FC2ブログ
HOME   »  アレルギー、花粉、喘息
Category | アレルギー、花粉、喘息

第1466回 アレルギーは辛いけど、異物は排出したほうが良いはず

 本日午前中は仕事。久しぶりに2時間ほど立ったままの仕事でしたが、手術部の異常は全く感じられず、ようやく本調子に戻ってきたなと感じています。

 時折、全く動いていないのに、ピリッとした痛みや、圧痛を感じることがありますが、それ以外は手術をしたことすら忘れているようになっています。

 逆に、何気なく思いっきり腹筋を使ったり、咳をしたりしたとき。「あっそういえば手術をしたんだった。痛くなかったな」と思い出す程度です。

 ただし手術跡は、メスを入れた場所に沿って、若干の盛り上がりがまだ残っています。またその部分を押すと、組織が固くなっていて痛みを感じます。

 当初はこの盛り上がり周辺のお腹も押すと痛かったのですが、最近は傷口部分のみの痛みとなってきました。

 今後はこの盛り上がりも徐々に消え、硬くなった組織も少しずつもとに戻るのかなと思いますが、依然と全く同じ状態には戻らないんだろうなという気はします。

 というわけで、順調な回復だなと感じていたので、更新も3日ほどしませんでした。

 一方その間に花粉の飛散量は急増しているようで、今日は雨なのでまだよいのですが、ここ数日の暖かい天気のもとでは、マスクなしで数百m歩いただけで息苦しさを感じました。

 母親の送迎でかかりつけの診療所にも行きましたが、待合室は花粉症の患者さんだらけみたいで、いつもよりかなり混雑していました。

 体のアレルギー反応というのは、本来体内に入って欲しくない異物を素早く免疫システムが感知して、それを咳やくしゃみ、鼻水といった形で体外に排出する反応だと思っています。

 だとすれば、これらの物質は本来体に取り込むことは良くないわけで、同じ花粉症の治療でも、抗アレルギー剤を服用して見かけ上の反応を抑え込むのは良くないなと思っています。

 つまり異物は異物として、辛い反応ですが早いうちに排出したほうが長い目で見たときガン等の原因になりにくいということです。(個人的な見解です)

 その意味ではアレルギーというのは正常な反応であって、反応しないというほうが異常なような気もします。


第1464回 ヒノキ花粉の飛散量が増加しているように思います

  そろそろ鼠蹊部ヘルニアの手術以外の話題も書きたいなと思っています。3月に入り、日の出の時間が早くなったなと感じています。

 気温も上昇気味ですが、同時に花粉の飛散量が増えているようです。私の場合はなぜか1月下旬のちょっと早い時期から花粉を感じ始め、3月に入ると徐々に収まってきます。

 今年も1月下旬からウォーキングをしていると息苦しさを感じるようになりました。アレルギー体質のせいで、若干鼻炎気味のこともあり、口呼吸が多いせいで、私の場合は喉や気管支が反応しているように思います。

 これがひどくなると喘息症状に発展しますので、私が小さいころに発症していた喘息は、ダニやホコリ以外に花粉の影響もあったのではと今は思っています。

 というわけで、1月下旬からマスクをして動き回り、就寝時もマスクをしていました。これはもちろん花粉の影響もありますが、この時期は夜寝ているときに口呼吸をして乾燥した空気を吸い込み風邪をひきやすくなるからです。

 マスクをして寝るなんて最初の頃は鬱陶しくてますます息苦しい感じもしますが、慣れてくると朝方の冷え込みで鼻が冷たくなるなんて言うこともなく、結局この冬は現在まで風邪らしい風邪もひいていませんので、ある程度効果があるのではと思っています。

 一方私の息子も母親の影響からか花粉症みたいですが、母親の影響と書いたのは、私とは感じる時期が違うからです。ここ5日間ぐらいで急に花粉が増えたと言ってくしゃみを連発しています。

