FC2ブログ
HOME   »  インフルエンザ、風邪
Category | インフルエンザ、風邪

第1854回 中国の新型肺炎対策、出来ることは限られている?

  中国武漢で発生した新型肺炎は、当初はあっという間に鎮静化するのではと期待していたのですが、ここ数日で拡散する一方だと思えるニュースが増えています。

 私が最初にこの病気に関するニュースに接したのは、確か昨年の12/8あたり。患者さんは1名で謎の肺炎というような見出しだったかも。

 しかし中国当局は感染拡大を甘く見たのか、初動が遅かったようで、年が明けてからはじわじわと感染が拡大。1/18になって患者数が40名を越して亡くなった方が2名という記事が出現。

 日本にいる私から見ると、まだまだ他国の出来事で、早く収まってくれればいいなと思っていたのですが、翌日の1/19になると感染者数が60名越え。

 「こりゃなんかまずいかも」という雰囲気がじわじわと浸透。しかも同時期に日本やタイあたりでも感染している人がいたことが確認され、拡大する一方だという印象。

 しかもニュースに寄れば、中国では1/24から春節が始まり、多くの人たちが田舎に帰ったり、海外旅行に出かけるようで、俄かに空港での対策が論じられるようになりました。
 
 しかし日本で確認された患者さんは、日本到着時に解熱剤を服用していたため、空港の体温感知システムには引っ掛からなかったという事で、だとすれば今現在もそういった状況で空港をすり抜けている人がいるかも。

 だとすればこの先は、各人一人一人が対策を講じるしかないのかも、と思っていたのですが、1/20になると患者数は198名と激増。亡くなられた方も3名に増加。

 さらに海外の機関の研究によれば、実際には2000人近い患者さんがいるのではという予測も発表されたりして、中国当局の発表そのものも過小評価なのではという不安が募ります。

 そして昨日は患者数が218名、亡くなられた方が6名と発表され、今日になると320名。さらに米国や台湾でも感染者が発見されたという発表。

 こうなってくると、この冬場はかなり深刻な問題になりそう。今のところ重症化するのは高齢者や持病のある人だけのようですが、ウイルスはその遺伝子情報が簡単に変化し、今後重症化することもあるなと考えるとかなり心配。

 私自身は小さいころから喘息に苦しめられ、そのせいか気管支が弱く、ちょっとした風邪でも長引くことがあり、予防の意味をこめて、今年もインフルエンザの予防接種は実施済み。

 しかし新型だとその効果は発揮できなさそう。だとするとできることは?と考えると、まあ通常のインフルエンザ対策しか思いつきません。

 3月にはタイ旅行を予定していたのですが、この騒ぎが落ち着くまでは空港には近づけないなと考え、予約作業はまったくしていません。

 現状のニュースを読むと、感染するような場所に行かないというのが最大の対策だと思いますが、それ以外に出来ることは、うがい、手洗いを励行し、免疫力をつけるために良質の食事と睡眠が必須だなと思っています。
 

第1482回 軽い気管支炎でクラリシッドを服用後軽快

 ツイッターとの連携機能を選択したら、余計なページが表示されてしまいました。すべて削除しましたが、ツイッターもやっているので、なんだかややこしいことになっています。

 5月8日にバンコクから帰国したのですが、どうやらバンコクで夜、遊び回っていたのがたたって風邪をひいてしまいました。結局その風邪は5月20日ごろまでかかって何とか復調。

 よしこれでOKだと思いつつ、治るのに2週間かかるなあと、がっくり。加齢で免疫力も落ちたのか、旅行で疲れたのかと思っていました。

 そう思っていたら、今度は6月初め、喉に違和感が。こちらはじわ~っとした痛みで、なんだか嫌な予感が。数日後咳が出始めました。

 ただし鼻水や発熱と言った風邪の典型的な症状はなし。ただ単に喉の違和感と咳だけです。ただその咳は痰が絡んだものなので不愉快。

 しょうがないので、以前かかりつけの診療所でもらって、使い切れずに余っていたフラベリックとムコダインを服用。これで見かけの咳は収まりましたが、喉の炎症が治ったわけではなさそう。

 ちなみに前回このフラベリックとムコダインをもらったときと症状は全く同じです。たぶん軽い気管支炎ではないかと判断しました。

 ところがこの咳が妙にしつこい。わずかずつですがよくなってはいるものの、常に咳をしていると体力的にも疲れますし、周りの人にも迷惑です。

 というわけで、ついに自分の免疫力だけでは無理と判断し、昨日診療所へ。医者の見立ては私と全く同じで、気管支炎とのことでした。

 処方された薬が、上記と同じフラベリックとムコダイン。ただしそれに抗生剤としてクラリシッドが追加されました。やはり咳が長引いているという事で、抗生剤の必要性を感じたのだと思います。

