FC2ブログ
HOME   »  アトピー性皮膚炎
Category | アトピー性皮膚炎

第1668回 アトピー症状の悪化と、私の対策

 今回のアトピー症状の原因ですが、絶対にこれだというものはありません。20年ぐらい前にアトピーが最盛期だったころ、三度の食事内容と、その後の痒みの感じ方を一覧表にまとめて追跡調査をしたことがあります。

 この時何となくですが原因は食品中の化学物質や糖分にありそうだということが分かりました。具体的に言えば、砂糖、増粘多糖類といったものです。

 その他具体的な食品名では、こんにゃく、たけのこ、日本酒、生ビールなど。特に生ビールについては、企業名によって製法や成分が違うのか、アトピーが悪化するというか、飲んだだけでむずむずしてくるというメーカーがありました。

 というわけで、何やら怪しいなと思った食品を極力避けるような食事にしたところ、本当に徐々にではありますが症状が治まっていき、いつしか痒みや傷、皮膚の発赤といった症状はなくなりました。

 ただしその治癒過程は非常に緩慢としたもので、その間にどうしてもこらえきれなくなり生ビールを飲んで症状がぶりかえすということも何回か経験しています。

 結局見かけ上全快するまで数年かかったような気がします。ただしその後は時折なんかの拍子に痒みをかんじることがありました。ただ大量かつ継続的に同じものを食べなければ悪化することもなく、一時的な痒みで済むようになりました。

 というわけで、やはりアトピーは症状が出たら原因物質を早期に発見し、そういった物質を避けるに限るということを自らの体で納得。

 そして昨日の記事につながるわけですが、昨年の夏にクモ膜下出血を発症して以来、原因は動脈硬化や血圧の変動にあるということが分かってきたので、食事にも気を付け、朝晩の20分程度のストレッチ、外が温かいときはウォーキングというのを続けた結果、このところ降圧剤を服用しているものの血圧は安定。

 ということで、いつしか健康に対する気のゆるみがあったようです。実はクモ膜下出血以来、アルコールもすべてやめてしまい、それも血圧降下に役立っているのではと思っているのですが、その反動からか時々甘いものを食べるようになりました。

 具体的にはチョコレートや饅頭の類で、その上アルコールの代わりに飲み始めたコーヒーや紅茶に甘みが欲しくなり、ついつい砂糖の摂取量が増えていったようです。

 砂糖は白砂糖ではなく、体に良いと思われるキビ砂糖を使っているので、ここにも油断があったようです。というわけで、この春から夏にかけ、徐々に糖分摂取量が知らない間に増加。

 それがたまりにたまって、ある時堰を切ったように症状が現れるということになったように感じました。今回のアトピー症状の原因で思いついたことはこれだけです。

 従って、「なるほどそうか」と思った日から、基本的に甘いものは控えるようになりました。すると当初入浴中に血液循環が良くなって感じる痒みも徐々に減ってきて、最近は入浴中に掻きむしるということもなくなりました。

 しかしその後症状は一進一退。たぶん体内にたまった悪い成分の大部分を体が体外に押し出す作用があるのではと思っているのですが、ある程度出るまでは症状が続くということですね。
 
 結局9月10月は症状悪化に悩み、11月ぐらいに上記のことに気が付いて糖分摂取を控えたところ、12月から痒みは大幅に減少。ただしそこからが長いですね。

 年が明けて今もお風呂に入るとつい手が足の甲に伸びてしまいます。しかしまあ峠は越したようなので、ここから先は粘り強くというか、ともかく糖分摂取を控えることを我慢強く続けるしかないと思っています。 

第1667回 久しぶりのアトピーで、足の甲を掻き壊しました

  明けましておめでとうございます。今年もぽつりぽつりと更新を続けようと思っています。振り返ってみると、次はアトピーについて書こうと書いていたのに、年末年始の慌ただしさや、持ち前のぐうたら根性、健康問題は文章を書くのが大変という意識があり、気が付いたら最後の更新から一か月が経過していました。

