FC2ブログ
HOME   »  歯の治療
Category | 歯の治療

第1226回 薬用うがい薬「コンクールF」について

  先日歯茎の痛みで歯科医院を訪れ、その後の経過を診るために昨日再び歯科医院に行って来ました。痛みの原因は、疲れや歯の汚れ等によるもので、虫歯や親知らずが衝突していることが原因ではなさそうだという結論になり、とりあえず一件落着。

 今後も歯ブラシを丁寧に行うと共に、口の中をきれいにするために「うがい薬」を貰って来ました。これは診ていただいたお医者さんも利用しているとのことで、歯科医さんおすみつきです。

 名前が「コンクールF」というもので、薬用成分は「クロルヘキシジングルコン酸塩液」となっています。アレルギーがある人は、ちょっと注意して使用を始めてくださいとのことでした。

 というわけで朝食後歯ブラシをして早速試してみました。緑色の溶液を数的に30mLの水に溶かすと、うす~いかすかに緑がかった溶液になりました。

 これを口に含むと、ちょっとさわやかなミントの香りがします。薬効のほどは分かりませんが、ぴりぴりした辛さがないのでうがいはしやすいのですが、その分、効き目があるのかなという不安も若干あります。ただアレルギー症状のような違和感はなさそうです。

 なお1回やってどうこうという薬ではないと思うので、あとはいかにして習慣づけるかということだと思います。幸いにも口臭予防にもなるということですから、仕事柄(非常勤講師)子どもたちと話す機会も多いので、当分継続しようと思っています。

 一方歯科医院さんのほうは、それ以上特にすることがないので、またしばらく様子を見ましょうということになり、次回の予約はなし。精神的に楽になりました。

 ただこのうがい薬がなくなったら、薬局で買えるのかなと思い調べてみました。するとアマゾン、楽天、ヤフーショッピングのいずれでも購入可能。

 書かれているレビュー評価も高いものが多く、これなら安心だと感じました。ただ近所の薬局では「アセス」という製品以外は見かけなかったような気がします。不思議です。

 ちなみに1回に使う量は5~8滴と書かれていて、全部で100mLありますから、当分なくなりそうもありません。値段も1000円前後で助かります。
 
 以下アマゾンへのリンクですが、6本セットもあるようですが、とりあえず1本で十分なような気がします。


コンクールFコンクールF
(2012/05/23)
ウェルテック

商品詳細を見る
 


 

 
 

第1221回 歯科治療とカロナール

  歯痛ですが、ほとんど治まりました。それでも原因になったと思われる歯を強くかみ締めると、若干の痛みを感じますので、根本的な解決には程遠いなという印象を持っています。

 ただ今回の騒動?で、歯の痛さは厳しいなという印象を強く持ち、痛いとものが食べられなくなって、これまたひじょうに不快だということを思い知らされましたので、予防の意味からもブラッシングの重要性を見直し、3食食べるたびに入念にブラッシングをするようになりました。

 なお今朝のNHKニュースを見ていたら、痛くない歯科治療のニュースをやっていました。これまでの歯科治療は、高速のモーターを使って、患部を削る、というのが基本的な治療でした。

 その際の機械から発生する回転音を聞くと、それだけで私は原始的な恐怖を感じてしまいます。私の祖先がこういった振動音で痛めつけられた記憶が今も残っているのではと思っていますが、ともかく不快な音です。

 ところがこういった物理的な作業ではなく、化学的な治療というのがテレビでは紹介されていました。その内容は歯に弱い電気を流すというもので、これによってカルシウムイオンを吸着させるということのようです。

