FC2ブログ
HOME   »  悪性腫瘍関連
Category | 悪性腫瘍関連

第1497回 オプジーボと免疫療法を組み合わせて重い副作用

 ヤフーニュースにがん治療の新薬「オプジーボ」と自由診療の免疫療法を併用した患者さんに重い副作用が6例あり、その内1名がなくなったというニュースが出ていました。

 オプジーボの詳しい仕組みは分かりませんが、この薬はがん細胞から出る免疫抑制作用を妨害する薬のようです。通常はがん細胞がこういった作用を周辺に及ぼすことによって、自分自身が免疫細胞から攻撃を受けないように仕向けているわけです。

 しかしこの薬剤を使えば、この抑制作用が働かなくなるので、通常の免疫細胞が活躍し、ガン細胞を駆逐するという考え方で作られた薬です。

 これまでの抗がん剤(分子標的薬ではなく)は、がん細胞を正常細胞と区別して、その増殖を妨害するように作られた薬が多かったと思います。しかしこの区別が難しいので、結局正常細胞まで細胞分裂が阻害され、様々な副作用(副反応とも言うようですが)が生じていました。

 しかもこの抗がん剤は使えば使うほど、正常の免疫細胞が疲弊し、見かけ上がん細胞がなくなったように見えても、結局再発してしまうというデメリットもあったように思います。

 こういった欠点を何とか克服できないかと考えて作られたのが「オプジーボ」だと思っています。つまりがん細胞の細胞分裂過程を阻害するのではなく、通常の正常な免疫細胞を活用するという発想です。
 
 ところがネットのニュースを読むと、この薬が効きすぎて、免疫細胞が通常の正常細胞まで攻撃してしまう例があるようです。そこへさらに自由診療の免疫療法を組み合わせたため、その攻撃がますます激しくなったのではと私は想像しています。

 つまり免疫細胞というのは、体内の警察官みたいなもので、犯罪(がん細胞)を普段は取り締まっているわけですが、オプシーボという薬は、この警察官の理性を取り去り、抑制のきかない状態で細胞をやっつける作用があるという事です。

 そこへさらに免疫療法を加えたという事は、更に抑制の効かない警察官を大量動員したという事になりそうで、過剰反応が起きるのは当然のような気もします。

 こんなことは素人の私でもわかるような内容ですが、医療機関がそういったことを考慮せずに実施したとすれば、それは金儲けのため?と勘繰らざるを得ません。

 一方患者さんの立場に立てば、なんとかしてがんを撲滅したいと思って大金を投じていると思われますので、なんとも残念な結末です。個人的にはこういった医療機関の名称をきちんと明らかにしてほしいなと思います。

第1495回 今年新たにがんと診断される患者は100万人超だそうですが・・・

 ヤフーの健康関連ニュースによれば、「今年がんと新たに診断、100万人超、がんセンター予測」だそうです。予想ですから本当にそうなのかと言うことは不明ですが、いずれにせよ100万人と言えば、日本の総人口の0.8%ぐらいとなり大変な数です。

 しかも最初私は勘違いしていたのですが、この数字は新たに診断される患者数ですから、すでにこの病気になっている方もいるわけで、総患者数はもっと多いということになります。

 ちなみに厚労省の統計によれば、2011年のデータですが、主な傷病の総患者数と言うデータがあって、これによれば悪性腫瘍の総患者数は約153万人となっています。

 なおこの資料で最も多いのが高血圧患者数で907万人、次が糖尿病で270万人、高脂血症189万人、心疾患161万人、そして悪性腫瘍となっています。

 最初の記事に戻りますが、この年間100万人と言う数字は1975年の5倍と言う数字だそうで、高齢化が主な要因と書かれています。

 そうかあ、がんと言う病気は高齢者がなりやすいというイメージがありますから、やはりそうなのかなと思いましたが、念のため1975年から今年2016年までの40年ぐらいで、高齢者がどのくらい増えているかを調べてみました。

 結果は1975年時点の65歳以上の高齢者人口は884万人であり、2016年の高齢者人口は3300万人だそうで約3.7倍になっています。

 余談ですが、年金財政や国民健康保険の財政がひっ迫する理由がよくわかるような気もします。

 しかしそれでも5倍に満たないということは、残りの部分は、悪性腫瘍の早期発見体制が昔より整っているということなのかもしれません。つまりがんを見つける診療技術が発達したということです。

