FC2ブログ
HOME   »  痛風
Category | 痛風

第1355回 今回の痛風症状の原因分析と食べ過ぎについて

 痛風の前兆症状を感じ、多めの水分補給と、腹8分目を心がけてから、症状はほとんど消えました。ほとんどいうのは、まだわずかに、感じるか感じないぐらいの疼きがあるからです。

 それにしても、体調がよく、肉も魚も、家庭菜園から採れた野菜も豊富に食べて痛風になってしまったのでは情けないです。昨日も書いたように、私の場合はこの前兆症状が食べ過ぎのサインだと思っているのであらためて、ここ数ヶ月の食生活を振り返ってみました。

 すると、確かに家庭菜園で採れる野菜の量が多くなるに連れ、それをなんとか効率的に消費したいと願い、おかずを多めに作っていたような気もします。

 幸か不幸か春先から体調もよく、ビールは美味しいし、食べ物も美味しく感じられ、それがさらに食べ過ぎに拍車をかけていたようです。

 一方、私の場合は過去にストレスにより1年前後で、過飲、過食により数kg太ったことがあり、その時は血液検査の様々な数値がレッドゾーンに入り、「こりゃさすがにまずいぞ」と思ったことはありますが、普段はほとんど体重の変動はありません。

 しかし、そう思ってここ数ヶ月の食生活を振り返ってみると、はっきり記録していたわけではありませんが、体重が1~2kgぐらい増えていたようにも思います。

 それでも家庭菜園の世話やウォーキングをして、ある程度運動も出来ていると自覚していたので、あまり体重増加も気にしていませんでした。

 まあもろもろ、振り返ってみるといろいろと気になることは出てくるものです。もしかするとアルコールのつまみの量が多すぎて過食気味になっていたのかもしれません。 

 ともあれ、今は小康状態に戻りましたので、明日から旅行ですが、旅先でも飲みすぎ食べ過ぎに気をつけようと思っています。

 ちなみに食べ過ぎは老化を早める、という記事を多数ネット上で見ることが出来ます。しかし食べ過ぎが多いと思われる現代人の実際の寿命は延びているわけですから、本当に老化が早まっているのかどうかは不明。

 栄養失調や偏食で老化が早まると言うことならわかりますが、食べ過ぎだけで果たして老化は早まるのか?確かに体の各組織の負担は重くなりますが、それを支えるだけのエネルギーも供給されていると考えることも出来ます。

 もちろん医学の進歩で寿命が延びているとも考えられます。しかしだとすると食べ過ぎなければ寿命はもっと延びるという論理になりますが、本当にそうなのか?

 さらに言えば「美味しいものをたらふく食べたい」という欲求があるときは、「生きていこう」という元気が出ている証拠でもあるような気がします。

第1354回 久し振りに痛風の前兆症状を感じてびっくり

 韓国のMERSは、いまだに亡くなられる方がいて、感染者数も増加中。それにしても、隔離対象者となってしまった日本人が、それを知らずに?帰国、というニュースには驚かされました。

 またさらに驚いたのは、帰国したことを日本国政府は韓国政府から連絡を受けていたようですが、ニュースになるまで、そういった人がいるということを伏せていたように感じられること。

 特に症状も無く問題が無かったからだと思われますが、逆に後から症状が出たらどうするつもりだったんだろう?と心配になりました。

 それはそれとして、昨日本当に久し振りに「痛風」の前兆症状と思われる、足の親指の先端付近にわずかな疼きを感じ、ちょっと慌てました。

 実は明後日からまたバンコクに行く予定です。もし飛行機内や現地のホテルで激痛に襲われたらどうしよう?と不安になりました。

 原因ですが、たぶん食べすぎ。ここのところ血圧が順調どころか、むしろ低めに推移し、午後は家庭菜園の世話やウォーキングを行い、夕食が美味しいなとおもってバクバク食べていました。

 また三度の食事は欠かせない、基本的な生活習慣が大事だと思っているので、朝もしっかり7時前後に、和食のご飯をたっぷり食べていました。

 前兆症状を感じてすぐに思いついたのが上記の食べすぎのこと。さらに思い返してみると、これまでもそうでしたが、朝に納豆や豆腐を毎日のように食べていたりすると、症状が出やすいように思っています。