 カルシウムは歯の基本的な成分ですから、それが可能なら、人工的に歯を成長させることもきるはずで、事実虫歯にも効果があるということでした。

 実用化には数年かかるとのことですが、もしこれが歯科治療の本流になれば、革命的な治療の変化になりそうです。

 話し変わって、歯が痛いときに処方される「鎮痛剤」(私の場合はカロナール)は喘息患者によくないという話を聞いて、先日主治医にそのことを聞いてみました。

 返事は、確かによくない場合があるが人によるので、私自身がそれに該当するかどうかは分からない、という曖昧なものでした。ネットの情報ではアセトアミフェノンという成分が喘息を誘発するということが書かれています。

 この名前を見て、「あれ、そういえばいつも処方されるPLという風邪薬にはアセトアミノフェノンも含まれていたのではと思って調べてみると、確かに含まれています。

 風邪のときは時々この薬を服用して、体がだるくなるといった副作用を感じるときもありませが、喘息症状は出ていませんので、私の場合は、カロナールも、その量を意識すれば利用できるのかなと思うようになりました。

 そうでないと、今後高齢になってあちこちに痛みが生じたとき服用する薬がなく、痛みを我慢するしかないという事態も予想されますので、この知識があるとないとでは差が大きいです。
 

第1218回 ようやく歯痛が軽減、食事がまともに摂れるようになってきました

 歯医者さんから貰った抗生物質は「セフゾン」という名前でした。調べてみると細胞の細胞壁に作用して、殺菌するという薬です。

 歯痛だけでなく、様々な炎症に効果があるようで、子どもでも使える薬と書かれているのでちょっと安心。ただしアレルギー体質の場合は注意が必要とのことで、喘息やアトピーもちの私は、新しい薬を服用するときはいつも緊張します。

 今回も初日の夜飲みましたが、飲んでから1時間程度、効果の有無はともかく、へんな副作用を生じて体調不良を覚えないか、静かに読書をしながら、経過を見守っていました。

 幸いにも特に問題はなさそうだったので、そのまま寝てしまいましたが、翌日は台風一過の蒸し暑さで体がだるいなと感じました。もしかしたら薬の副作用かなという気もしました。

 そのほかこの薬の副作用としては、下痢をしやすいということのようですが、若干そういった兆候はありましたが、まあ許せる範囲です。

 問題は効果ですが、昨日の朝は痛みが少しひきました。今回は、この歯痛対策として、歯医者さんからもらった抗生物質のほかに、近くの薬屋さんで口腔のうがい薬を購入。

 さらに常日頃から使っていた歯ブラシを新しいものに交換し、これで毎食後必ず入念に歯磨きを実行。

 実際どれが一番効果があったのかは分かりませんが、朝は少し痛みがひいて、昼はかみ合わせに注意しながら食事をすれば何とか食べられる程度に回復。

 夜は、いつものようにビールと焼酎を飲みましたが、実はアルコールはこういった痛みにはよくないようだなと感じました。たぶん血行がよくなり、炎症が激しくなるのだと思います。

 ちょっと痛みが増したかなという印象もありましたが、食事そのものは、柔らかいものを選べば普通に食べることが出来るようになりました。

 夜は、前日の夜が歯痛で眠りが浅かったので、やたら眠くなり9時に就寝。今日は6時に起きましたが、さらに痛みは軽減。ほぼ普通の食事が取れるようになりました。

 歯痛を意識し始めてから3日で最高潮に達し、ほぼ3日で回復しつつあるという感じですが、改めて歯痛による摂食障害は不愉快なものだなと認識を新たにしました。

 「歯は大事」とよく言われますが、実際に痛みを経験しないと歯医者嫌いの私はふんぎりがつかないようです。今回の通院で、一応次回の予約も入れてきましたので、その日が近づくとまたドキドキすることになりそうですが、この先のことを考えると、今治療をしておかないと悔いが残りそうだと思うようになっています。