 とはいうものの、患者側の立場に立てば、患者数が何人だろうがどうでも良いことで、問題は治癒率です。つまり科学技術の進歩によって、こういったがんの増加に対して、現在の治療は効果が上がっているのか、と言うことが気になります。

 調べてみると、それっぽいデータがあって、ここ20年ぐらいで実績は上がっているという評価のようですが、高齢化率等を調整した値ということで、ごく単純に人数当たりの死亡者数のグラフを見ると、毎年増加傾向にあるようにも見えます。

 このあたりのデータはあやふやなので、あえて私が見たページへのリンクは控えますが、要するに加齢によってがんになりやすくなり、高齢者の場合は治りにくいということかなと思います。

 しかし高齢者と言うキーワードを除くと患者数、死亡者数も増加の一途をたどっているようですから、がん治療はまだまだ道半ばです。

 最後に国立がん研究センターの2015年のデータがありましたのでリンクさせますが、患者数は激増中です。「2015年のがん患者数、死亡数予測」というデータですが、右肩上がりのグラフを見ると背筋が寒くなります。

 原因は高齢化と早期発見なのかもしれませんが、根本的な原因は喫煙や食生活にあるような気もします。

第1493回 オプシーボには副作用がある、健康保険税は高すぎる?

 人間が摂取するあらゆる食べ物に良い面と悪い面があると思っています。ただ一般的に誰もが食べるものは、良い部分が比較的多いので、誰もが安心して食べているわけです。

 しかしアレルギーに代表されるように、特定の食物の特定の成分で、激しく体が反応する場合があります。免疫系の過剰反応と一般的に言われています。

 私も喘息やらアトピーやら、アレルギー性鼻炎等々に悩まされてきましたので、免疫系の働きには関心があります。小さい時は猫が近づいてきただけで、目がしばしばし、鼻水が出て、息が苦しくなるなんて言う過剰反応も経験しています。

 しかし加齢に伴って免疫系は少しずつ衰えていくようです。いつの間にか激しい喘息やアトピー等の反応は起きなくなりました。もちろん花粉症等は感じますが、鼻水が出る程度で収まっています。

 時期的には今もそうですが、どうやら花粉だと思うのですが、喉がいつもムズムズして咳払いが続いたりします。風邪の症状と間違えることも多く、これはちょっと悩ましいです。

 いずれにしても年を取ると骨髄の働きが悪くなり、造血機能が衰え、その結果免疫機能も徐々に衰退。そんなときに、身体の一部に異常な細胞が生まれると、通常は免疫系の働きですぐにそういった細胞は駆逐されますが、高齢になると見逃される確率が増えていきます。

 そんな細胞の一部に強い自己増殖能力があると、それが悪性腫瘍と呼ばれるものに変化することになります。これに対して現在の人類は、X線等の放射線を照射して細胞そのものを破壊したり、異常な細胞の塊を外科的手術によって取り除いたり、抗がん剤で細胞の増殖を抑えたりして、何とか悪性腫瘍と戦ってきました。

 さらに最近は医学の発展により、がん細胞に目印をつけて免疫細胞で破壊するという分子標的薬の治療も行われています。

 そんな中、新たに画期的な作用機序を持つ薬として「オプジーボ」という薬が開発されました。これは以前書いたように、要するに免疫機能を高めて腫瘍細胞を破壊するという薬のようですが、昨日のニュースで「副作用もある」と伝えられてびっくり。

 免疫機能を強化するだけですから、激しい副作用はないのかと思っていましたが、実際には免疫系が活躍しすぎて、正常細胞まで破壊してしまうことがあるようです。

 なんだかアレルギー反応みたいだなと思いましたが、そう考えると人体が最初から持っている免疫機能は、悪い細胞だけを的確に見分けて駆逐する、実に素晴らしい機能を持っているんだなと逆に再認識です。

 それはそれとして、こういった副作用のことをきちんと理解して使用している医師なら良いわけですが、どうもそうでない医療機関もあったようで、そこで強い副作用が生じているということのようです。

