FC2ブログ
HOME   »  老化、老衰、認知症
Category | 老化、老衰、認知症

第1628回 認知症ドライバーの激増は深刻な問題

  昨日週二日通っているリハビリ病院へ、リハビリ&筋トレを兼ねて車で向かったのですが、見通しの悪い交差点で危うく交通事故を目撃するところでした。

 私の方が優先道路で前に1台。ちょうど見通しの悪い交差点を前の1台が通過しようとしたとき、左からほぼノーブレーキで車が走って来て、前方を通過する私の前の車を見て急ブレーキ。

 衝突直前で停まりましたが、運転手は初老の男性。何が起きたんだろうと不思議そうな顔をしてましたが、要するに一時停止の標識を見のがし、そのまま交差点に入ってきたようです。

 しかし停まるだけの反射神経があったから良かったようなものの、そのままスーと交差点に入ったら、前の車か私の車がぶつけられたと思います。

 10年以上前ですが高速道路で片側3車線の道の中央の走行車線を走っていたら、突然前方に対向車が表れどんどん近づいてきます。こういう時の思考は、一瞬訳が分からなくなります。

 「あれ?俺は高速の走行車線を走っているんだから、前方から車が来るわけがない」と思うわけですが、ではどうすればいいのかというと、判断停止の状態になります。

 そんなことを思っているうちに該当の車は通常の道と同じように右側を通過。あとになって、なるほどあれが高速道路の逆走かと気が付きましたが、その頃になってようやくことの重大さに気が付き、気を落ち着かせるためにサービスエリアに入って休憩。

 いざとなると人間の思考は停止していしまい、使い物にならないんだなという事がよく分かりました。しかしそれはそれとして運転していたのはやはり高齢者。

 この頃から徐々に認知症がらみの事故が増えてきたのだと思います。しかし当時と今では認知症の人数も激増。10年前は400万人ぐらいでしたが、現在は600万人ぐらい。

 さらに10年たつと800万人ということで、高齢者の3人に1人は認知症という事だそうです。こうなると自分が認知症になる不安はもちろん、認知症の人が運転する車にぶつけられるという不安も大きくなります。

 免許返納制度もだいぶ行き渡っているようですが、私が住んでいる地域では、日常的なスーパーへの買い物や医療機関への移動という点で車がないと不便だなと感じることは多いです。

 つまり車は必要。しかし危険と隣り合わせという事で、私自身困った問題だなと思っています。そう考えると、今は過重労働で深刻な問題になっている宅配についても今後は真面目に考えないといけないなと思っています。

 しかしこのあたりもっと不便な時代を生き抜いた昔の人はどうしていたのか?車がなければ自転車や歩きで行くしかないわけですが、それが健康維持に役立ったとも言えそうです。

 しかし当時の平均寿命と現在の寿命は大きく異なります。平均寿命がどんどん延びた弊害だと思われますが、さてどうしたもんか。解決策は全く思い浮かびません。

第1624回 カリウムを摂取してアルツハイマー病を予防する

  昨日は午前中確定申告の書類づくりをしていました。今年は医療費の領収書整理が大変で、面倒に思ってず~っと先伸ばしにしてきましたが、徐々に締め切り日が近づいてきたので、やむなくやっています。

 また午後は恒例のストレッチとリハビリ体操(筋トレ?)でした。およそ2時間、体をゆっくり曲げたり伸ばしたり、更にマシンを使っておもりを持ち上げたりおろしたり。

 終わるころには適度な疲労感を覚えます。もうこれで昨年11月14日の退院以来三か月半続いていることになります。同じころ退院した人で、最初の頃よくお会いする人も何人かいたのですが、いつの間にか姿を見せなくなっています。