 実際車のフロントガラスをみると、細かいホコリのようなものがここ数日うっすらと付着しているのがはっきりわかるようになりました。

 ウインドウォッシャーを働かせてワイパーを動かすと、それらのホコリみたいのものがフロントガラスの片側に寄せられますが、これまではほとんどなかったもので、この時期特有の現象なので、「あ~やっぱり花粉だな」と思っています。

 しかしそうなると私と息子では感じる花粉の種類が違うということになります。これについて「花粉症ナビ」というサイトを見ると、花粉カレンダーというのがあって、それを見ると、私の場合は「スギ」、息子の場合は「ヒノキ」なのかなと言う気がします。

 それが分かったからどうと言う対策はないのですが、そう考えると私が秋口に感じる花粉の影響(軽い息苦しさ)も説明できるような気がします。


第1378回 室内の微量化学物質が喘息症状の原因

 前回書いた喘息症状は結局その後まったく出ていません。昨日と今日は小雨の合間を縫って1時間ほど早足でウォーキングをしてきましたが、喘息の兆候はまったくありません。

 喘息症状を感じた翌日ですが、横浜のホテルに移動しました。ところがこのホテルは窓が開かない部屋で、しかも温泉旅館に比べるとかなり狭い。それだけで息苦しさも感じました。

 いっそのこと横浜はキャンセルして帰宅しようかとも思いましたが、普段ホテルでは喘息症状を感じませんので、「まあ本当にダメだったら、深夜に帰っても良いや」と思い宿泊。

 幸いなことに部屋に空気清浄機があったので、早速スイッチオン。すると結構敏感な空気清浄機でちょっと近くで着替えをしただけで運転音が大きくなり、緑のランプが黄色くなったりします。

 「それだけ効果があるんだろう」と良い方向に解釈して、しばらく静かに部屋でブログを書いたりしていたら、すぐに運転音も収まり緑マークになりました。

 その間ちょっと緊張しながら、「喘息出たらどうしよう?」と思っていましたが、そういった兆候はまったくナシ。ということは、やはり前日の症状は、部屋特有のものだった可能性が高いです。

 実はこういったことに気が付くのにはきっかけがあります。それはなんと今私が住んでいる自宅での話し。この家は建ててすでに20年ぐらい経ちますが、新築当時に引っ越してきたとき、やはり喘息症状を感じたことがあります。

 特に秋口になって部屋を閉め切ったときに症状が出る傾向が強かったので、一時期はわざと私だけ部屋を移し、ちょっと寒い中、あえて網戸にして寝ていたことがありますが、そうすると症状も軽くなりました。

 そういったことがあって、新築の家や壁紙からは微量の化学物質が室内に放出され、喘息症状が出ることがあるということを知りました。(5年ぐらい経過して、その後はまったく問題ナシです)

 今回の場合も、その経験があったのですぐに対処できたのではないかと思っていますが、薬を持参しなかったのは大失敗。帰宅してあらためて薬を入れてある引き出しを見たら、ちゃんと吸入薬が保管されていましたので、単純に持参しなかっただけです。

 それにしても、ほんのちょっとしたことがきっかけになって症状が出るのは、まるで空気清浄機よりも敏感な人間センサーだなと、今は笑い話です。

第1377回 久し振りの喘息症状にびっくり

 8月25日から28日まで、伊豆・横浜温泉グルメ旅行を楽しんできました。本来はこの時期にバンコクに行くはずだったのですが、爆弾騒ぎと日本付近への台風接近で急遽キャンセル。

 しかしどこかに行きたいという気落ちが強くあり、24日の日に突然3泊分の宿泊先を決定。伊豆の伊東市に2泊。横浜に1泊というプランです。ドライブと釣り、健康のためのウォーキングも兼ねるという、まあシニアならではの贅沢は旅行です。