 つまりはっきり言えば医師の勉強不足。日頃から体力の限界まで忙しそうに働いている医師だとは思いますが、そうなるとやる気のある医師ほど最新情報を勉強する時間もない、という矛盾が生じます。

 少子高齢化に伴って、悪性腫瘍の患者さんは今後ますます増え続ける気がします。一方若年層は減るわけですから、若い医師が育たないし増えないという矛盾もあります。

 さて私の最後の治療はどうなるのか?昨日市から健康保険税、いわゆる国民健康保険の掛け金の請求書が来ましたが、算出基準をトータルすると収入の2割弱(一人暮らしなら1割弱です)がこういった掛け金に費やされています。

 収入が300万なら年間30万弱でしょうか。しかし年金収入が100万ぐらいの一人暮らしの高齢者が10万弱掛け金を取られたら、残りは90万。それで生活ができるのか?

 医療環境はどんどん厳しくなるのに、医療費の負担は大きくなり、健康保険の掛け金で生活費が圧迫されるという矛盾した環境に陥る人が、今後どんどん増えそうです。

第1491回 「ガンは薬で治る」という雑誌を読んで

 暑い1日でした。私のパソコン部屋にはエアコンがありません。先日暑い中、このぐらいなら大丈夫だろうと過信して、作業を続けていたら、どうやら熱中症もどきになってしまったようです。

 軽い頭痛や動悸というのが初期症状で、血圧も上昇気味。夜寝るときも動悸を感じて、ネットでいろいろ調べた結果、たぶん熱中症になりかけたんだろうと判断しました。

 こういう時は、水だけではだめですね。かえって血液の濃度が薄くなって体によくないようです。またカフェインを含むような、コーヒー、紅茶、その他のお茶類も、利尿作用によってトイレが近くなり、血液濃度が高くなり過ぎ、これまた良くないようです。

 さらに言えば暑い時に飲みたくなるビールの類も利尿作用があるので、やはり高齢者のビールの飲み過ぎは良くなさそうです。なんだか飲みたいものがどんどん制限されてしまい悲しくなりますが、熱中症で意識を失うよりは良いだろうと思っています。

 というわけで、ここのところ暑い時は「ポカリスエット」を飲むようにしています。これは錯覚かもしれませんが、確かに飲んだ後に体に溶液が染みわたるような気がします。

 ただし難点があります。それは価格。2L入りのものを買っていますが、すぐ近くの一番安いスーパーで200円近くします。息子と一緒に飲んでいると、1本が1日でなくなることもあるので、まじめに?飲み続けると一か月で6000円。

 これはさすがに厳しいなと感じます。(と言いつつ、夕食時に200円ぐらいする350mLのビールを飲んでいるわけですから、まあある意味自分勝手な考えです)

 そこで、今日はスーパーに行って、カフェインを含まない夏の定番の飲み物として麦茶を買ってきました。なぜ麦茶がカフェインを含まないのかは不明ですが、パッケージにも「カフェインゼロ」と堂々と書かれていましたので、これを気にしている人も多いのだと思います。

 ついでに併設されている本屋さんで、雑誌や漫画を立ち読みするのが日課ですが、今日は「がんは薬で治る」という強気の特集を掲げた「エコノミスト」という雑誌を少しだけ読ませてもらいました。

 免疫療法の中の、特に最近脚光を浴びている「オプジーボ」という薬に焦点が当たっているような記事でしたが、こういった薬の作用原理が少し理解できました。

 これと似たような薬で分子標的薬という薬があります。代表的な薬の一つに「リツキサン」というのがありますが、これはがん細胞表面にある特定の目印を見つけて、ここに結合。

 するとがん細胞の形が変わるので、免疫細胞がこれを異常な細胞と判断して駆逐するという原理です。

 一方オプジーボに代表される薬は、ガン細胞から出される免疫細胞の働きを弱くする物質を阻害するということで、これによって既存の免疫細胞が弱体化せず、ガン細胞を駆逐できるということのようで、「なるほどなあ」と思いながら読んでいました。

 この考えに基づいた、類似の薬が今後もこれからどんどん開発されるだろうとのことですが、現状で問題になっているのはその価格。

 こういった薬を使う事で資産を失う人もいるようで、今後の課題になっています。長寿はめでたいことですが、ただただ長寿だけを追い求めるのもどうかなあと最近思うようになっています。以下アマゾンへのリンクです。