 昨日からこれを飲み始めましたが、よく効いているように感じます。最近は耐性菌というのが時々話題になりますので、あまり飲みたくはない薬ですが、今回は効果ありで、ずいぶん楽になりました。


第1383回 久しぶりの鼻風邪をひきましたが、軽い症状で収まっています

  血圧が高いなと思いつつ、自覚症状はほとんどないので、とりあえず運動量を増やして、食事を少し控えめにするように努力しています。数kg体重が増加しているのですが、これを一気に減らすのはなかなか難しいです。

 たぶん8月初めのハワイ旅行あたりで、おいしいものを食べ、さらにワイキキ周辺のウォーキングを実行していたのに、帰国後はおいしいものを食べる衝動からは開放されず、一方で猛暑や長雨による運動不足で徐々に体重が増加したと解釈しています。

 だとしたら一ヵ月半で増えたんだから、それと同じかそれ以上の期間で少しずつ体重を落とすしかないのではと思っています。

 それはそれとして、昨日は久しぶりに鼻風邪症状を感じ慌てました。慌てる理由は、今日が仕事の日であり、明日が最近申し込んだフルートの体験レッスンの日だからです。

 自分ひとりで生活するだけなら、多少の鼻風邪は、鼻水をたらしながらでもなんとか生活できますが、他人との交流が絡む場合は、相手に対して失礼です。

 というわけで、鼻水が出始めた昨日午前中、先ず感じたのが体の冷え。気温は20℃を越しているのに、やけに寒く感じます。それだけ体の発熱能力が落ちているんだなと感じました。

 しょうがないので、クローゼットから長袖のシャツを出し、さらに室内で軽く引っかけられる上着も着用。足は当初秋冬用綿パンを履いてみたのですが、それでも何故か太ももが冷えるので、結局冬用のズボン下まで出して着用。

 なんだか冬の服装みたいですが、それだけ体が冷えているということだと解釈しました。

 さらに常備してあるうがい薬「イソジン」を数時間ごとに使用。さらにさらに早く治したい一心で1時間半の昼寝。起きたら少し鼻水が軽快。夕食は軽くとりつつ、アルコールはほぼいつも通り。アル中ではないにせよ、アルコール依存症の雰囲気が強いです。

 最後にさっと風呂に入って、湯冷めしないうちの夜8時半ベッドへ。寝る直前に、総合感冒薬の「PL顆粒」を半分だけ服用。一包全部服用すると、翌朝ちょっと不快な副作用を感じます。

 そして今日は6時起き。9時間以上寝た計算になりますが、鼻水はほぼとまり、喉の違和感が少し。しょうがないのでイソジンを何回か使っています。

 体調で劇的に変化したなと感じたのは、体の熱さ。昨日は妙にひえを感じましたが、今日は再び夏のように半袖にしないと暑く感じます。もちろんズボン下も履いていません。

 体が暖かくなったということは、もうすでに回復期に入ったんだろうと判断して、無事午前中の仕事も終了。後は明日の体験レッスンに備えるだけですが、さすがにフルートを練習する気にはなれず、ちょっと心配です。

 ちなみに、以前はいつ頃鼻風邪を引いたのかと、このブログで調べてみたら5月でした。毎年2回ほどひいているようですが、フルタイム時代に比べると、気楽に生活しているせいか、免疫系もよく働き、治りも早いように感じます。

第1376回 もし強毒性のインフルエンザウイルスが現れたら

 12日の水曜日にハワイから帰国し、その後1週間ぐらい時差ぼけが続きました。妙に長かったように感じています。しかしさすがに日本の蒸し暑さに体が慣れてきたのか、ようやくもとの生活に戻りつつあります。

 そんな中、本来の予定では24日から再びバンコクに行くはずだったのですが、ご存知のように、私がよく近くを通りかかる繁華街で爆発事件があり、「こりゃ困ったな」と思っていました。

 さらに、それに輪をかけるように、日本付近に大型で強い台風が2個接近し、ちょうど出発日の24日ごろ、片方はバンコクに行く途中の台湾付近に接近し、もう片方は出発空港である成田方面に向かっていることが分かりました。

 さらにさらに、母親が夏の猛暑の疲れか、急に体調がよくないと言い出し、先日一緒にいつもの診療所へ。暑いのになぜか血圧が上がり、そのせいで心臓の負担が増し、ちょっと息苦しい状態になっていたようです。

