FC2ブログ
HOME   »  ★健康維持
Category | ★健康維持

第1855回 新型肺炎が猛威?対策はいつもの方法

 中国の新型肺炎は中国全土だけでなく、世界中にも拡散。連日発表される数値が上昇。今日の時点で私がニュースで確認した数値は、中国国内での総感染者数は1287名。

 亡くなられた方は41名。重症者は237名ということで、全世界を考えると1300名以上という数値が出ています。またここにきて、致死率はSERSやMERSに比べて高くないものの(3%前後?)、感染力が高いという記述も見られ始めました。

 1月当初は人から人への感染は見つかっていないという強気のニュースもありましたが、今はもう人から人への感染が存在するという事が共通認識になったようです。

 さらに現地では隔離するためのベッド数が足らず、なおかつ診断を確定するための検査キットも不足しているという事らしいので、要するに症状があっても、新型肺炎と認められていない人も多そう。

 また通常の肺炎のような高熱を出すことはなく、咳やくしゃみの軽い症状で収まる人もいるようです。とはいえ、ご本人が収まっても、咳やくしゃみによる飛沫感染はありそう。

 という事は、本人は元気だし旅行に行けると判断して、出かけた先で感染を意図せず広げてしまうという現象も起きそう。

 ということで、中国当局は、ここにきて事態の進行が予想外という事を認識したのか、武漢の交通機関を閉鎖という荒療治に乗り出しました。

 しかしその処置がとられる前に運よく?抜けだした人がすでに世界各国に散らばっています。この病気の潜伏期間は3日から12日なんて言う記述もありましたので、この潜伏期間中に旅行に出かけていれば、旅行先で発症という事もあり得ます。

 私自身旅行が好きなので、封鎖処置がとられる前に脱出できれば安心だなという気もしますが、自分が感染していて脱出先で感染を広げてしまう可能性を考えると、旅行に行くのは自粛するだろうなという気もします。

 しかし現実は甘くないようで、脱出出来てラッキーなんて考える人が、ブログやインスタグラムにその情報を嬉しそうに公開しているのを見ると、「こりゃ世界中に感染が広がるな」という予想をせざるを得ません。

 さてどうなるのか?今後の推移を見守るしかないのですが、人から人への感染が飛沫感染であると分かってくれば、観光地や買い物で人ごみの中に行かないというのが第一条件。

 次がマスク着用。ただし防御の意味ではあまり効果がないというコメントもネットでは見受けられます。しかし感染源が飛沫なら、PM2.5用の目の細かいマスクなら効果はありそう。

 また手洗いは有効。手先でいろいろなものに触るのは日常的にやむを得ない行動ですが、その際にウイルスが付着する可能性があるということで、その意味では鉄道を利用しても迂闊につり革等は触れないなという気もします。

 さらにうがい。本来なら鼻のうがいもするといいのかもしれませんが、私はできません。あとは前回も書きましたが、自身の免疫力向上のために体力をつけることでしょうか。

 しかしちょっとした風邪でも薬で治すと考えている人が多い現代社会で、マスク着用、うがいや手洗いの励行というのは、何とも古めかしい対策だなという気もします。
  

第1850回 60代後半は老年期への移行期間?

 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年の誕生日で67歳になります。ここ数年、壮年から老年に移行する期間で、体調が徐々に変化してきたなと感じています。

 63歳の春ごろ、大腿部の筋肉量が減ったのか、左側の鼠径部ヘルニアとなり、生まれて初めて手術、そして数日の入院生活を経験。「入院というのは不便なものだな」と思いながら無事退院。

 ところがその年の夏に、今度はクモ膜下出血という命にかかわる病気を発症。その日はいつものように夕食前にビールや焼酎を楽しんで就寝。
 
 しかし未明になって後頭部にとんでもない痛みを感じて目が覚めました。起きた瞬間、「これは只事ではない」との判断力は残っていたので、躊躇なく息子を叩き起こして救急車を呼ぶように依頼。