 

第1364回 線虫で細胞分化の研究とがん細胞の探知

 今日の新聞に「線虫」という生物が、においで「がん」を識別する、という面白い記事が出ていました。線虫というのは体長が1mmぐらいのミミズのような細長い生物で海水中や土の中にいると書かれています。

 実際私は生物の実験で、単細胞生物を観察するために水中の藻や泥を集めて顕微鏡で観察する実験を何回も行っていますが。通常の単細胞生物のほかに、こういった線虫をよく見かけます。

 顕微鏡でみると半透明の細長い紐のようなものが蠢いています。しかし記事を読むと、2万種類が知られていると書かれていますから、私が見たのはそのほんの一部だと思われます。

 しかし昆虫や哺乳類と違って、外見はみな同じ。半透明の細長い生物ですから、これだけの種類があると言っても、遺伝子レベルの話かなと思われます。

 話を戻して、この線虫は特定の匂いに引き寄せられるようで、最初はがん細胞を培養した溶液、次ががん患者の尿と試したところ、それらに寄っていく傾向が見られたということです。

 実はこういった匂いでがん患者かどうかを見分ける方法は、すでに犬でも行われてます。しかし記事を読むと驚きますが、線虫による尿を使ったがん的中率は96%近く

 逆にがんでない健康な人の的中率も95%だそうですから、レントゲンや超音波による検査、さらには内視鏡、MRIといった、最新のテクノロジーよりも、線虫の方が的中率が高そうです。

 しかも例えば胃検診で使われるバリウムを飲む必要がなく、苦しい思いをして胃カメラを飲んだり、痛い思いをして大腸の内視鏡検査を受けたりする必要もなくなりそうです。

 さらに記事では、結果判定まで1時間半、コストが安く、早期がん発見の可能性も高いということで、何千万円もする高価な医療検査器具を購入する必要もなさそうです。

 当然医療費も減るでしょうから、病院や医療器具製造メーカーにとって痛手になりそうですが、患者側としてはメリットが非常に大きくなります。

 現在実用化の道を探っていると言うことですが、ここまで分かっているのなら、早く取り入れてほしいものです。

 なお線虫と言う生物は多細胞生物ではあるものの、その体を構成している細胞数は全部で959個と非常に少なく、(人間の細胞数は約60兆個)、1個の細胞が10回ほど細胞分裂(2を10回掛け算します)をすれば、そのからだが出来てしまいます。

 そのため個々の細胞がどのようにそれぞれの機能を持つ細胞に分化していくのかを調べるのに絶好の生物と言われています。また分化の途中で不要な細胞は自然消滅(アポトーシス)するのですが、このメカニズムも研究されているようです。

 というわけで、生物の分化の過程を調べるのに役に立ち、さらに成虫になってからはがん細胞発見に役立ちそうな生物として注目を浴びています。

 人によっては気持ち悪いと思うはずですが、これほど愛しい生物はいないと考えている研究者も多いように思います。


第1356回 腫瘍細胞を狙い撃ちする微小カプセルとは?

 バンコクに来ています。昼間は連日35度ぐらい。パキスタンでは45℃ぐらいの暑さで亡くなられてた方が出たというニュースも見ました。

 バンコクの35℃はまだ良い方かもしれません。ただ日中、必死に動き回ると間違いなく熱中症になるなと思っているので、出歩くときは、先ず水を飲んで、帽子をかぶり、日なたを歩くのはなるべく短時間、と言うことを心がけています。

 それでも、旅行ですから、家にいるときよりは動き回る機会も多く、連日1~2万歩ほど歩いていると思います。加えて高架鉄道を使うことが多いため、そのホームにたどり着くため合計100段ぐらいの階段を上り下りしていますので、必然的に足が鍛えられます。

 一方出発直前に感じた足の親指のうずきの気配がまだ残っていて、どうもすっきりしません。旅行中は小食になっているので、食べ過ぎではないのですが、ビールの影響が大きいかもしれません。