 というわけで、この間のアトピー症状の悪化と現状についてまとめておきたいと思います。先ず昨年9月の頃ですが、風呂に入ったとき、親指の付け根あたりにむずがゆさを感じ、当初は「痛風」の再来かとちょっと焦りました。

 「痛風」そのものは、20年ぐらい前に一度経験して痛い目にあってから、食事や足の指近辺の痛みに敏感になり、そういった兆候を感じると、食事の内容を見直し、水分補給を増やしたりして何とか再発せずに今日に至っています。

 というわけで、親指の付け根のむずがゆさを感じて、ちょっと慌てましたが、痒さから痛みに発展することもなく、「まあ大丈夫だろう」と判断。

 ところがやがて風呂に入るたびに痒みを感じるようになり、暖かいお湯の中で、自然に手が足の指に向かいます。アトピーの痒みというのは、その部分に手や指が触れ、接触するようになるとますます痒くなるという性質を持っています。

 それでも症状が軽いうちは、ちょっと掻くと気持ちもよくなり、痒みもおさまるのですが、ある限界を超えると、掻いた瞬間に快感を感じるようになり、さらに痒くなるという症状が出てきます。

 この時、意思の力で掻くことをやめることができればいいのですが、症状が重くなってくると、掻けば掻くほど快感が増し、さらに痒くなるという悪循環に陥ります。

 そうなると、むずがゆい、掻く、気持ちが良い、さらに痒くなる、掻く、皮膚表面の状況が悪化、アトピー症状、皮膚全体に傷、赤い炎症、あちこちにかさぶた、かさぶたが取れるときにむずがゆさ、また掻く、これの繰り返しということになります。

 というわけで、今回はその悪循環に陥り、足の甲全体が赤くなり、あちこちに傷ができ、ようやく「こりゃ絶対アトピーだ」と確信しました。

 そう思って、当初は痒みだから「ムヒ」で十分と思っていたのですが、こりゃきちんと対策しないとまずいぞと思うようになり、先ずは原因について考察。その結果については明日まとめようと思います。


第1371回 アトピーに注意しながら、充実した生活を目指して

 エアコンを効かせた部屋でこれを書いています。28℃設定ですから、動き回ると暑いのですが、こういったブログの更新ぐらいなら、なんとか我慢できます。

 しかし、いつものデスクトップパソコンの部屋は気温が34度。たまったもんではないです。朝方は雨が降って少しだけ涼しかったので、10時半ごろ家庭菜園で除草を開始。

 猛暑で作物の方は息も絶え絶えという感じですが、雑草の方は元気いっぱいで嫌になります。しかも玄関を出たときは曇っていたのに、11時を過ぎるころから急に青空が見え始め、あわてていったん家に戻り帽子着用

 再び除草を開始しましたが、暑い!首筋や背中がじりじりします。しかも朝方の雨で畑の土が水分を含んで、妙に蒸し暑い。結局熱中症になってしまった葉大変だと判断し、1時間半ぐらいの除草作業でしたが、汗びっりょり。

 そのままにしておくとすぐにアトピーが悪化するので、温度設定を低めにしてシャワー。しかしシャワー後も汗が噴き出てくるので、リビングへ避難し、エアコンのスイッチオン。

 冷えるまでの10分ぐらいは汗が次から次へと出てきましたが、まあ健康な証拠だろうと思いつつタオルでふき取っていると、やがて室温も下がり、ようやく落ち着いた状況になりました。

 ちょうどお昼の時間になったので、買い置きのそばをゆでて、ざるそばが昼食。食欲は衰えていないので、夏バテにはなっていないようです。エアコンが効いているのでアトピーもちょっとムヒをつけたぐらいで、なんとか収まりました。

