FC2ブログ
HOME   »  腰痛
Category | 腰痛

第1213回 軽度の腰痛は旅行で解消

 昨日から、またまたハワイの次に好きなバンコクに来ています。一時はデモ騒動やクーデター騒動で旅行を諦めかけましたが、軍の政権掌握により市街は以前より平穏になったと判断しました。

 実際飛行機もかなり混んでいて、空港から市街までもいつも通り。ホテルに到着して、夜の飲み歩きをたのしんできましたが、街の様子もいつも通りです。

 ただ到着したのが水曜日だったせいか、飲み屋さんのお客さんは少なかったです。バンコク関連のニュースに寄れば、5月の観光客はいつもより20%少なかったそうですから、夜の営業を行っているお店は大打撃だったと思います。

 だからこそ夜間外出禁止令が出ても、早期に解除せざるを得なかったのだと思いますが、私自身飲み歩きを楽しみに来ていますので、助かりました。

 ちなみに以前も書きましたが、最近旅行にはいつも万歩計を持参するようになりました。つい先日は北陸旅行に行きましたが、連日1万から1万5千歩ほど歩きました。

 バンコクも、日本からバンコクのホテル到着まで交通機関を乗り継いでいるだけなのに1万歩歩いていました。昨日は街なをウロウロと動き回っていましたから1万5千歩。

 旅行は疲れるけど、精神的にはストレスが解消され、肉体的にはいつもよりかなり多い歩行を伴うので、どちらにしても健康には良いなと思えます。

 旅行前に腰の張りを覚え、運動した方がよいか、しない方がよいかちょっと悩んでいましたが、実際にバンコクに来て歩き回っていると、腰の違和感はほとんど感じませんので、やはり運動した方が良いんだなと感じました。

 当然ながら観光を主にすれば、今のように、パソコンに向かって同じ姿勢で長時間という時間も減るので、筋肉が強ばると言うことも少ないのかなと思っています。

 というわけで私の結論。軽度の腰痛は、どんどん外に行って歩くべしです。自宅近くにそのような環境がなければ、日帰りでも良いので、どこかに出かけて歩き回るのが一番と言うことです。

第1212回 腰痛を感じているとき、運動はした方がよいのか?

 梅雨に入ったと思ったら、雨がバシャバシャ降って河川は増水。健康と家計への支援を目指してがんばっている家庭菜園も大雨の影響を受けて、つちはぐちゃぐちゃ、トマトは水を含みすぎてひび割れ。

 もともとアトピー体質改善のために農薬や化成肥料は使わず、もっぱら我が家から出た生ゴミと土そのものの力で栽培しようとがんばっているのですが、なかなか思い通りにはいきません。

 周囲には同じように家庭菜園を行っている方がも多数いますが、栽培そのものに技術力があるのか、必要に応じて化成肥料や農薬を使っているのか、我が家とは比べ物にならないほど大きくて立派な野菜が出来ています。

 まあ他人の畑を羨んでもしょうがないので、自分のペースで今後も続けようと思っていますが、やっぱり大雨は影響が大きいです。

 というわけで、雨が続いていたので、ウォーキングも家庭菜園の世話もしばらく出来ずにいたのですが、先週末あたりから朝は青空が広がるようになりました。

 早速ジャガイモ堀りや除草と忙しい思いをしていますが、体を動かすのはやはり気持ちがいいです。また昨日は夕方急遽思い立ってウォーキングをしてきましたが、たった40分ぐらいのウォーキングで、明らかに睡眠の深さが変わります。

 実は、雨が降り続いていた頃、腰のあたりになんとなく張りのようなだるさのような、本当に軽い鈍痛のようなものを感じていました。

 そのときに、痛みを感じるときは何もせずに安静にしていた方がよいのか、あえて運動やストレッチをした方がよいのか、ちょっと悩んでいて、ネットでも調べたりしていたのですが、結論はこれまでの想像通り、無理をしない範囲で運動はした方がよいというものでした。