 なかなか思った通りの効果が表れないとか、金銭的もしくは仕事の都合かなという気もしますが、顔見知りがいなくなるというのはなんとも残念です。

 さて高血圧になった人にはカリウムの摂取が勧められているようですが、このカリウムはアルツハイマー病を予防するという研究結果があるそうです。

 チリという国で、マウスにカリウムを含んだ水を8週間与えた群、水だけを8週間与えた群と比較したそうですが、与えたほうが認知機能の改善が見られたそうです。

 だから単純にカリウムを一杯食べたほうが良いという事にはならないと思いますが、現実に人間対象でカリウムを多く含んだ食事をしている人の方が高血圧と脳卒中のリスクが低下したという研究結果もあるそうです。

 というわけで、摂取しないよりはしたほうが良いだろうという単純な結論になります。ただし腎臓が弱っている場合、そこへカリウムを過剰摂取すると、腎機能そのものが損傷する可能性が指摘されています。

 まあどんなものでもほどほどにという事ですが、カリウムが体に良さそうだと聞いて、すぐに薬局に行ってカリウム製剤なんぞを買ってはいけないという事だと思います。(医者が処方する薬剤以外健康サプリはなさそうです)

 というわけで、カリウムを摂取したいなら通常の食物で摂ればよいという単純な結論になります。そこでではどんな食べ物に多く含まれているのか?これをネットで調べるのは簡単です。

 私が日ごろ食べているというか、クモ膜下になって以来、健康を意識して比較的多く多く食べているものは以下の通り。

 ホウレンソウ、白菜、ピーマン、ナス、里芋、ジャガイモ、トマト、大根、わかめ、納豆、牛乳、マグロ、アジ、バナナ、リンゴ等。当然他にもいろいろあるのだと思いますが、こういったものをまんべんなく食べていれば体には良さそうです。


 

第1489回 太ももを鍛えれば血圧が下がり冷えが解消?

 朝は涼しかったのですが、今日は暑くなるという天気予報だったので、早朝にウォーキングをしてきました。ウォーキングそのものはすでに細々ながら7~8年続けていますが、つい最近分かったことがあります。

 それはウォーキングで心肺機能を維持することは出来るけど、太ももの筋肉を鍛えることは出来ないというもの。私は「歩く」という行為の中に、当然のように太ももを動かす筋肉も含まれていると思っていたので、ある意味歩けば歩くほど太ももにも良いと思っていました。(もちろん多少は効果があると思いますが)

 ちなみになぜ太ももの筋肉を気にするかと言えば、自分自身の高血圧症状についていろいろ考えたり調べたりした結果、太ももの筋肉量が減ると、ここでの発熱が減り、体が冷えるということが分かったからです。

 高齢になると足が冷えるよく言います。実際私も若い時は真冬でも厚手のズボンを履いていれば特に問題は感じませんでしたが、50代後半から冬場に下半身の冷えを感じて、最近はいわゆる股引を手放せなくなっています。

 太ももと言うのは、人体の筋肉の中ではかなり大きな筋肉で、ここががっちりしていると内部の血管で発熱があり、それが体温維持に役立つということなのですが、それが衰えれば当然体が冷えて、血管も寒さを感じて細くなり、結果的に血圧を上げないと足の末端に血が流れにくくなるということです。

 足先が冷えると悩んでいる人も多いと思いますが、問題はふくらはぎや足先にあるのではなく、太ももの筋肉にもあるのではないかと思います。

 というわけで、太ももの筋肉維持の必要性を感じていたのですが、ここで冒頭に書いたように大きな思い違いをしていました。すなわちウォーキングだけでは、太ももはあまり鍛えられないということです。

 結局太ももの筋肉量を維持するためには、その部分を使うしかないわけで、屋外でその部分を使うのは坂道や階段を上がるときに、この筋肉を使って上に引き上げるという動作をすることになり、それが体に良いという結論になります。

 つまり年を取って、少しずつエレベーターやエスカレーターを使う頻度が増え、階段を避けるようになったため、いつの間にか太ももの筋肉が衰えたということです。

 さらに私の場合は57歳で早期退職をして、その後はフルタイムの仕事をしていませんので、職場の階段で上り下りをするという動きもいつの間にか減っていました。

 というわけで、「こりゃいかん」と思い、先日の雨の日、試しに自宅の2階に上がる15段ぐらいの階段を往復してみました。すると10回ぐらいで息が切れ初め、身体があたたくなり、15回位でもういいかなと感じ始めました。