 その後40分ほど昼寝をしましたが、この時期の昼寝は実に快感です。昼を食べて、ちょっとブログの更新をしたりしていると、何となく眠気が押し寄せてきます。

 ちょっと横になるかと思って体を横たえた瞬間にす~っと寝ている感じ。夜寝るときの入眠とは全く違っているので実に不思議です。

 しかも30分から1時間ぐらいで自然に目が覚めます。冷めた直後はちょっとぼ~っとしていますが、その後は5分ぐらいですっきり。身体もしゃきっとする感じです。

 というわけで、更新作業をしたり、8月上旬からハワイに行くので、その準備をしたりしていたら、いつの間にか5時を過ぎていました。

 この後は夕食の準備。なんだか毎日が飛ぶように過ぎていきますが、まあ充実した生活をしているからだろうと解釈しています。

第1370回 猛暑で久しぶりにアトピーが悪化しています

 連日の暑さに加えて湿気がすごい。そのためか汗が蒸発せず、ついにアトピー症状再発。6月にバンコクに行ったときは、最高温度は33度ぐらい。

 夜は30度弱で、蒸し暑いものの昼間むやみに出歩くことを避ければ、まあ何とか生活できる環境でした。実際暑い場所でよく感じる痒みはまったく感じることなく6月24日に帰国。

 帰国後は雨が続き、「まったく日本の梅雨は長雨でいやだな。バンコクみたいに夕立がざ~っと来て、さっと晴れあがる方が気持ちがよいな」と思っていました。

 しかし雨のせいか、湿気は多かったものの気温は上がらず、25~30℃ぐらいだったと思います。汗をびっしょりかくというようなこともなく、やはりアトピー症状はなし。

 ところが太平洋上に同時に3個の台風が出現し、これが梅雨前線を押し上げたころから猛暑到来。私の住んでいる埼玉県では、連日のように35℃越え。

 しかも低気圧が日本海側に進むことによって、太平洋側から湿った熱い空気が関東に流れ込みますので、湿度も妙に高い。夜になって外に出ると低温サウナのような感じ。

 これでは夜安眠できないと思い、ついにエアコンの利用も開始。これを使うと湿気は少なくなりますが、逆に乾燥しすぎる場合もあり、朝方は皮膚がかさかさになっていることもありました。

 結局暑い日中の活動で汗をかき、夜はかさかさ肌という繰り返しが続いたせいか、5日ぐらい前から両手のひじの内側が徐々にムズムズしてきて、気が付くとつい掻いてしまいます。

 「こりゃいかん」と思ったときは、水で洗ったり、私のブログの読者の方からいただいた、肌にやさしい手作り石けんで汗を落としたりしているのですが、それにも限界があります。

 特に夜寝ているときの痒みは、いちいち洗面所に行って手を洗うのも面倒に感じられ、枕元に置いてあるムヒを使って、とりあえず「痒い」という感覚を押さえつけています。

 今このブログを書いている場所は、一応エアコンをかけて27℃設定にしているので、とりあえず痒みは収まっていますが、ひじの内側はうっすらと赤みがさしていて、この後この部屋の外に出てちょっとでも汗をかくと痒みが一気に押し寄せてきそうです。

 全く厄介な体だなと感じていますが、過去にも書いた通り、これはある意味過剰な免疫反応ですから、考えようによっては、まだまだ免疫が活発に活動しているんだという証明にもなりそうです。

 しかし痒いことは間違いないです。大人ならこうやって理屈をつけて我慢できる部分もありますが、幼児や子供さんの場合、ケアが大変だろうなと思います。

第1317回 ハッサクチューハイでアトピー症状改善?