 心電図をとると、若干ですが狭心症の兆候も見られるということで、ついでに血液検査。その結果が29日の土曜日に分かるので、その送迎もあり、結局旅行はキャンセル。

 キャンセル料が数万かかりましたが、様々な不安を抱えて旅行に行っても楽しめないと判断しました。

 というわけで、急に8月下旬に個人的に暇な時間ができたので、先日図書館に行って、本を5冊ほど借りて来ました。その中で、今読んでいるのが「高嶋哲夫」さんという方が書いて2010年に出版された「首都感染」という単行本。

 内容は中国で致死率60%に近い新型インフルエンザが発生し、それが全世界に蔓延。日本は主人公の経験により、首都を封鎖することによって封じ込めを行い、諸外国に比べて被害が少なくなっているものの、さらに感染は拡大という、ある意味パニック小説です。

 しかし読みながら、つい先日起きた韓国でのMERS騒ぎを思い出し、もしあれがもっと致死率の高い病気だったらと思うと、フィクションとはいえ背筋が寒くなる思いで読み続けています。

 最後がどうなるのか、500ページ近い力作だ、残り100ページとなりましたが、解決策はなし。さてどうなるのか?と思いつつ読みふけっていますが、現実の世界で似たようなことが起きていたので、ますます現実味を帯びた小説だなと感じました。

 この冬も、これからまた涼しくなれば、インフルエンザの話題が出てくると思いますが、もし本当に致死率の高いインフルエンザが蔓延し始めたらどうなるのか?ということを感がると、実に示唆にとんだ小説だと思います。

 以下アマゾンへのリンクです。

第1332回 鼻風邪症状は充分な睡眠で改善しました

 私は自分の体力に自信がない上に小心者なので、たとえ症状は鼻風邪程度であっても、もしかするとインフルエンザでこの後高熱が出て苦しむのではとか、まったく別の咽頭の病気が絡んでいるのでは、と余計な心配をする性格です。

 そういった、病気の症状に関してつい悪い方向の憶測する傾向があるので、逆に軽いうちに治してしまおうという気持ちが強くなります。

 というわけで、昨日は朝寝、昼寝を繰り返したら、少し症状が改善したので、夜はいつもどおりアルコールを飲んで、お風呂にもしっかり入って、その代わり9時にベッドへ。

 寝すぎだろうという気もしましたが、10分ほどで寝てしまったようで、夜中にいつものように1回だけトイレ。このときすでに「あっ少し良くなったな」と感じましたが、そのまますぐに寝入ってしまい、気が付いたら朝の7時。

 仕事があったら6時起きですが、年金暮らしでパートの仕事しかしていませんので、こういうときは気が楽です。結局10時間近く寝ていたことになりますが、そのためか症状は改善。

 若干のだるさは残るものの、鼻水もほとんど出なくなり、初期の充分な睡眠に効果があったなと感じています。風邪を感じたら寝るのが一番ですが、サラリーマン時代はそれが許されませんでした。つくづくありがたい環境になったと喜んでいます。

 それはそれとして、こういった風邪の症状で、症状が急激に始まる場合は得てして治りも早いように感じます。(インフルエンザを除いてですが)一方症状がじわりじわりと悪化する風邪はしつこいです。

 風邪ウイルスの繁殖力や自身の免疫力との力関係によるものかなという気もしますが、繁殖力が強くても免疫系に直ぐ駆逐されてしまうウイルスと、なかなか駆逐されず、じわじわと勢力を増強するウイルスがいるのかなと思っています。

 いずれにしても初期対応が問題になると思われますが、その役目を担っているのが免疫力。これは必要な場所に必要な量の白血球やリンパ球が供給されれば良い訳です。

 ということは先ず異物のウイルスが体内に入ったということを感知する体制、どんなウイルスかということを分析する体制、分析結果によって、それに見合った免疫球を増産する体制を指示する体制、それに則って免疫球を増産。最後にその免疫球が感染場所に駆けつけ殲滅するというイメージでしょうか?

 こんなことがしょっちゅう体内で行われていると思うと、つくづく生物とはすごいなと思います。一方こういった体制をすばやく整えるためには、やはり血行が良くないといけないなと思います。

 マクロのレベルで病気の症状を考え、ミクロのレベルで実際に体内でどんなことが起こっているのかと考えると、実に不思議な世界だなと感じます。

第1331回 寝ているときは鼻水が出ない?