 そこを何とか励まして20回の上り下りを終えましたが、その後足全体に疲労感が残り、改めて「筋肉がなえているなあ」と感じました。

 そんな経験を通して私のウォーキングは河川敷なのですが、その土手に上る階段があると、わざとその階段を上ったり下りたりして、ある意味無駄な動作をしながらのウォーキングに変えました。

 これまでより階段の上り下りが数回増えただけですが、何もやらないよりは良いだろうと思いますし、今は外出した時も、階段がある場合はそれを使うように意識しています。

 なお自宅で鍛える場合は、スクワットが一番いいみたいですね。これもたまにやりますが、連続だと20数回が限度。休みを入れて2セットとか3セットと言うようにしています。

 ちなみにその影響があったのかどうかは不明ですが、今年の夏も今はバルサルタン80mgを60mgに減量しています。血圧の方も120/70ぐらいで安定しています。(熱中症もどきの症状の時を除きます)


第1388回 高齢者の不安な運転、いずれは私も

 体調は良好。天気はさわやかな秋晴れが続き、肉体的にも精神的にも良い状態が続き、ブログの更新も滞っていました。そんな中、最近30代半ばから頑張って練習していたフルート演奏に再び目覚め、10年ぶりぐらいにほこりをかぶっていた楽器を持ち出し吹き始めました。

 春から練習を開始して、すでに半年が経過。しかし一人だけの練習には限界を感じたので、9月からは近所に見つけた個人の先生がやっているフルート教室にも通うようになっています。

 60代のおじさんが40代の女性の先生に、温かくかつ的確な厳しい指導をしてもらい、楽譜を読んでいるうちに「お、意外に吹けるじゃないか」という認識もあり、家での練習にも少し熱が入っています。

 そんな中、そろそろ新しいフルートを買ってもいいのではというアドバイスを先生から受け、昨日は天気も良かったので、とりあえずどんなフルートがあるのか銀座の山野楽器へ。

 でそこでの話は別のブログに書いたのでここには書きません。そこからの帰りの電車です。私が座っていた座席の横に70歳前後と思われるおばさんが3人座って世間話。

 聞くとはなしに聞いていると、話がご主人の車の運転の話になり、同乗していて反応速度が遅くなっているのが分かるので怖いと言っていました。

 そうすると怖いのでつい口を出したくなるけど、そうすると「うるさい!」と言って怒られると言います。しょうがないので口を出さないようにしているが、ブレーキ等のタイミングが遅いので、つい右足が動いてしまうようで、それをご主人に悟られ、そこでまたひと悶着、という話でした。

 なるほどなあ、やっぱり高齢者ドライバーは危険だと感じている人がいるんだと思いましたが、よく考えるとそんな車が日常的にあちこちを走っているわけですから、車内にいる人間より、路上の歩行者の方がよほど怖いです。

 先日も逆走ドライバーのニュースがありましたが、私もかつて関越道で一度だけ遭遇したことがあります。幸いに走行車線を走っていたので、追い越し車線を向こうから走ってくる車が見えたとき、「えっ嘘だろ?どっちに向かっているんだよ」と思っているうちに横を通り過ぎましたが、その間なんだか思考が停止したような不思議な気分でした。

 もし追い越し車線を走っていたら、そのまま正面衝突をしたかもしれません。人間いざとなると思考が停止し、危ないと分かっていてもなかなか回避行動はとれないものです。

 他にも日常的に、突然の車線変更や、ウインカー無しで曲がってみたり、50km道路を40km以下で走ってみたり、なんだか通常の交通ルールに全くそぐわないような車によく出会います。

 というわけで、自分もやがてそういうように反応速度が遅くなる時期がやってくるのだと思いますが、その時免許をどうするかの決断が独り者ならさなおさら難しいだろうなと感じています。

 そこでそれを少しでも遅くするために、日頃からの運動はもちろん、フルートを演奏して指の動きを維持することも大事だろうなと考え、練習にも気合を入れるようにしています。


第1348回 原因不明の突然死が増えている?