 4月1日から新年度に入り、食品の値上げ、軽自動車税の値上げが報道されています。私も一部の食品を買ってきましたが、その節約総額は1000円にも満たないのではないかと思ってます。

 結局日常生活の中の無駄を省くというのが一番の節約であり、さらに言えば自身の健康を維持することが、医療費の節約にもつながると思っています。

 その意味では毎晩飲んでいるアルコールの量を少しは抑えないといけないなと思っているのですが、このところの陽気に誘われ、さらに家庭菜園の準備やウォーキングの運動により、ビールがおいしく感じられ、つい飲みすぎてしまい反省ばかりです。

 幸いにして、夜は良く眠れ、目覚めもすっきり。血圧も暖かくなってきて低下傾向。家庭菜園で除草をして急に立ち上がると立ちくらみを感じたりしますので、少々下がりすぎかなという気もしてます。

 その意味では昨年はやりませんでしたが、一昨年のようにいつも服用している降圧剤の量を少し減らしても良いかなと思っています。

 またアトピーですが、ハワイに行って1週間ぐらい経過した頃、右手甲の乾燥が少しずつなくなり、帰国時にはほぼ通常の皮膚に戻っていました。

 さらに帰国後再び悪化するのではと危惧していたのですが、このところの暖かさと、もう一つ実行していることがあり、それが功を奏しているのではと密かに考えています。

 それは何かというと、果汁の摂取です。そもそもハワイでアトピー症状が軽くなるのは、気候という環境因子ともう一つ、果物摂取量が多くなることによるのではないかと思っています。

 実際に日本で生活しているときも、冬場の乾燥肌に対してみかんの摂取量を多くするとはだの調子が良いように感じられていました。

 というわけでようやく今日の本論ですが、実は息子が幼児のときですが、狭い庭の片隅に「はっさく」の種を植えました。この種も単にスーパーかなんかで買ってきたものですが、何とそこから芽がちゃんと出て、およそ15年間、単に枝が増えるだけでしたが、昨年あたりから突然実が出来るようになりました。

 今年は50個ばかり取れ、私はそれを半分に切って果汁を絞り、夜の晩酌の焼酎に入れています。要するにハッサクチューハイという感じでしょうか。

 これをやり始めてから、割と皮膚の調子が良いように感じています。もちろん気のせいかもしれませんが、通常時よりビタミンCの摂取量は増えているように思います。「だから今年は風邪もひかなかった」と勝手に解釈しているのですが、真偽のほどは不明です。 


第1312回 果物はアトピー症状を軽減?

 昨日夜ハワイから帰国しました。帰国後にヨーロッパのLCCの墜落事故のニュースを見て、やっぱり飛行機は怖い乗り物だなと改めて感じています。

 確かに事故の確率は他の交通機関に較べるとかなり低いのだとは思います。しかし高空で事故がおきたら、乗客として自分で出来ることはほとんどありません。

 それに較べると、地上を走る自動車や電車の事故は、確率的には高いのだと思いますが、怪我の程度は軽いことも多く、また自分の意識次第では、事故率を軽減させることも出来ます。

 だったら飛行機に乗るなという結論になるのですが、精神衛生上非常に爽快になれる海外旅行には今後も行きたいと思っていますので、できることは旅行に行く場所を充分検討すること。

 さらに信頼できる航空会社を選ぶことが大事かなと思っていますが、航空会社も飛行機の整備状況等を公開すべきだろうなと思っています。

 それはそれとして、前回少し触れましたが手の甲のアトピーは、前回のブログを書いた後ぐらいからどんどん症状が良くなり、今は通常の皮膚と変わらない状態になっています。

 ということは、前回推測した海水でアトピーが良くなるわけではなく、その他の要因が考えられ、その要因によって症状が良くなるまでの日数が1週間程度必要だったということになります。

 ではその要因とは何か?日本とハワイの違いで、特に皮膚に影響を及ぼすような要因として考えられるのは、大気に含まれる微量成分や紫外線と食生活しかないように思えます。

 中でもやはり食生活の影響が大きいのかなという気もしているのですが、もしかするとハワイに行ったとき必ず飲んでいる、いわゆるハワイ産のミネラルウォーターの影響かもしれません。