 依頼後、何とか着替えてリビングのテーブルに突っ伏した状態で救急隊が到着。そのまま症状を聞かれて、救急車には自分で歩いて乗り込んだことは覚えていますが、そこから先は意識喪失。

 気が付いたら数日が経過。病院のベッド上で気が付きましたが、あとから聞いたところによれば手術後は集中治療室みたいなところでしばらく過ごしていたみたいです。
 
 その後しばらく寝たきり状態が続きましたが、幸いなことに徐々に回復。やがて病院側から、急性期は脱したのでリハビリ病院に転院してもらいたいという要請を受け転院。
 
 転院先の病院では若くて元気な看護師さんや理学療法士、作業療法士さんの指導を受けて、当初は立ち上がるのがやっとだった状態から、最後は数kmの散歩をこなせるまで回復し退院。

 以後それまでの食生活を反省して断酒。これは今も続いています。その後、年に1回の脳のMRI検査を受けるようになって、新たに頸動脈に狭窄があることも判明。

 ただ手術するほどではないとのことで経過観察。一方その頃から心臓に雑音があるという指摘を特定検診で受けるようになりました。

 何が原因かは不明ですが、30年来に渡って高血圧症状を示していましたから、動脈硬化等の影響が体のあちこちにあるのかなと思っています。
 
 クモ膜下出血もその動脈硬化の影響かもと思えます。てなわけで、断酒をして食生活を改善し、出来るだけウォーキングを実践しようと思っているわけですが、そんな中、昨年春先に再び今度は右鼠径部ヘルニアの兆候。

 結局こちらも手術となりましたが、体の老化がどんどん進んでいるんだなと感じました。一方で断酒と食生活の改善、適度な運動によって、クモ膜下出血で入院する前に66kgぐらいあった体重が、退院後は56kgまで減少。

 それと共に血圧も低下。今も降圧剤は服用していますが、今年の冬は125/80ぐらいで安定しています。

 というわけで、そろそろ老年への移行期も終了し、今年は少し体調が落ち着く時期になってほしいなと願っています。
 

第1849回 認知症にならないために歩幅を意識してウォーキング

  いよいよ年末。買い物のためにショッピングモールやスーパーに出かけると、駐車場は大混雑。日頃運転していない人も多いのか、小道から突然飛び出して来たり、赤信号になっているのに勢いで交差点に突っ込む車を多数見かけます。

 こりゃひどい運転だと思いながら運転手さんを見ると高齢者であることが多い。反射神経が鈍っているのか判断力が鈍っているのか理由は不明ですが、本人たちは平然と運転しているようです。

 高速道路での逆走事件も今年は良く報道されていましたが、先日の記事では「逆走している本人は逆走だとは思っていない」というコメントもあってびっくり。

 つまり逆走している自分は正しく左側通行しているのに、なぜか他のほとんどの車が無茶な追い越しをかけて正面から突っ込んでくるという認識になっているということのようです。

 私もかつて一度だけ関越道で逆走車に遭遇したことがあります。人間というのは面白いもので、日常的にあり得ない体験をすると、思考が妙に緩慢になり、判断ができてもなかなか行動に繋がらないんだという事が分かりました。

 遠くの方から逆走車が迫ってくるのが見えたのですが、「あれ?なんか変な車が近づいてくるぞ」とは思ったものの、「逆走車だ」という認識に至ったのは、たまたま私が走行車線を走っていて、傍らを車が通り過ぎて行ってから。

 普通の道路上ではごく当たり前のすれ違いですが、通過してから「逆走車だ!」と気が付いて、なんか手や足に緊張感が走ったのを覚えています。

 というわけでこの時期の車の運転は普段より一層注意しないといけないなと気持ちを引き締めています。そんな気持ちを持ちながら先日近所のショッピングモールへウォーキングを兼ねて訪問。

 セールの貼り紙がぶら下がる中を人ごみに交じって歩いてきましたが、中に極端に歩幅が狭い高齢者がいるのを発見。何らかの病気ではないかなと思えるのですが、本人にとっては重大事です。