 というわけで「こりゃいかん」と思い、ともかく水を大目に飲むことを心がけ、さらに昼食、夕食、今日の朝食、昼食とすべて控え目にしていたところ、いつの間にか疼きは消えていました。

 体は実に正直だなと思いますが、もちろんこの疼きが「痛風」の前兆なのかどうかははっきりしません。ただ親指の付け根だけに違和感があるので、先ず間違いないだろうなと思っています。

 ちなみに痛風はビールもよくないと言われていますが、私の経験ではビールよりも食べすぎ、それも朝食の食べ過ぎの影響が大きいように思います。理由は不明。

 というわけで、私の場合はこの「疼き」が「食べすぎ」の警告サインになっています。これを感じたときは、食べすぎ、水不足、納豆や豆腐ばかり食べている、運動不足のいずれかが原因なので、このあたりを重点的に改善するという方法で、なんとか激痛を避けています。

 ちなみにこのブログの過去ログを見てみたら、前回感じたのが2012年の12月のようなので2年半ぶりということになりそうです。

第859回 痛風症状の原因の一つは豆腐の過食?

 昨年の12月頃のブログを読むと分かりますが、第780回から第785回にかけて、痛風症状のことを書いています。特に第780回では「痛みはないものの、見た目に親指がちょっと膨れていることがはっきり分かり、皮膚の色もその部分だけ赤くなっています。」と書いています。

 対処方法としては「水をがぶがぶ飲んで様子を見よう」ということにしました。この時原因として思い当たったのは水不足。さらに体調良好故の過食。この二つが主因と判断しました。

 で対策としては第781回で「食事を控えめにして水を一杯飲んでいます。今の所少しずつ赤味が消えて、はれも引いてきたようなので、体調に注意しながらこのまま様子を見ようと思っています」と書いています。

 これだけ読むと、原因は水不足と過食であったと言うことになるわけですが、その後足先の冷え解消を目指してボア付きスリッパの利用や、つま先立ち体操等も行ってきました。

 その結果年明け頃からそういった予兆はまったく感じなくなっていましたので、生活は徐々に元の状態に戻っています。すなわち気がつかないうちに水不足、足先の冷え、過食気味ということですが、さすがに過食については、少し気をつけるようになっています。

 そんな中、年末の痛風症状は本当に過食と水不足だけだったんだろうか、とふと思うようになりました。と言うのも気になることが出てきたからです。

 それは何かというと「豆腐」です。私は豆腐が好きなので、11月頃の朝食で1週間のうち4~5日は豆腐を食べていたと思います。結論から言えば、大豆にはプリン体が多く含まれています。

 もしかするとそれを毎日のように食べ続けたことが、痛風症状のきっかけになったのではないかという気がしてきました。と判断する理由は簡単です。最近余り豆腐を食べていないからです。

 豆腐の食べ過ぎがもしかしたら痛風症状の予兆を引き起こしたのでは、と考えると、今現在あまり食べていない状態でほとんど症状を感じない理由が簡単に説明できます。

 というわけであらためて「豆腐の過食と痛風」という語句で、今ネットを検索してみたところ、豆腐の過食は、豆が持っている窒素化合物が血液中に増え、それを排出するために腎臓の負担が大きくなり、血中の尿酸の濃度が高くなる恐れがある、という記述を見つけて納得。

 豆腐は健康食品であるという記述と、私自身が豆腐好きであるという二つの条件から、つい多めに食べてしまうのかなと思われますが、いくら健康食品と言われているものでも、食べ過ぎは、特定の成分が多量に体に入ることになり、臓器の負担が増し、思わぬところで健康を害する症状がでるのかなというように感じています。