 このところ体調良好で、「在職中に較べると年はとったけどずいぶん元気になったもんだ」、といい気になっていたら鼻風邪をひいたようです。

 昨晩は特に問題なかったのですが、今日の朝若干冷え込んだせいか、「寒いな」と思って目が覚めました。もぞもぞと起き上がって、朝食を食べる頃になると鼻水が止まらなくなってきました。

 我慢して朝食を食べ、ブログを書いたりしていたのですが、さらに鼻水が激しくなり、鼻をかんでもかんでも、とめどなく流れ出してきます。

 喉が痛いわけではありませんので、典型的な鼻風邪症状ですが、ともかく鬱陶しい。しかも段々と眠気が。朝方の寒さによって充分睡眠が取れていないんだと判断し、いったんベッドへ。

 1時間ほど寝ると多少すっきりして、眠気は取れ、鼻水も若干減りましたので、気を取り直してブログ書き。しかし夢中になってやっていると、朝ほどではないもののやはり鼻水が出ます。

 そうこうする内に昼になり、買い物に行くのも面倒なので、家に常備してあるパスタを茹でて、ついでにバンホーテンの暖かいココアを一杯。

 しかし症状の改善は見られず(そんな短時間で治るわけが無いのですが)、「これはもう少し寝たほうが良い」と判断。残薬が問題になっていますが、こういうときは助かります。

 引き出しにしまってある常備薬の中かkら、かつて医師から処方してもらった「PL」という顆粒状の総合感冒薬を取り出し、半量だけ服用。

 その後再びベッドへ。すると10分ぐらいで眠ることが出来て、結局1時間半ほど睡眠。起きると鼻水は全快とはいかないまでも、かなり症状が緩和。というのが今の状態です。

 風邪の原因ですが、ゴールデンウイークに入って割りと暖かい日が続いたせいかい、薄着になり、その上で夜は眠りが浅くなった上に、日の出が早くなり早朝に目が覚める日が多く、全体として寝不足気味だったようです。

 夏場はそれを補うように、昼寝をよくしていたのですが、ここのところ体調が良かったので、昼寝もせずにウォーキングや家庭菜園で汗を流したりしていたので、「もう少しおとなしく過ごしなさい」、という体の指示が出たような気がします。

 それにしても不思議なのは、起きているときは3分おきぐらいに鼻をかまないといけないのに、寝ているときは鼻水が出てこない現象。

 寝ているときのホルモンの働きが違うのかなと思いますが、鼻水を出して、不快にさせて、「早く寝ろ」と体が訴えているような気もします。

第1267回 インフルエンザの予防接種を受けてきました

 別のブログにも書きましたが、いつもの診療所へ実家の母親と共に行き、私はインフルエンザの予防接種を受けてきました。今日は三連休初日だったので、皆さん近場に出かけて診療所はすいていているのではと思っていましたが、なんと予想外の大混雑。

 待合室の顔ぶれを見ると子連れが多い。ただ熱があるとか、咳をしているというわけではなく、どうやら私同様予防接種のようです。

 最近は子どもでも予防接種を受けるのが当たり前になっているんだなと改めて感じましたが、高齢者はともかく子どもの場合はどうなのかなと、チラッと疑念も感じます。

 もちろん予防接種をすることによってインフルエンザにかかっても症状が軽くなるわけで、体力的にも楽だし、他の子どもへの感染もしにくいわけで、良いことずくめのような気もします。

 しかし子どもの免疫力を鍛える、という考え方があるとすると、ちょこっと刺激を与えて免疫細胞を増やしインフルエンザを乗り切るという方法は、たまたま予防接種をしなかった時に、自身の免疫力が充分働かない恐れがあるのではという不安もあります。

 つまり予防接種を毎年必ずする必要があり、たまたま出来なかった年に重症化する恐れはないのか、という不安です。

 人間の免疫力が鍛えられるのかということ自体もよく分かりませんので、あくまで個人的な考えの範囲を出ませんが、あまりに予防処置を張り巡らしすぎると、それをすり抜けた雑菌に対する免疫力が落ちてしまうのではという危惧を覚えます。

 まあそんなことを考えながら待っていると私の順番。いつものように血圧を測ると150/90。かなり高め。実は今日の朝はトーストにコーヒー(カフェインを意識)だったので、もしかしたら高いのではと思っていたので予想通り。

 その後聴診器による診察を経て予防接種。この医師の予防接種はやたら早い。看護師さんに言われて袖をめくっていると、すぐに待ち構えていた医師が注射針をプスリ。

 インフルエンザの注射針は、採血の注射針に較べると細いような気がします。この針の先端が皮膚の痛点が少ない部分を通過すると、時にはまったく痛みを感じません。

 しかし今日は痛点を刺激したらしく、チクッという感触。風呂はいいけど激しい運動はダメと看護師さんに釘を刺されて、15分ほど副反応が出ないことを確認するために待機。

 特に問題なさそうなので、先ほど帰ってきました。というわけで、激しい運動はダメということなので、今日のウォーキングをどうしようか考えています。天気が良いので歩きたいなという気持ちが強いです。

 ちなみに母親の方も歩くことの重要性を少しわかってくれたようで、昨日は10分ほど歩いたと言っていました。ともかく歩くこと。これが一番安上がりで効果のある健康法だと思っています。
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク



にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
34位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。