 ネットでこの件について調べてみると、パーキンソン病という病気かもしれないという事のようです。同時に高齢者が病気になると歩幅が徐々に狭くなると書かれているページも多数は発見。

 「健康長寿ネット」というページには、高齢者の歩行の特徴という記述があって、速度、歩幅、歩行率、姿勢等について書かれています。

 一読して改めて自分の歩行を振り返ってみると、現役時代より確かに上記の項目で若干衰えがあるなと感じました。というわけで、最近スマホのアプリにウォーキング関連アプリをインストールしたので、そのデータをもとにちょっと計算。

 現時点の私がウォーキング等で普通に歩いている時の速度は時速4.4kmぐらい。秒速に直すと1.22mぐらい。歩幅が66cm。1週間のデータを平均したものなので、信頼性は大きいような気がします。

 ちなみにオムロンのページには歩幅の目安として身長×0.45という式が掲載されていて、これで計算すると私の場合は171×0.45=77cmとなり、ちょっと狭くなっている感じ。

 また歩幅が狭くなってくると認知症の可能性が高まるというデータもあるようで、その意味では日ごろから少し歩幅や姿勢を意識して歩く必要があるようです。
 

第1844回 ウォーキングアプリでウォーキングの質を改善?

 スマホにウォーキング用のアプリを導入して、スマホを持ち歩いている時間に歩いた時間や距離を記録するようになりました。この1週間ぐらいの記録を見ると、1日3000~10000歩という結果です。

 さらに歩いた距離を歩数で割り算したら、私の歩幅は68cmぐらいのようで、この歩幅が維持できれば割と状況は良さそう。ただ5年ぐらい前は70cmをこしていたような気もします。

 3年半前にクモ膜下出血を経験して、数か月間入院生活。当然入院中は運動不足となり、この頃に大腿部の筋肉がだいぶ衰えたような気がします。

 さらに病気による高次脳機能障害の1種類と思われる「ふらつき感」を覚えるようになり、退院後もまっすぐ歩くことに困難を感じ、階段の上り下りが手すりなしでは怖かった記憶があります。

 主治医からは、「ふらつきは一生続きますが、あとは慣れです」とちょっとがっくりするようなコメントをもらいましたが、事実3年半後の今も歩いているとふらつきは感じます。

 ただその頻度というか程度はずいぶん改善され、周りに人がいなければ階段も手すりなしで降りることができます。人がいっぱいいると、自分の歩行範囲が制限されるので、その分ふらつき感がひどくなります。

 とはいえ、退院直後は100m歩くのにもずいぶん神経を使いましたが、今は「ちょっとふらつくな」と感じる程度です。というわけで、涼しくなって歩きやすい気温になったこともあり、このところ日常生活で片道1kmぐらいの範囲は歩いていこうと思っています。

 ちなみに10000歩の記録が出たのは、つい先日上野にある国立博物館まで行ってきたからで、さすがに6000歩を越すと疲れるなという印象でした。

 巷のウォーキングに関する解説では、1日1万歩を推奨していることも多いようですが、個人的な感覚としては1万歩は多すぎます。6000歩前後が快適だなと感じています。

 また歩く速度ですが、我が家の近くの河川敷をのんびり歩いていると、その速さは時速4kmぐらいでした。以前は5kmぐらいだったと思うので、やはり歩行速度も落ちた印象です。

 とはいえ、シニアの平均はやはり4kmぐらいのようですから、今後はこれを維持しないといけないなと感じています。さらに理想を言えば、歩幅をもう少し広げたい。

 ウォーキング中にも他のシニアが散歩している様子を見ることも多いのですが、「辛そうだな」と感じる歩き方は、だいたい歩幅が狭くなっているようです。

第1843回 いつもの診療所へウォーキングで

  昨日は一か月に1回通っている診療所への通院日。10時に予約をしたので、9時35分ごろ自宅を出発、診療所までは片道1.2mぐらいですが、天気も良かったのでウォーキング。