 要するに痛みの原因は、同じような姿勢を続けることによる血液の流れの滞りや、特定の筋肉や腱が同じ状態で凝り固まってしまうことに寄り、徐々にあちこちにその影響が蓄積され、それらの複合的な要因で神経が痛めつけられ痛みを感じるのではと考えられるということです。

 というわけで、痛いときに運動するとさらに痛くなるのではないかという恐怖感も若干あるのですが、昨日40分ほど歩いた感触に寄れば、今日の腰はそれほど違和感もないので、やはり運動をした方がよいという結論になりそうです。

 また整体というほどではありませんが、風呂の中や寝る直前に出来る範囲で体を伸ばしたり曲げたりしているのも効果があるような気がします。

 何も整体の本を買ってきて真似するほどのものでもなく、要するに仰向けに寝て動かせる範囲で足や腰、肩を曲げたり持ち上げたり広げたりしている程度で時間にしても10分弱。

 深呼吸と一緒に行うと、その先の睡眠もすぐに訪れるような気がします。

第1209回 腰痛の85%は原因が不明

 再び腰痛の話題です。私の母親は、現在腰が痛いと言っていますが、原因は不明。近所の混雑している整形外科に行ったときも、散々検査をされた挙句、5分間の受診で「原因は不明。痛くても我慢して薬は飲まない方がよい」と冷たい言い方をされたと憤慨していました。(実際にはもっと乱暴な言葉遣いだったようです)

 いつも混んでいる病院で看護士さんは比較的親切なのですが、どうも整形外科の特定の医者の乱暴な言動が目立つようで、患者さんの間でも話題になっているようです。

 医者も忙しいし、医者に言わせれば「たかが腰が痛いぐらいで四の五の言うな!」ということなのかもしれませんし、もっともっと急を要する患者さんが他に多数いるんだから、「仕事の邪魔をするな」という苛立ちがあるのかもしれません。

 しかし50代と思われる医師が80代の高齢の母親に向かって投げつける言葉だと到底思えないので、「そこはもう行くな」と母親には伝えてあります。

 ただそういった乱暴な医者の言葉の中にも真実は含まれていると思っています。それは高齢者の腰や場合によっては肩や腕の痛みと言うものは、原因が分からないものが多いと言うことです。

 今日の毎日新聞の「くらしナビ」のページに、実際に腰痛になっていろいろな経験された方の具体例が出ていますが、最後の方に、厚労省の見解がまとめられていて、そこに「病院外来を受診する腰痛患者の約85%は、厳密な原因が特定できません」と書かれています。

 また記事内容では、
心因性の腰痛もあるとかかれていて、ストレスが引き金になるときもあるようです。 しかしこうなると、椎間板がどうとか、脊椎がどうとか、神経がどうこうといった原因分析は、いくらやっても意味がないということになりそうです。

 病院としては、それでも患者から様々な訴えがありますので、それっぽい名前をつけて、最終的には痛み止めを処方と言うことになるようです。患者側としても名前が分かれば、なんとなく原因も分かったような気になるものです。

 というわけでもし原因不明の腰痛なら、いくら体がゆがんでいるから矯正すれば直るといわれても、あまり説得力はないように思います。

 つまりある意味整体神話を作ることによって、「直るだろう」という期待を持たせているだけかもしれないなとも思います。

 ただ腰痛や肩こりが年齢と共に悪化すると言うのは間違いなさそうです。一方年齢と共に衰える最たるものは筋肉組織だと言うことですから、この筋肉が若いときの状態に戻れば、痛みは軽減しそうな気もします。

 と言うことは、やはりストレッチや適度な運動によって、筋肉を使い、周辺に存在する血液の流れを改善することが一番腰痛軽減に役立つような気がします。
 
 そうした方法のひとつとして整体を考えるならば、それもまたありだろうなと思えますが、基本的には日常的に適度な運動を継続すると言うことなのかなと思います。

 

第1207回 「体にゆがみ」があることは不健康なのか?

