行っていたと思いますが、今後は自分の身の回りの自然現象をよく観察して、必要に応じて自分で判断して避難等を行う必要があると思われます。

 今日もこの後大気が不安定になると気象庁が言っています。このあたりは関東平野で地盤も比較的しっかりし、治水工事もきちんと行われていますが、突風や竜巻の場合事前の予測は難しいです。

 また落雷による大規模停電や、大雨で排水が間に合わずに洪水が起きるなんてことも考えられます。一人一人があらゆる災害の可能性を検討して対処しないといけない、ややこしい時代になったなと感じています。

検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
33位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。