 伊東市の2泊は、それぞれ別の温泉旅館に宿泊しました。1泊目は釣りに行くときよく利用する旅館で、部屋にもなじみがあります。2泊目は今回始めて利用した旅館ですが、料理に定評があるということで選択しました。

 というわけで、今回はこの2泊目の旅館が話題なのですが、到着してからまずは温泉に浸かりのんびり。指定された場所に夕食に出向くと、これがものすごい豪華な食事。1泊1万円ちょっととは思えません。

 刺身の盛り合わせや金目鯛のしゃぶしゃぶ、アワビ焼きなんぞを堪能して、アジフライまで食べ切れませんでした。満足して部屋に戻り、和室に入れられた大きなツイン使用のベッドの一つを使って就寝。

 最初は問題なかったのですが、夜半に目が覚めて最初に気がついたのが息苦しさ。寝ぼけた頭で呼吸をチェックしてみると、どうやら数年ぶりの喘息症状です。

 これにはびっくり。寝ぼけた頭がすっきりするにつれ、息苦しさもはっきり感じられるようになり、慌てていつも旅行に持参している「吸入薬」(サルタノール)を探したのですが、今回は油断して持参していませんでした。

 そうなるとますます症状が悪化するような気がしてきます。幸いなことにいつも持参する薬セットの中に「チルミン」という気管支拡張薬があったので、これを1錠だけ服用。(過去の経験で2錠を服用し続けると、不快な副作用が出る印象があります)

 しかしどういうわけか、薬が効いてくると思われる30分後ぐらいでも、あまり効果がありません。というわけで原因究明。まずは寝るとき「これはもしかしたら」と感じた「そば殻入り枕」が怪しいと思い、これをやめて座椅子のところにあった座布団を枕代わりに。しかし効果なし。

 次にシーツや布団の影響ではないかと思えたので、畳の上にじかにごろ寝。しかしやはり効果なし。これは参ったなと思いつつ、蒸し暑くて使っていたエアコンが怪しいと考え、少し涼しくなっていたこともあり、エアコン停止。

 しかしやはり改善の兆候ナシ。しょうがないので外の騒音が聞こえますが、窓を開けて網戸にしました。そのまま網戸越しに外を眺めていたら、なんと少しずつ呼吸が楽になってきました。

 というわけで、これで原因を特定?たぶんという注釈付きですが、この部屋は古い旅館の部屋を改装した部屋で、その際壁紙等を一新しています。

 その時に使われた微量の有機溶剤が、何らかの原因で少しだけ空気に溶け込んでしまったのではないかと思えます。よく言われるのはアセトアルデヒドだったと記憶していますが、物質名が何であれ、網戸にしたことによって呼吸が改善したことは間違いありません。

 その後再びベッドに戻ると、薬の影響もあったのかもしれませんが、呼吸が徐々に楽になり深夜3時ぐらから翌朝6時過ぎまでぐっすり寝ることが出来ました。

 「いやあ、こんなこともあるんだな」という認識を新たにしましたが、もちろん季節の変わり目で私の自律神経系のバランスが悪くなっていたということも考えられます。

 その意味では、日頃から自分のアレルゲンは何かということを知っておかないと、いざというとき対処が難しいような気がします。

第1342回 帰国した途端に喉の違和感

 10年前の年末に初めてバンコクに行った時は、すべてが新鮮でものめずらしい思いをしました。そのときのカルチャーショックが、以後バンコクにはまるきっかけになっています。

 ところで、初めてバンコクに行こうと決めたとき心配だったことが一つあります。それは持病の喘息。当時のバンコクは、今の北京市街ほどひどくはないと思われますが、旧式の車やトゥクトゥクと呼ばれる三輪自動車が、排気ガスを吐き出しながら街中を走り回っていました。