 私の体の骨盤がゆがんでいたという前回の記事を改めて読み直して、いくつか「こりゃ自分の認識が少しおかしいぞ」と思うようになりました。

 先ず第一点。文章力の問題だと思いますが、本当に骨盤そのものがゆがんでいたら大変なことになりそうだ、という点。基本的に人間の骨はほぼ左右対称に作られているでしょうから、それが成長に伴ってゆがんだと言うことになれば、相当面倒な病気であるように思えます。

 ということは、この文章は正しくは「左右の骨盤の出っ張り部分の高さが違うように思える」ということだと思います。 つまり本当は高さは違っていないのに違っているように見える、という場合と、本当に少しだけ違っている場合の二通りがあるということです。

 そうすると疑問の第二点。もし本当にゆがんでいて骨盤の形自体が左右で高さが違うとしたら、その下の足の長さが違わないと体はまっすぐ直立しません。

 しかし大たい骨から足首あたりにいたるまでの骨の長さに数cmの違いが有るのか?というのが、どうも変だと感じる第二点。

 60余年の生活の中で、例えば軟骨が磨り減るとかの関係で左右の足の長さが数mm違うと言うことはありえるような気もしますが、2cmも長さが違うと言うのはありえない気もします。

 と言うことは、骨盤の左右の高さが数cm違うと言うことは、単に測定上の誤差でしょうか。実際に仰向けに寝て足をそろえて伸ばしたとき、見た目に2cmも長さがずれると言うことはないように思えます。

 つまり素人が素人の方法で体のゆがみを知ろうとしても、はっきりとは分からないのではないかと思いはじめました。それをあえて正確に知ろうと思ったら足のレントゲン写真を撮影して左右を比較する以外ないのかもしれません。

 そもそも体は縦横上下の立体構造をしているのに、それを1次元の長さだけを見て、「ゆがんでいる」と定義すること自体が、無理があるように思います。

 そう思って気がついたのが、確かに人間の体の外形は一般的に左右対称になっていますが、内蔵に関しては非対称です。従って内臓を取り巻く筋肉組織も非対称になっているはずです。

 もしかすると骨格は左右対称になっているのかもしれませんが、骨格を取り巻く筋組織は内臓の非対称性のせいで、必ずしも対象になっていtないような気もします。

 だとすると、「人間の体は左右対象だから、それがずれていると健康に良くない」という前提条件が崩れるような気がします。

 体は多少ゆがんでいるのは当たり前。だけどそれが原因で年齢と共に何らかの影響を健康に及ぼす、という考えは間違いではないと思いますが、だから体のゆがみを直せば健康になるという単純な結論にはならないような気もしてきました。

 まだ頭の中をうまく整理し切れていないのでまとまらない文章になっているように思いますが、「ゆがみの強制」=「健康」ということではなさそうだ、という気がしてきました。

第1206回 私の体は骨盤付近でゆがんでいました

 整体について調べてみると、やはり基本は整形外科になるようです。しかしもちろん病院の力量や医師の質にもよると思いますが、レントゲンをとっても異常が見つからなければ、痛み止めを処方されて特にアドバイスはなし、ということも考えられます。

 (実際我が家の母親は、近くの病院でいろいろな検査を受け、散々待たされた挙句、似たようなアドバイスを受けて帰宅して、疲れただけだと言っていました)

 というわけで、今後症状が悪化するなら、最初は信頼のおける親切な整形外科を探すしかないなと考えるようになりましたが、その前にそもそも腰痛または腰部の張りの原因が体のゆがみから生じているのかどうかが不明です。

 しかし体がゆがんでいれば、腰とはいわなくても、その他の部位にも様々な悪影響を及ぼす可能性はあるなと思ったので、先ず自分の体がゆがんでいるのかどうかを調べたいなと思いました。