第1217回 親知らずの痛みで、勇気を振り絞って歯医者へ

 病気になると記事を書くことが出来るというのも情けない話ですが、ブログの性質上しょうがないです。

 昨晩は通常の予約患者さんの一番最後に診てくれるということで7時半過ぎに、食事も摂らずに近所の歯医者さんへ出かけました。

 この歯医者さんは、以前も勇気を振り絞って行った事があり、患者さんへの説明も丁寧、物腰もおだやかなので助かります。そのせいか予約もいっぱい入っているようです。

 待合室に入り、どきどきしながら順番を待ちます。やがて名前を呼ばれ入室。目の前に液晶ディスプレイがあり、そこに3年ほど前に来たとき撮影した、問題になっている親知らず近辺の画像が出ていました。

 改めてみると、なんとも情けない。親知らずが一番奥の歯に斜めにもたれかかり、ぐいぐい押している様子がよく分かります。しかしレントゲンで見るから分かるのであって、目で見ると親知らずの大部分は歯茎に隠れているので、衝突現場は見えません。

 というわけで、今回の痛みの原因は、という話になったのですが、予想に反して親知らずではなく、親知らずが衝突している奥歯の中の神経が炎症を起こしているのではという話になりました。

 どうやらこの奥歯には、以前軽い虫歯があって、そこを3年前に治療した痕跡があるのですが、もしかするとその時に虫歯の菌が残ってしまい、それが時々体調に応じて増殖し、神経を刺激しているのではないかという話です。

 したがって、根本的に直すためには、かぶせものを取り、虫歯そのものをもう少しきれいにした状態に戻し、そこに新たにかぶせものをするのが一番良いだろという見解でした。

 ただ現実問題として、今生じている痛みをどうするのかというと、これは鎮痛剤で痛みを抑えるか、抗生物質で菌の繁殖を抑えるかという二つの方法しかない、ということでした。

 いずれにしても、あっという間に痛みがなくなるということはないようで、後は私自身の免疫力勝負にもなるということです。

 一方鎮痛剤というのは、喘息患者の場合出来れば使わない方がよい、という話も聞きました。どうやら鎮痛剤の成分に喘息を誘発するような成分が含まれているようです。

 これについてはかかりつけの医者に聞いてもらった方がよいということでしたが、この先腰痛等で悩まされるとき、喘息患者の場合使用できる鎮痛剤が少ないようで、これは覚えておかないといけないなと思いました。

 というわけで昨日の時点では特に外的な治療はなし。(ほっとしました)抗生物質を貰って昨晩から服用していますが、どうやら少しずつですが痛みが引いてきました。

 ひどくなると激烈な痛みに襲われることもあると言っていましたから、まだよいほうだとは思いますが、歯医者から帰ってきて夕食を食べようとしても、かみ締めるたびに痛みを感じるので食が進まないことにまいりました。

第1216回 油断をしていたら親知らずが痛くなってきました

 このところ体調良好で、先日も医者に行きましたが、血圧は120/80ということで、ほぼ私には理想的な値でした。ただ例年と違って、ディオバンは相変わらず80mgを服用しています。

 ここ数年は夏場になると、家庭菜園での作業時に立ちくらみを感じることが多く、血圧を測ってみると100/50程度まで下がっていることがあり(これが普通だという人も多いと思いますが)、これだと立ちくらみで急に倒れるのではないかという不安があり、ディオバンを60mgに減量したりしていました。

 今年は冬も寒く大雪があり、7月になっても割と気温は低い状態が続いていますので、血圧もそれほど下がらないのかなと思っています。

 一方旅行に出かけたり、ウォーキングをしたり、家庭菜園で体を動かし、非常勤講師の仕事を楽しく適度にこなしていたので、これならこのブログに書く記事もないなと思い、更新をサボっていました。

 ところがところが、体調良好という状態はシニアになるとなかなか継続しないようです。血圧、アトピー、痛風はもちろん、最近は風邪もひかないなあと安心してたら、なんと歯です。

 二日ほど前から、上あごの左奥の親知らず辺りがうずき始めました。体調が落ちてくるとなんとなくうずくことはこれまでも何回かあり、そのたびに睡眠時間を多めにとったり、いつもより多く歯ブラシをすることによって、数日で違和感は消えていました。