 最近、歩きやすい季節になったので、1km前後の近隣は歩いて移動しようという気になっています。今年の夏は猛暑だったので、エアコンに頼った車での移動が増えた結果、いつの間にか500mぐらいの移動でも歩くのは億劫に感じられるようになっていました。

 しかし、先日風呂に入った時足の太さを見たら、太ももが明らかに以前より細くなっているように見え、筋肉量が減少しているのではと痛感しました。

 だとすると、夏場に右鼠径部のヘルニア手術を行ったのですが、この原因もやはり大腿部の筋肉量の減少が原因ではないかと思え、「これではいかん」と思うようなりました。

 というわけで、15分ほど歩いて診療所に到着。この診療所は医師の態度が患者に寄りそう様子が良く見えるので、最近患者も激増。予約をしないと1時間ぐらい待たされることもあります。

 その意味では、医者の診断が正確のはもちろんですが、やはり言葉遣いや態度に、患者の気持ちを理解しようとしているかどうかが大事だなと痛感します。

 しばらくして私の順番になり受診。まずは先日行った特定検診の結果を見せました。今回の検診結果で×がついたのは、血圧と尿酸値、そして尿タンパク。

 血圧は「測定します」と言われた瞬間に上昇するような気もするので、いわゆる「白衣高血圧」ではないかと思っているので、日ごろから記録している血圧の一覧表も持参。

 すると、「この結果なら問題なさそうですが、これから寒くなってきたら薬も増量する必要があるかも」というアドバイスでした。

 ちなみ今現在は「イミダブリル」という降圧剤を、既定の5mgの半量を服用しています。これは医師にも申告済みで、今後上昇の気配が見えたら規定量に戻するつもりです。

 また尿酸値が異常に高いので(7.9)、これは食事量や内容、運動で調整し、再度検査した方が良いかもという事でした。さらに尿蛋白。どうやら腎臓の働きが衰えつつあるような印象で、これも後日再検査が必要かもという事でした。

 とはいえ、新たに処方されて薬はナシ。これまで通り、降圧剤のイミダブリルを2週間分、抗凝固剤のバイアスピリン28日分、コレステロール剤のシンバスタチン28日分の処方箋をもらって、ついでにインフルエンザの予防接種の予約をして帰宅。

 すぐに我が家から30mほどのところにある薬局に処方箋を持参し、薬をもらってきました。


第1842回 健康維持にスマホのアプリを活用

 加齢を重ねると、個々の細胞に不要物のカスがたまり、徐々にその働きが悪くなるというのが、私の老化のイメージです。いつもブログを書くとき使っているコンピューターも毎日使い続けていると、やがていろいろな不具合が起きるようになります。

 しかしだましだまし使ったり、時にはアプリケーションやファイルの削除を行い、さらに一時ファイルの削除やファイルのデフラグを行うと多少動きが戻ります。

 人間の体も似たようなもので、余計な脂肪やコレステロールを何とかそぎ落とし、さらに残った器官の能力を少しでも維持するために良質の食事や睡眠、そして運動が欠かせません。

 先日、楽天の投資セミナーに行って、いろいろな投資の話を聞いてきたのですが、現在の年金制度においては、退職後はそれまでの預貯金を少しずつ取り崩していくしかないという事でした。

 問題はその取り崩し方で、総資産そのものは減少するが、その傾きを少しでも緩やかにするため投資が必要というような話でしたが、健康問題もこれと同様だと感じています。

 つまり老化は避けられない。しかしその老化の程度、まあある意味健康曲線みたいなものの傾きを少しでも緩やかにする努力をする必要があるように感じています。

 とはいえ私の場合は、それまでも決して健康とは言えない体だったのに、20代から散々飲酒生活を行っていたせいか、63歳の時動脈硬化が原因と思われるクモ膜下出血を発症し、以後67歳になった今でもふらつきの後遺症が残っています。

 ただこの病気を契機に、健康に対する意識がそれまでと激変。 まず行ったのが断酒。次が起床時の簡単なストレッチ。そして朝食後の果物摂取、猛暑時や厳寒時を除いて週数回のウォーキング、規則正しい生活を実行。