 そこで昨晩、風呂上りに試しにやってみようと思い、まったくの思いつきですが、柱に対して横向きになり、右手を上にあげて、少し体を伸ばすようにして一番高くなった点に印をつけました。
 
 次に今度は左側を柱に向けて左手を上に伸ばして同様に印をつけました。もし左右の高さがずれていたら、体が常に左右どちらかに傾いている可能性があるなと考えたからです。

 結果は・・・・自分でもびっくりしましたが、左右でおよそ2cmの差が出ました。右のほうが高くなっています。もともと右半身のほうが長いのか、関節の関係かは分かりませんが、それをそのまま体のゆがみと考えれば、私の体(特に背骨)は左に湾曲しているようにも思えます。

 我ながらこの結果に驚いて、「自分の体はこんなに傾いているのか」と思い、では特にどこに傾きが集中しているのかと考え、次に骨盤の傾きを測ってみました。

 これも私がその場で思いついたことですが、骨盤は左右にでっぱりがあるので、このでっぱりの高さを比較してみようというわけです。結果は・・・・なんと骨盤も右が高いという結果になりました。と言うことは体が左に湾曲しているのではなく、骨盤から下の左右の足の長さが違うと言うことになりそうです。

 つまり左足のほうが若干短いので、骨盤も右が上に上がり、そこから脊椎が上に伸びていると考えると、骨盤近くの脊椎そのものが湾曲していると言うことになります。

 ということは、体全体が左に湾曲しているのではなく、骨盤と脊椎の結合部分辺りに湾曲した部分が集中していると言うことになりそうです。

 そう思って改めて日常生活を振り返ってみたとき、電車に乗ってドアのそばで寄りかかって立つ時、進行方向に向かって右側に立つより、左側のほうがなんとなく居心地が良いことに気がつきました。

 つまり左足のほうが若干短いために、下半身が左側に傾くわけで、そのため左側に立っていたほうが体が安定すると言うことのようです。

 果たしてこれが今感じている腰痛の原因になるのかどうかは分かりませんが、数cmの単位で体がゆがんでいると言う事実はかなり驚嘆すべき出来事であるようにも思います。 

 

第1205回 体のゆがみを直すためにはどこに行けばいい?

 腰痛という語句と老人と言う語句はイコールで結ばれるのかなと思っていましたが、若い人でも腰痛に悩まされることはあるみたいで、今までそういった悩みはなかったために、母親の腰痛も年のせいと決め付けていたことを少し反省しています。

 人はやはり自分が同じ体験をしないと、本当の意味で親身になれないのかもしれません。

 というわけで改めて自分にこれから起きる可能性があるということを念頭において(まだ腰が痛いというほどではなく、なんとなく違和感があるという程度なので)今のうちに出来ることを考えておかないといけないなと思うようになりました。

 そこで早速自分の腰痛の原因は何だろうと調べ始めたのですが、これがまた分かりにくい。医学が発達したのは良いことなのかもしれませんが、脊髄の特定の部位や、神経によって病名が変わり、さらに腰とはまったく関係ない部分に病気があっても腰が痛くなる場合があると書いてあったりして、こうなるともう訳が分かりません。

 だったらさっさと医者に行けば、と言うことになるのですが、「なんとなく腰に違和感がある」という訴えをきいた医者がどう反応するかを考えると、どうもいまいち乗り気になれません。

 それでも「診てください」という依頼があれば、病院側は当然ながら訴え自体がはっきりしないため各種の検査をやらざるを得ません。

 つまり血液検査、尿検査に始まってレントゲンやCTといった検査になるのだと思いますが、もともと「違和感がある」という程度の症状の場合、検査で悪い部分が見つかる可能性はひじょうに少ないと思えます。