 過ぎたるは及ばざるがごとし、ですね。 
 

第785回 痛風その後とアルコール依存について

 痛風症状ですが、徐々に収束しつつあるようです。痛みはなし、少しだけはれていたのもほぼ消えました。若干赤味が残っています。

 今回予兆を感じた時、すでに親指が赤くなって少しはれていましたから、そのまま気がつかなければ症状は進行し、かなり痛い思いをしたのではないかと思っています。

 気がついてから行った対策はすでに書いていますが

① を意識して多めに飲む
 血液中の血しょう濃度を薄くして、結晶化し始めた尿酸を少しでも溶かす。

② 食事、特に朝食の量を減らす
 過去の経験で朝食を食べ過ぎている期間が長いと症状が出るような気がしています。もちろん昼食や夕食も控えめにしました。

 プリン体どうのこうのと言うより、食事の量が関係するように思えます。

③ アルコールを控える
 後述します。

④ 運動をする
 普段からやっていれば問題ないと思いますが、ここのとこと急に寒くなって、ウォーキングの回数が減っていました。なお、ある程度痛くなってから運動すると、かえって悪化するという事を聞いたこともあります。

⑤ 果物を食べる
 夏場はスイカやバナナをよく食べていたのですが、秋口になって食べる量が減りました。今は柑橘類の季節なので、これを食べるようにしています。秋口に葡萄を食べるべきだったかなと思っています。

 ただし果物が痛風に良いかどうかはよく分かっていません。単純に体によいとされているので食べた方がよいと判断しているだけです。

 というわけで、結局医者には行かず今に至っています。行ったとしても結局は対処療法しかなりませんから、基本的には自分で意識して体調を良くするしかないと思っています。

 アルコールですが、通常の飲酒量は発泡酒500mL1本(麦とホッップ)、その後焼酎の水割り(20度のいいちこを40mLぐらい注ぎ、これに水を足しています。かなり薄いです)を3杯。

 発泡酒のアルコール含有量を5%とすれば25mL。焼酎は1杯40×0.2=8mLで、これが3杯なので24mL。合計約50mLと言うのが、日常的な飲酒量です。

 これを3月のインフルエンザ時に数日やめてから約8ヶ月、休肝日なしに飲み続けています。そこまで飲み続けてやめられるのかという問題がありますが、痛風の痛さを考えるとやめざるを得ませんでした。

 以前も突然断酒に踏み切ったことが何回かあり、その時はやめた日から数日眠りの浅い不眠状態が続いたりしましたが、今回はほとんどなし。

 やはり量が少ないのが幸いしたかなと思っています。ただこの先また飲み始めれば、飲み続けるだろうなあとは思っています。その意味では軽度のアルコール依存症と言えるかもしれません。

第783回 体調不良の周期性と痛風対策

 痛風の予兆についての記事を書き続けています。以前にも書きましたが、人間の体調は周期的に変化するような気がしています。その周期は、私の場合以前35日ぐらいと書きましたが、人によっては25~35日になっているみたいです。

 というわけで、前回体調が思わしくなかったのはいつ頃かなと、このブログの過去の記事を拾ってみると、9月27日の第718回で「知らないうちに血圧上昇」という記事があり、その後10月4日ぐらいに「再び一時的な血圧上昇」という記事があります。

 次に体調不良の記事が出てくるのは10月18日の第738回で「今年は喘息症状が強い気がします」という記事。さらに11月7日の第757回で「突然の血圧上昇」。

 この近辺で過去のページを調べて、体調不良の周期は35日ぐらいと書いています。その後自転車のペダルが軽く感じられる等、体調は良好ですが、 12月1日の第780回で「痛風の予感」がありました。

 単純に月日だけ並べてみると、9/27、10/4、10/18、11/7、12/1となって10月18日の喘息症状を除くと、ちょうと月をまたぐ時期に体調不良の時期が重なるような気もします。つまり周期は35日ではなく30日前後であるということです。

 若干こじつけもあるので真偽のほどは分かりませんが、確定的な周期日数はともかく、体調に波があるのは事実のようです。

 そうゆう時には、私の場合、血圧上昇、痛風予兆、喘息症状、アトピーの痒み増加といった持病のどれかに変化が生じているような気がします。

 それはそれとして痛風の症状ですが、赤味はほとんどなくなりましたが、ほんの少しはれているのが分かります。痛みはありません。時々「チクッ」といった痛みを感じることはあります。しかし一時期感じていた爪先の冷えがなくなりました。