 数日前にNHKがクローズアップ現代で「突然死が増えて、死因解明が追いつかない」という特集をやっていました。

 この題名の予告を見て、てっきり原因不明の突然死が増えているので現場は混乱している。突然死の原因は何か?ということを究明する特集だと思って録画予約。

 昨晩ようやくそれを見る時間がありました。すると私の勘違いがすぐに判明。どうやら原因不明で亡くなった方の原因を探るための法医学関連の医師が不足しているという特集でした。

 つまり原因不明がテーマなのではなく、医師不足がテーマだったということです。別にそれはそれでしょうがないと思いますが、確かに番組を見る限り医師不足は深刻なようです。

 つい先日も新聞報道で、団塊の世代が高齢になったとき、首都圏の病院はそういった入院患者で溢れ、それ以外の人が充分な医療を受けられない可能性があるということが指摘され、地方の病院ならまだ余裕があるということでした。

 都市部への一極集中を避けるための政府の意図的な誘導ではないかと思えなくも無いのですが、確かに都市部には高齢者も多数いますから、その人たちが入院する事態になれば、それに続く私のような、今現在50代後半から60代前半の人たちは、入院しようと思っても空きベッドが無いという事態になりそうです。

 そう考えたら、早めに医療機関が整っている海外に移住するのも一つの考えだなということは別のブログに書きました。

 それはそれとして、個人的にこの番組の題名に関心があったのは、原因不明の突然死は本当に増えているのか?ということです。

 ウィキペディアで突然死の原因を見てみると、心疾患、消化器疾患、脳疾患に大別されていますが、それ以外の原因の方が多いような書き方です。

 番組中でも説明していましたが、要するに一人で生活している人が増えることによって、誰も知らないうちにこの世を去るという現象が増えているということのようです。

 後になって亡くなっているのが分かったということで、確かにその場合は原因究明が難しいように感じます。しかし立場を変えると、特に苦しむことなく突然死を迎えることになれば(いわゆるぽっくり病)、これほど理想的な最後はないようにも思えます。

 私の母親も言っていましたが、延命治療と称して体中に管を通されて生きながらえるのは避けたいなと私は思っています。しかし実際にそういう立場になったら、管を通してでも生きたいと思うかもしれません。

 このあたりはひじょうに難しい判断だと思いますが、少なくとも自分で選択できれば良いなと思っています。

第1324回 薬指を動かし、脳を活性化し、認知症を予防

 ちょっと前になりますが、目を開いたままで良いので片足立ちが出来るかという話題を書きました。20秒以上できれば、まだまだ脳の運動機能は健全で、平衡感覚もあり、認知症の恐れはなさそうです。

 一方逆に言えばこういった運動が出来ない場合は認知症になる可能性があるということです。さらに言えば、一般的には手先を動かしたりすることは、脳の働きを活性化させ、認知症予防になるということを知っています。

 というのが前置きですが、であるなら意図的に体のあちこちを自由自在に動かすことが出来れば、さらにその効果は高まりそうです。

 だとすれば、人間の場合普段最もよく使っているのは手だと思いますので、手先を動かす仕事をしている人は認知症にもなりにくいのかなと思いました。

 さらに考えを進めて、じゃあ手先をよく使う職業とは何だろうと考えると、人間国宝に代表されるような職業や外科医、さらにはピアノやギター等の音楽家なんかを思いつきました。

 ということはこれらの職業に付いている人は、長寿かどうかは不明ですが、少なくとも認知症にはなりにくいということなのかなと思い、さらにわが身を振り返ってみると、私は学生時代からクラシックギターを弾き、40代はフルートを練習。