 ところが今回は昨日あたりからかなり痛み始め、食べるときに歯をかみ締めると、痛みがず~んと響いてきて、食事が満足に摂れません。

 歯を失った高齢者はこんな感覚を毎日持っているだろうなと思っていますが、そもそもの痛みの原因は親知らずです。私の場合親知らずの先端がちょっと歯茎から顔を出し、一番奥の歯に斜めに衝突しています。

 これは炎症が起き易いので、抜歯することを薦めますとどの歯医者さんに行っても言われるのですが、ともかく歯医者が怖い。いい年をしたおじさんなのに情けないなと自分でも思いますが、この恐怖感というのは、なかなか文章では説明できません。

 というわけで本来は抜いた方が良い歯を温存しているため、歯ブラシはいつも入念に行っていたつもりですが、冒頭に書いたように体調がよかったため、ちょっと隙が出たのかもしれません。

 さてどうするか?とりあえず今日はこの後勇気を振り絞って、戦地に赴くような気持ちで歯医者に行き、周辺を消毒してもらうつもりです。

 その後は当然、抜歯をしないとという話になると思うのですが、私の場合は「大学病院で手術ですね」と言われていますので、小心者の私はさらに生きるか死ぬかの覚悟が必要なようです。

 
 ネットでも親知らずの抜歯について少し調べてみましたが、麻酔が効いているので手術中の痛みはほとんどないと書かれているので、これは朗報。

 しかし手術が長引く場合は1時間ぐらいかかることもあるという記述もあり、読んでいるだけで血の気が引きます。また手術中に流れ出た血液が気管とかに流れ込まないのかとか、つい余計な心配をしてしまいます。

 
 一方いったん抜いてしまえば、今感じているような痛みからは基本的には無縁となるので、旅行中に歯が痛くなったらどうしようという悩みからは解放されます。

 
 
 
 
 でもなあ・・・。悩みは尽きませんが、とりあえず消毒ぐらいなら耐えられるだろうと判断して、今から歯医者さんに行ってきます。

第922回 咀嚼力が大きいとどんなメリットがある?

 歯垢はなるべく速やかに取り去り、それでも歯石がたまってしまったら速やかに歯医者さんに行き除去してもらうというのが、咀嚼力を維持する最大のポイントであることが分かりました。

 それはそれとして、人間の噛む力というのはいったいどくらいあるんだろうか?ということが気になって調べてみると、ネットで調べた限りでは60~70kgと書かれていました。

 当然スポーツをやるような人は、奥歯を噛みしめて力を入れたりしますから、もっと大きな値になるのかもしれませんが、一般の人はこの程度なのかなと思います。

 しかし60kgと聞いても実はピンと来ません。上の歯と下の歯が重なり合って、そこに何かが挟まれたとき、それに加わる力が60kgなのかなという気もしますが、実際に生じる力というのは加えられる面積によっても変化するはずです。

 これについても調べてみると、どうやら60kgというのは、噛みしめたときに上下の歯が実際に接触している面積すべてに対しての平均的な力のようです。

 では接触している面積はどのくらいかというと、30~60mm2というデータがありました。仮に50mm2とすると、0.5cm2に相当しますので、噛む力全体の圧力というのは120kg/cm2ぐらいとなります。つまり1cm四方の面積に120kgの重さが加わった状態ということです。

 次にこの120kg/cm2という途方もない圧力(力)を産み出しているものはいったい何かというと、要するに骨とそれを取り巻く筋肉が関係します。

 特に実際に力を生じさせるのは筋肉だと思うのですが、これは咀嚼筋と呼ばれ、さらに細分化されています。中でも一番関係がありそうな筋肉は「咬筋」と呼ばれるもので、耳たぶの下あたりから口の左右、つまり頬の内部に位置する筋肉のようです。