 赤くなっていた頃は、足先を触ると冷え切っていたのですが、今はほのかに暖かいです。夜布団の中に入っても足先が冷たいと感じることはなくなりました。

 実行していることは、水を飲む。食事を控えめ。アルコールはなし。という飲食関係を基本にして、以前にも書きましたが、寒いので室内での運動(ラジオ体操、スクワット、斜め腕立て伏せ、足踏み等)をやっています。

 昨日は近所のカインズホームで、ボア付きのスリッパと、イボ付きの健康サンダルを買ってきて、今のようにコンピューター前で作業をしているときはボア付きのスリッパを履き、家事で動き回っているときはイボ付きのサンダルを履くようにしました。(我が家はすべてフローリングしようなので、室内でのサンダル履きも可能です)

 ついでにダイソーで青竹踏みグッズを探したのですが見つかりませんでした。

 一方気になっているのは、酸性に傾いた血液です。これは食事で改善するしかなさそうです。野菜(ゴボウ、ニンジン、サツマイモ、キャベツ、大根等)、酢、レモン、梅干し、海藻、牛乳等が該当するようですが、私は肉は控えめ、野菜はかなりこの秋から冬にかけて食べているので、これ以上はちょっとと言う気もします。

 現状でもう少し足しても良いかなと思える物は酢、梅干し、牛乳あたりでしょうか。ただし牛乳には食べ合わせに関する問題もありますので、これらを一緒に食べることは避けないといけません。(酢と牛乳を同時に飲む人はいないと思いますが)

第781回 痛風の顛末と予防、予兆後の対策

 痛風騒動の顛末ですが、結局医者には行きませんでした。実は診療所の駐車場までは行きました。ところが土曜日のせいか大混雑。しかもチラッと待合室を覗くとみんなマスクをしています。

 私もうっかりしていたのですが、この時期に診療所に行くときはマスクは必携ですね。咳をしている人もいっぱいいます。その様子をみて、待合室で咳にさらされながら30分とか1時間とか待つのは厳しいなと判断。そのまま戻ってきました。

 しょうがないので、昨日も食事を控えめにして水を一杯飲んでいます。今の所少しずつ赤味が消えて、はれも引いてきたようなので、体調に注意しながらこのまま様子を見ようと思っています。痛みはほとんどありません。

 ちなみに水を飲む量を増やすのと同時に、アルコールも控えています。今年の春にインフルエンザにかかり、このとき数日禁酒をしましたが、それ以来ですから、およそ7ヶ月飲み続けています。

 といっても酒量は日本酒換算2合程度かなと思っています。(それでも多いだろう、と言う人はいるかもしれません。健康のためには1日1合程度、と言う記述を見かけることが多いです)

 禁酒をすると、いつもは第一日目の寝付きが悪くなり、眠ってもその眠りがひじょうに浅くなるのですが、今回はそういった現象をほとんど感じませんでした。

 また気分的に、夕飯時になると「ちょっと飲みたいな」という気持ちが強くなることが多かったのですが、今回はそれほどでもありません。

 もしかすると単に習慣として飲んでいただけで、「よし今日も飲むぞ!」といった欲求が、年齢と共に薄れてきたのかなとも思います。寒くなってきたので尚更かもしれません。

 というわけで、痛風騒動は現状維持で徐々に収まってくるのではないかと期待しています。

 結局痛風の発作は、まだ予断を許しませんが、如何に早く予兆を感じるかですね。今回は私もうっかりしていて、予兆サインが出ていたのに、体調が良好だったため、あまり気にしていなかったことが、赤味とはれという症状まで招いてしまったと判断しています。

 本来は足の親指にムズムズ感が出たときに、すぐに断酒、食事量を減らす、水を多めに飲む、さらに血液が酸性化していると尿酸の溶解度が下がりますので、出来ればPHを塩基性方向に上げたほうがよいという事です。