 また今でもそうですが、渋滞が激しく、暑いので車はすべてエアコンをかけて、これまた信号待ちで停車したままひたすら排気ガスを出していました。

 とうぜんそういった排気ガスによって、深刻な大気汚染が発生し、初めて宿泊したホテルの窓から眺めた景色は、500mほど先から早くもモヤがかかったようになり、なるほどすさまじい排気ガスだと感じました。

 というわけで、旅行に行く前にいくつかの旅の質問コーナーで、「バンコクに行って喘息が悪化することがないか」と聞いたことがありますが、答えは「それほどでもない」ということでした。

 それで結果的に行くことにしたわけですが、確かに予想以上の大気汚染で、ちょっと街歩きをすると鼻の穴の中が真っ黒になったりしましたが、不思議と喘息は出ませんでした。

 というようなことから私の喘息症状は、排気ガス由来ではなく、もっと別のもの、すなわちハウスダストや花粉が原因ではないかと推測するようになりました。

 というわけで今も旅行中は体調にかなり神経を使っているのですが、軽い喘息症状というか呼吸困難症状、息苦しさという点から考えると、旅行前や帰国後の今のほうが、なんとなく喉の違和感が強い気がします。

 バンコクの街そのものも10年前に較べると、排気ガスをもうもうと出して走る車はあまり見かけなくなり、今回の旅行ではホテルの窓からの景色が、妙に透明度がよくびっくりしました。

 というわけで、バンコクと今私が住んでいる埼玉県の状況を比較すると、車はバンコクのほうが多く、植物は埼玉のほうが多い、気温はバンコクが高く、湿度は同じぐらい。

 紫外線量はバンコクのほうが多く、街の清潔度は日本のほうが上。諸条件を考えると、明らかにバンコクが不利に思えるのですが、何故か喉の違和感は日本の方が強い

 そうなると、バンコクに無くて埼玉にあるものはやはり花粉しかない、という結論になり、大陸からの黄砂やPM2.5 等の飛来物を除くと、花粉と排気ガスと太陽光の複合汚染ではないかなと思えます。

 だからどうという結論はありませんが、であるならこの三つの条件のどれか一つが欠けている環境に身を置けば、喘息症状は軽くなるような気がします。

 ちなみにハウスダストへの症状は間違いなくあります。それ以外でという意味です。

第1336回 アレルギー患は大腸がんになりにくい?

 台風一過、朝から良い天気だなと思っていたら、予報どおり気温がどんどん上昇。今日は週に数日の仕事がある日で、通勤には車を使っているのですが、道行く車は99%窓を閉めてエアコンをかけている様子でした。

 私は、エアコンは燃費は悪くなるし、車内の空気も悪くなると思っているので、窓を全開にして、風を感じながら走ってきました。窓枠に手をのせると、皮膚がじりじりするので、「紫外線もかなり強いな」と感じました。

 しかし台風一過の風で結構さわやか。窓を開けると車内の埃も自然に飛んでいくのではと勝手に思っています。

 さてかねてより私が思っていたことに近い内容の記事が、先日ニュースで配信されました。 

 「Medエッジ」というサイトですが、見出しが「アトピー性皮膚炎だと大腸がんが減る、ぜんそくや花粉症なども悪いばかりではない」というものです。

 先日も大腸がんと闘病していることをテレビで告白した俳優の方がいましたが、抗がん剤の副作用がきついというようなニュアンスでした。

 私の妻も悪性リンパ腫で、かなり強力な抗がん剤治療が行われ、結局その強さに血球が耐え切れず、白血病症状となり他界しました。その間抗がん剤の副作用を耐えに耐えての結果でしたので、なんともやるせない気持ちになりました。

 というわけで、できれば自分の体に悪性腫瘍ができるなんてことは避けたいなと思っているのですが、こればっかりは、予防の試みはできるものの、後は確率的な問題だなと思っています。