 これが発達している人は咬む力が強いわけですが、咬む力が強いということは咀嚼力があるということで、そうなると食べ物をよく噛むことが出来ますから、噛まれて胃に収まった食べ物をさらに胃液で分解しやすくなります。

 ということはそれが腸に伝わったとき、栄養分が吸収されやすいということにもなり、食べ物の栄養分を効率的に吸収できると言うことになりそうです。

 ちなみに咀嚼力が大きいと以下のようなメリットがあるそうです。

① あごが発達し、言葉の発音が正確になる
② 消化吸収が良くなり、少食でも満腹感が得られ、太らない
③ 噛むと血流が良くなり、思考力も高まる
④ 運動能力が高まる 

 というわけで、咀嚼力というのは健康寿命にかなり影響することが分かってきました。昔から言われていることですが、どんなものでも、ともかく良く噛んで食べると言うことが、咬筋の発達を促し、さらに健康寿命を伸ばすということになるようです。

第921回 歯周病予防は歯石取りから

 歯周病についてです。昔歯磨きのコマーシャルで「リンゴを囓ると歯茎から血が出ませんが?」というフレーズがあったことを思い出しました。当時はまったく気にしていなかったCMですが、年齢と共に切実な問題になることがよく分かります。

 それはそれとして、まだ歯周病とは言えない段階で、これを予防するにはどうしたらよいのかということを調べてみました。これは様々なぺーじにまとめられています。

 先ず問題なのは歯垢(プラーク)だそうです。これについて調べてみると、口の中には数百種類以上の細菌が生息しているそうで、これらが互いに平穏に生活しています。

 ところが、葉の表面や歯の間に糖分を含むような食べかすが残っていると、それを栄養分として細菌が激しい勢いで増殖し、それが歯垢(プラーク)になるということのようです。

 歯垢が存在するかどうかと言うのは、歯垢の色が黄白色をしているため肉眼ではみえにくいようです。歯医者さんではプラーク染色剤を使って診察するみたいですが、歯医者嫌いの私はやったことがありません。

 ただ歯垢(プラーク)の段階では歯磨きによってこれを除去することが出来るそうそうですが、それを放置すると「歯石」になってしまうそうで、こうなると歯磨きで取り除くのは出来ないそうです。

 では歯石とは何かと言うことですが、細菌のかたまりである歯垢(プラーク)が唾液中のカルシウムイオンやマグネシウムイオンと結合して、リン酸カルシウムや炭酸カルシウム、リン酸マグネシウムとなったもので、これらは骨の成分にもなっていますから、ひじょうに固いのは間違いなさそうです。

 実は私自身歯医者嫌いのため、なるべく丁寧に歯磨きはしていますが、歯の根もと付近に歯石らしき黒褐色の付着物があることは分かっています。これが歯石だと思うのですが、歯医者に行ってガリガリ削ることがどうしても出来ません。

 しかしそれが歯周病の原因となり、やがて歯槽膿漏や歯肉炎を発症し、歯が抜け落ち、ものを食べることが困難になれば、食事の楽しみも失われ、健康寿命も縮まると考えると、これは少し本気で対策を考えないといけないなと思いつつあります。

 ただ残念なことに、自分で出来ることはあまりなさそうです。歯医者さんに行ったとき先が尖った鈎状の器具で歯の表面をカリカリ削ってくれる場合があります。どうやらあれも歯石取りの方法みたいなので、あのくらいなら自分でも出来そうです。

 ただ実際には歯茎を傷つけたり、歯茎の奧の部分の歯石は除去できないようですから、結局歯医者さんに行くしかなさそうです。

 しかし繰り返しますが、小心者の私は、機械の音が聞こえてくるだけで血圧が上がってしまいます。いっそのこと全身麻酔で知らないうちに全部済ませてくれればと思うのですが、タカが歯石取りでと歯医者さんに笑われそうです。
 
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
33位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。