 こういったことを意識してから、前回書いた健康診断の数値はかなり改善しました。しかし病気になって3年半後の最近は、上記の生活習慣がちょっと崩れ気味。

 何かを長期間実行するのは実に難しいなと感じています。特に朝のストレッチと夕方のウォーキングが滞りがち。どうしたもんかと思いつつ、春から格安スマホを使い始めたので、ポケモンGOのようなアプリをインストールして歩いてみたりしましたが、それほど面白くもない。

 しかしある時、アメリカのラジオが聞けるアプリというのがあることを知りダウンロード。私はハワイ旅行が好きなので、当然ハワイアンミュージックにも関心があります。

 というわけで、スマホを使ってハワイのラジオを聞きながら朝のストレッチとウォーキングを行うようになったら、これは結構楽しめることが分かりました。

 好きなのはKINEという放送局なのですが、音楽の合間にコマーシャルなんかが入って、これを聞いていると英語のリスニングも鍛えられそう。

 今日も先ほど40分ほど歩いてきましたが、まだまだスマホの便利アプリがありそうです。

第1835回 エアコンの活用で台風接近時の体調不良を減らす?

 台風19号、名称はハギビスというそうですが、どうやら「素早い」という意味をあらわすようです。 だとすれば言葉通り、あっという間に通過してほしいなと願っている人は多いと思います。

 現在の状況ですが、昨日よりもさらに発達して中心付近の気圧がなんと915hpa(ヘクトパスカル)となっていて、これは約0.9気圧ということになります。

 昨日は975hpaとなっていましたから、なんと一気に60hpa降下。しかもさらに発達する可能性もありそうで、土曜日に紀伊半島沖に接近。

 台風は接近時に被害が大きくなる傾向がありますから、三連休で四国、紀伊半島、東海方面への旅行を予定している人は、相当大きな影響を受けそうです。

 また予想進路図を見ると13日9時に宮城県沖に達する進路が想定されているようですから、首都圏では土日の外出は控えた方が良さそうです。

 てなわけで、こりゃつまらない三連休になりそうだなと思っていますが、一方で私はすでに昨日あたりからなんとなく体調不良(息苦しさ)を感じ始めました。

 まるで台風が接近してくるのを体が予兆として捉えているようにも感じられますが、今日は気温が低く小雨模様ですが、天気図を見ると北に前線があるものの、それほど顕著に気圧が低下しているわけでもなさそう。

 昨日も書いたように、台風接近時の体調不良は気圧変化だけが原因ではないだろうと私は思っているのですが、「じゃ何が?」と聞かれると返答に困ります。

 医療関係者はそういったときでも何らかの返答をしなくてはいけないので「自律神経のバランスが云々・・・」という言い方でごまかしてしまうのではと疑っているのですが、さりとてそれ以外の原因を考えるとどうも良く分かりません。

 実は接近時に伴って湿度が上昇するので、その影響で空気中の酸素の分圧が低くなるのではと思って昨日ちょっと調べていたのですが、湿度100%といっても、湿度の定義から考えると、水浸しになっているわけではないという事も分かりました。

 要するにその時の自分を取り巻く空気の中に溶け込むことができる最大の水蒸気量に比べて、今現在どの程度溶け込んでいるかというのを表す指標が湿度だということで、実際にはその変化はかなり微量。

 そんな微量で息苦しさは感じないかもしれないなというのが、調べた感想です。ただ梅雨時にも何となく息苦しさを感じることもあり、もしかしたら湿度も体調不良の原因の一要素かなという気はしています。

 ちなみに航空機内は離陸時に台風よりもっと激しく短時間で気圧が降下します。にもかかわらずほとんど息苦しさを感じないのは、もしかしたら湿度等が適切に管理されているからかもしれないなという気もします。

 であるなら、台風接近時に息苦しさを感じたら、エアコンの除湿機能を活用するという方法があるかもしれないなと今は思っています。

検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
28位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。