 さらに最近、10年以上休止していたフルートの練習を再開したので、「こりゃいいや」と内心うれしく思いました。

 そんな中、その練習の記録代わりにブログも書いているのですが、ここのところ練習中に薬指の動きが、自分でも信じられないほどギクシャクしていることを知り愕然。

 「こんなに動かないんだ」と思いましたが、ということはこれが動くようになれば、さらに脳も活性化するのではと考え、動きが悪いことを具体的に知る方法はないかと調べてみると、これは実に簡単。机の上にどちらかの手を置き、他の指を動かさずに、最小は親指だけで机を叩く。1秒に3回ぐらいは叩けます。

 次に人差し指。これは意識してがんばると1秒に5回ぐらい叩けそうです。さらに中指も同様。ところが薬指になったとき愕然。最初は薬指だけを単独で持ち上げることすら難しかったです。

 脳から必死に「持ち上げろ」という指令を送るのですが、持ち上げる筋肉がどこにあるのか神経系が理解していないようで、その鈍い反応にイライラします。

 なるほどこんなにこの部分の動きは脳と神経系が活性化していないのかとびっくりしました。結局そのことに気が付いた日は、1秒に1回も上がらず、しかもその高さも5mmぐらい。情けない思いをしました。皆さんはいかがでしょうか?

 

第1315回 片足立ちで脳疾患の程度を把握

 私が今住んでいる場所に家を建てたのはおよそ20年前。近所の人ともすっかり顔なじみになっていますが、その近所の人たちは、私よりさらに一回り上ぐらいの世代が多いように見受けられます。

 平日にこうやって家でブログを書いたり買い物をしたりしていると、早い話が家の周りを歩いているのは高齢者ばかりです。どうやら私よりもさらに10年ぐらい前に家を建て移り住んできているようです。

 当然ながらそこで子育てが行われたはずですが、その子供たちはすでに30代となり、親とは同居せずより都会に近い場所に住んでいると思われます。

 というわけで、首都圏から電車で1時間ぐらいのこの地域は、今後ますます高齢者の比率が増え、様々な障害を抱えたり認知症を患ったりする人もそれに伴って増加するように思われます。

 実際昼間車を運転していると、自転車でヨロヨロ走っている人が、突然車線を変更し車の前を横切ったり、交差点の真ん中で突然停止し、進もうか曲がろうか迷っているとしか思えないような運転をしたり、必要以上の安全運転(30km/h以下)のスピードで走ったりと、「いったい誰が運転しているんだろう」と悩むことも多いです。

 スーパーのレジでは、店員さんに合計金額を告げられてから、大きな財布の口を開けて小銭を数えだしたものの、途中でいくらまで数えたか分からなくなってしまい、最後は店員さが財布の中を見て小銭を探すというような状況が日常的におきています。

 一般的に認知症と言われていますが、当然その境界線上の方も多数いると思われ、また常に周囲を把握する力が劣っているわけでもなく、なんかの拍子に(焦っているときなど?)混乱が増すということなのかなとも感じています。

 そんな姿を見て、時にはイライラしたりもしますが、場合によっては「もしかしたら自分だって」と思わないでもないので、そうそう批判は出来ません。

 そう思って、私自身はその対策のために、暇があるとウォーキングや家庭菜園で運動をして、旅行で新しい刺激を受け、読書をして頭をはたらかせているわけですが、自分の脳損傷の現状はなかなか客観的には見えないのも事実です。

 そんな時、片足立ちで脳疾患リスクがわかるという記事を見つけました。記事によれば、目を開けて片足で20秒以上立っていられれば問題は無し。

 これが出来ない場合、自覚症状がなくても脳内の細い血管が詰まっている可能性が高いそうですから、自分の現状がどうなのかを知りたい人は、まずはやってみることをお勧めします。

 ちなみに私は右足左足それぞれで片足立ちを試しましたが、目さえ開いていれば1分以上は大丈夫みたいで安心しました。


検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
28位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。