 そこでふと気がついて、過去の血液検査の結果でPHを見てみたら、5~6と言うのが多いですね。これは余り意識していませんでした。さらに我が家の連れの値を見てみると6~8ぐらいです。やはり私の血液は酸性度合いが強いため、尿酸値がちょっと高くなると尿酸の結晶が出来やすいように思います。

 この酸性度を解消するためには、まずアルカリ飲料が良いのかもしれません。(我が家の水は浄水器を使っているので、基本的にはアルカリイオン水になっているように思います)

 アルカリ食品としては海藻関係ですね。今日はヒジキの煮物でも作って少し多めに食べてみます。果物はバナナが良さそうです。今はリンゴを食べながらこれを書いています。

第780回 痛風の予感。油断大敵

いやあ、すっかり油断していました。夏に行った血液検査の結果が良好。なおかつ血圧は下がり気味。ここのところの冷えで時折食事前に急にポンと上がるときがあったものの、一時的なものでした。

 これについて調べると、どうやら食事の支度を始める頃から、交感神経系が緊張を始めるようです。普段なら気にならない程度だと思いますが、例えばデスクワークをず~っとしていて、そこから急に立ち上がって料理とかを始めると、体を活動状態に持っていくために交感神経が活動を始め、血圧が上がるみたいです。

 逆に食後は食べたものの消化吸収をするために、血液が胃腸に集まるため、血圧は少し下がるようです。

 ウォーキングや自転車、低山ハイキング、室内での運動等を行い、さらに食事は家庭菜園の物を主体に食べていましたし、インフルエンザの予防接種も終え、今年の体調はそれほどぶれることはなさそうだな、と感じていました。

 ところが3日ほど前に何となく左足の親指に違和感があるのを夜寝てから気がつきました。お馴染みの「痛風」の予兆です。

 しかしこれほど健康に良いことを毎日実践しているのだから大丈夫だろうとその日はそのまま就寝。翌朝親指はまったく問題なし。というわけでそのまま忘れてしまいました。

 その日の夜、忘れていたはずの親指に再び違和感を覚え、さすがに「これは2日連続だ。いつものように少し多めに水を飲んで寝よう」と考え、寝る直前300mL程度の水を飲み就寝。寝ているときは特に問題なし。

 翌朝つまり昨日ですが、朝起きて靴下を履こうと思ったとき、「そういえばあの違和感はどうなったんだろう」と気がつき指先を見ると・・・・はれている。しかもいつもよりかなり赤味が増している。

 痛みはないものの、見た目に親指がちょっと膨れていることがはっきり分かり、皮膚の色もその部分だけ赤くなっています。「これはいかん。大変だ。医者に行こうか。嫌しかしまだ痛みはない。もしかしたら痛風ではなく、単なる虫さされかもしれない。しかも今日は仕事だ」等々、自分に都合の良い理由を並べ立て、「とりあえず今日いっぱいは水をがぶがぶ飲んで様子を見よう」と判断し仕事へ。

 仕事中も折に触れて水分を補給し、数時間毎にトイレへ。自宅に戻って恐る恐る靴下を脱ぐと・・・・「おっ赤味が少し引いている。しかも痛いようなむず痒いような症状も少し消えた」と感じ、そのまま水を飲み夕食へ。

 しかし体調が良かったのに何故だろう?と考え、ふと気がついたのが水分不足。ここのところの急激な寒さで、水を飲む量がすっかり減っていました。しかも体調が良買ったため過食気味

 昔に較べると家にいる時間が増え、10時とか3時にちょっとお菓子をつまむなんて、これまで30年ぐらいやっていなかったことが、いつの間にか習慣になっています。

 というわけで、どうやら体調を過信して油断していたのがいけなかったようです。今日も何となくまだ違和感があります。赤味はかなり引きましたが、まだ少しはれている感じ。もしかしたら明日あたり一気に激痛が来るのではないかと感じる部分もありますので、今日の午後は医者に行こうかと思っています。

 因みに痛風の初期症状を感じた時水を大量に飲む理由は、その水で血液の粘度を下げ、痛風の根本原因である尿酸の結晶を血液に少しでも溶かせば、症状がやわらぐはずだと思っているからです。
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
33位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。