 そんな中でのこの記事ですが、内容は単純。皮膚炎、喘息、花粉症といったアレルギー患者は大腸がんの発症や死亡率が減るということが、統計的に確認できたということです。

 また脾臓がんが少ないという研究報告もあるそうで、「俺はアレルギーで喘息もちで、運動もままならず、体力も無く、不健康で早死にするかも」と思っていた若い頃の認識は、少し間違っていたのではと最近私も思うようになっています。

 というのもアレルギーの原理を単純に考えると、免疫系が活発に活動しているからこういった症状が粘膜や皮膚の表面で起きるわけで、過剰反応ではあるものの、余計な異物はなるべく排出するという体の防衛反応でもあると私は思っています。

 つまり防衛反応が喉でおきれば喘息、鼻でおきれば花粉症、皮膚でおきればアトピー性皮膚炎ということになり、花粉の時期には胃腸症状が出ることもあり、これは胃の粘膜で防衛反応がおきているのだと思っています。

 つまりそれだけ大腸に至る前に異物が取り除かれていることになり、そのせいで大腸がんが減るのではという解釈が成立しそうです。

 まあもちろん素人の後付の自分に都合の良い解釈ですから、信用度は低いのかもしれませんが、そう思えば悪性腫瘍よりは花粉症やアトピーのほうがまだましと前向きに考えることも出来そうです。

第1306回 花粉症とアトピーに相関関係?

 花粉の影響を激しく感じるようになってきました。息子はくしゃみが止まらないと昨日言っていました。私よりも症状が強く出るようです。

 昨日は1日雨模様で、ほとんど外出もせず、家の中にいたのに花粉を感じるというのも実に不思議です。まあ考えられるのは、買い物等の外出時にドアを開けた瞬間に花粉が室内に飛び込んだという可能性ですが、だとするとなかなか防止は難しい。

 外出から帰ってきたら家の外で衣服をはたいてから入る、なんてことも言われていますが、そんなことをしたら体の周囲に花粉が渦巻いて、ますます部屋の中に花粉を呼び込んでしまうのではという気にもなります。

 花粉が多いかどうかは、車に乗ってフロントガラスを見ると一目瞭然。茶色いほこりのようなものがついていて、これをワイパーで片側に寄せると、普段とは比べものにならないくらい茶色いごみのような花粉が目に付きます。

 これを見るたびにがっくりしますが、まあ電車等で移動するより車のほうがまだ良いだろうなと思っています。しかし今日は昨夜風が吹き荒れましたから、さらに花粉が舞っていそう。

 午後は家庭菜園の除草を再開するつもりですが、ちょっと気分的にめげています。まあマスクをしてやるしかないなと思っていますが、長時間はできそうにない。

 青空を見ると、ウォーキングに行って、野鳥の撮影もしたいなと思うのですが、それも場合によっては厳しいかも。

 ちなみにこの花粉ですが、スギ花粉が主体ですから、スギのない地域、国に行けば症状は治まります。私はこのところバンコクに行くことが多いのですが、大気汚染が日本より激しいのに、花粉症の症状は出ません。

 
 これはハワイも同様。こちらはほぼ1年中貿易風が吹いていますから、空気は爽快。最近は少し湿気が増えてしまいましたが、日本に較べればさわやかなであることは間違いなしです。

 というわけでハワイでも花粉症の症状はなし。喘息も出たことがないです。

 もう1点。花粉症の症状が出始めるころ、私自身のアトピーの症状が悪くなります。お風呂に入って、全身の血液循環が良くなり、皮膚の表面温度が上がってくると、最近は足の甲のあたりがムズムズします。

 花粉とは関係ないのかもしれませんが、時期的に一致するので、もしかしたら体内に入った花粉の成分の中で、私の体質に合わない成分があり、それを末端の毛細血管から押し出そうとしているのではと考えることも多いです。

 アトピーは冬場の乾燥肌がきっかけになりますが、花粉が飛び交う頃症状も強く出るような気がするので、何らかの相関関係があるのではと思っています。
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
28位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。