 また食べ物のほうは、前回も書いたようにともかく1人前の量が多く、しかも肉食系の成分が多いので、これはむしろアトピーには良くないのではと思えます。

 しかし現実に皮膚症状が軽減しているわけですから、それ以外にも何か要因がありそうです。そう思って、それっぽい要因を考えてみると、水と食生活以外では、ジュースの摂取量が日本に較べると私の場合ハワイの方が圧倒的に多くなります。

 特に個人的に好きなのがピンクグアバのネクタージュースで、ちょっと甘い感じもするのですが、これをおよそ10日間の滞在中に3パック(たぶん6Lぐらい)飲み干しています。

 その他に街中を散歩中、ジュースやスムージーを飲み、朝食のデザートでイチゴを食べたりしていましたので、要するに果物系の摂取量が日本とはぜんぜん違っていたということです。

 だからアトピーには果物が良い、とすぐに結論付けできるわけではありませんが、冬場にカサカサ肌になったとき、みかんを一杯食べると症状が若干改善したときがあり、なんとなくですが果物はアトピーに良い、という印象をもっています。

第1310回 健康に過ごしていますが、気になるのは花粉

 1年の中で、もっとも体調が安定しない12月~2月という時期を今年も無事に乗り越えて、暖かい日はウォーキングや家庭菜園の除草なんかを始めています。

 寒いときの対策として、12月から1月にかけては、ショッピングモール内のウォーキング、室内でのラジオ体操、ストレッチ、さらに入浴中の手のひらマッサージや足の裏マッサージ(というか自分の親指でつぼと思われる気持ちの良い部分を押すだけで、効果があるのかどうかは定かではありません)を行っていました。

 2月からは、時折暖かい日があったので、いつもの河川敷のウォーキング。何回も書いていますが、1時間ほど歩くと、玄関を出たときはちょっと寒く感じても、帰って来る頃は結構体が温かくなっています。

 夕食事のビールもおいしく感じられ、寝つきもよく、やはりウォーキングは健康維持の要だなと意識しています。

 3月に入り、ズーム倍率の高いデジカメを購入したこともあり、これで野鳥撮影をするために、ウォーキングに出かける動機付けも強くなりました。

 購入したデジカメはパナソニックのFZ70という機種で、コンパクトデジカメですが60倍というズームが効くので、遠くからの野鳥撮影に向いています。

 さらに3月は、家庭菜園のジャガイモの植え付け時期なので、先ずは冬場に成長していた除草を開始。さらに植え付けのための畝作りを行い、今日明日中に植え付けの予定です。

 今日の朝は遅霜が降りて畑は真っ白で、時期的にはちょっと早いのですが、13日からハワイに遊びに行く予定があり、帰国を待っていると今度は植え付けの時期を逃してしまいます。

 というわけで、畑仕事もしなくてはならず、一方、こういったブログ書きで知りあった読者の方とのメールのやり取りで刺激を受け、最近になって、以前少し真面目に練習していたフルート練習を復活。

 夕方4時ぐらいから夕食準備までの1時間半ぐらいを練習時間にしていますが、フルートという楽器は腹式呼吸をして大量の息を吸い込む必要があるので、自然に深呼吸代わりになっているのではと思っています。

 その結果肺の中の古い空気が排出され、新しい空気を大量に取り込むことにより、血液内の酸素濃度も高くなり、より健康的になれるのではということです。

 ただ、この間心配なことが一つだけあります。それは今日もそうですが「花粉」。家庭菜園の世話は外の作業が必要になり、フルートの呼吸では室内とはいえ大量の空気を吸い込むことになり、必然的に体内の花粉量も増えているような気がします。

 花粉が体内に入った場合、どのように分解、消化されるのか私はまだ調べていないので良くわからないのですが、このところ感じている若干のアトピー症状の一因になっているのは間違いないように思います。

 13日からハワイに行くので、現地入りして今感じているアトピー症状がどう変わるのか?変化を観察しようと思っています。



検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
33位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。