 ただ悪化する気配はないので、様子を見ながら歩き回っています。運動量は充分です。

 現地でも朝食時は日本の新聞を読むことが出来、韓国のMERSがなかなか収束しないことに不安を感じています。バンコクでも中東からの旅行者が一名MERSだったことが分かり、すぐに隔離。それでも連日こちらの地元の新聞ではトップ記事の扱いになっていましたので、関心は大きいと思います。

 今日の新聞には「ガンを狙い撃ちする微小カプセル」という記事が出ていて、興味を持って読んでいました。直径55nmと書いてありますから、55×10ー9(m)と言うことになりそうで、0.000000055(m)という大きさ。

 その中に放射性元素のガドリニウムという物質を入れ、これに中性子線を照射するとガドリニウムの原子核が崩壊して放射線を出すようで、これがガン細胞を殺す、と言うことのようです。

 要するに今までは外部から放射線を照射して、ガン細胞やその周辺の細胞を駆逐する、と言う形だったものを、内部から破壊すると言うことです。

 その昔、「ミクロの決死圏」という映画があって、これは主人公が小さくなって体内に侵入して脳出血を治すという映画だったと思いますが、それと似ているなと感じました。

 ただなぜこのカプセルがガン細胞近くにおびき寄せられるのかと言う記述がありません。腫瘍細胞表面の何らかのタンパク質を目印にしているのかなと思いますが、目印が分かっても、そこに集まるメカニズムが不明。

 しかしネズミの実験は成功したと書かれているので、確かに凄い技術だなと思います。こういった技術の発達は、やがて体内で活躍するマイクロロボットを生み出すのだろうなと感じます。
  

第1300回 「ANK免疫細胞療法」とネットの記事の信憑性

 数日前の新聞広告で「図解でわかるがん治療」「ANK免疫細胞療法」という書籍が紹介されていました。実際に内容を読んだわけではないので、この治療によってがんに効果があるのかどうかは分かりません。

 ただ説明文をさらっと読むといかにも効果がありそう、もしくは既存のがん治療では限界があると感じたとき、やってみてもいいのではと思わせるような紹介文が書かれています。

 一方、今日の毎日新聞朝刊。シリーズもので「がん社会はどこへ」という記事が掲載されていて、今日の見出しは「ネットの情報 どう見極める」という内容です。

 
 読んでみると最初に不安になる内容が書かれています。2007年の調査で肺がんの治療についてネットで検索したら、上位50サイトの内、信頼できない情報や、研究段階の治療を進めるようなサイトが半分以上だったということです。

 一方がん以外の病気では、そういった傾向は少ないようで、要するに「がん治療」に関することだけに、怪しい情報が氾濫しているという結論になったということです。

 さらに英語を使った検索では根拠のある有効治療のサイトが8割ぐらい紹介されるのに、日本語版では3割ぐらいに減ってしまうと書かれています。

 というわけで、信頼性に乏しい情報が、日本ではネット上に氾濫していると結論付けています。では何を持って信頼性を判断するのかということが問題です。

 ここで書かれているポイントは

 
・ 誰が書いているか
・ 情報源はどこか
・ いつの情報か
・ 運営主体はどこか

 ということだそうです。実際、私も「悪性リンパ腫との闘い」という個人サイトを運営していますが、こういった個人ブログの体験は、治療と症状の因果関係がはっきりしないと指摘されています。私自身のサイトも振り返ってみれば、そう言われたら反論できません。

 また残念ながらいわゆる悪徳クリニックと称される診療所も実際に多くあるようで、何百万もかけて特別な治療を行ったが、結果的にがんが悪化する例も多数あるようです。

 そういった視点で改めて冒頭の書籍の内容をみると、著者が「リンパ球バンク」という名称で実態が不明。解説書ですから「知りたい」という希望にはある程度答えられると思いますが、もし本格的に知りたいということなら、かなり医学の専門書を読まなければいけないはずで、私自身上記のサイトの内容を書くにあたって、かなりネットで医学分野のサイトを見て調べた思いがあります。

 
 というわけで、この先私自身もがんの症状を呈する可能性がないとはいえませんので、こういった最新情報の知識は必要だと思いますが、現に治療を受けている人が、無闇に実際の治療として手を出すのは問題だなと思っています。



検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
28位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。