 だとすると、散々病院で時間をとられ、あちこちの検査室をウロウロし、高いお金を払って、最後は「検査では特に異常が見つからないようです。もし痛くなってくるようであれば再度受診して下さい」と言われ、多少親切な医師なら「念のため痛み止めを処方しておきます。まあ年のせいでしょう」という診断が下るように思えます。

 と言うような情景が想像できるだけに、今すぐに病院と言うのもどうも気が進みません。患者側が知りたいのは、どうすれば違和感がなくなるのか、こわばりがほぐれるのか、痛みがなくなるのかという点に尽きるのだと思います。

 しかし病院側は難しい病名を言うか、年のせいでしょうというか、まあどちらかになると思いますが、処方としては運動をして、よく睡眠を摂り、ストレスをためないように」なんていうごく一般的なアドバイスしか出てこないのでは無いかとも思います。

 そこで再びネットの情報に戻るわけですが、病名は数々あって、老化に伴って生じるものはある意味避けることは出来ませんが、よく言われる体のゆがみについては、ある程度対処できるのかなと思えます。

 しかしどこがどのようにゆがんでいるのかとなると、これはなかなか自分では判断できません。その意味では病院ではなく整体の専門家に見てもらうほうが言いのかなとも思えます。

 と思って街中でよく見かける「整体」という施術を行う治療院について調べてみたら、なんと整体には免許がいらないと書かれていてびっくり。ということは民間療法ですから保険も効かないことになりそうです。

 一方接骨院という看板もよく見かけますが、こちらは国家資格だそうです。ただし今度は扱う範囲が整体とは違うようです。だとすると自分の体にゆがみがあることをきちんと教えてくれるのは、やはり整形外科になってしまうのでしょうか?

 これまで調べたことが無い分野だけに、手探り状態ですが、整体に関しては、目からうろこの状態です。

第1204回 腰痛の気配を感じるようになりました

 暖かくなってきて、血圧は正常値を維持(もちろん降圧剤を飲んでいますが)してまずまずの体調だなと思っていたのですが、どうやら腰痛の気配が・・・。

 腰痛と言うと、我が家では母親が現在悩まされていて、医者から痛み止めをもらってますが、お尻のあたりに痛みを感じると言います。

 「お尻なんて筋肉の塊だから痛くなるわけ無いじゃん」と最初はあまり本気にしていなかったのですが、どうやら本当に痛いらしく、医者にも頻繁に訴えるようになりました。

 先日は医者が整体の処置をしてくれたようで、その後数日?ぐらいは痛みが取れたようですが、けっきょくまたぶり返しています。

 整体で痛みが取れて、再びぶり返すと言うことは、体がゆがんでいるということの表れのように思えたので、ストレッチと運動をするしかないよ、と伝えていたのですが、どうやら同じ症状が私の体にも起こり始めているような気配を感じます。

 改めて腰痛という痛みの症状ではないものの、腰から下の症状で普段とは違う初期症状を振り返ってみると、疲れたときに歩いていると、時々ですが右足のつま先が地面や床にひっかかるという症状がありました。

 一過性のもので、「疲れているからだ」と気にもとめていなかったのですが、今改めて「腰痛」の原因が体のゆがみにあるとすると、こういった「つまづく」という現象も、初期症状の一つだったのかなと思えます。

 不思議なことにウォーキング中にはこういった症状はめったに感じません。なにげなくふらふらと歩いて気を抜いているときに、かくっと引っかかる感じです。

 そういった症状は、振り返ってみると2年ぐらい前から数ヶ月に一度ぐらいあったように思います。

 そして現在ですが、右の腎臓の後ろ辺りからお尻の骨盤の上辺りが張っているなという印象です。「張っているな」という感覚と「腰痛」は違うと思っていましたが、その後今年になってまさに母親と同じ右のお尻の上辺りにときたまピリッという痛みを感じるようになりました。

 最初のうちは、「おっ、この痛みはいったいなんだ?」と思っていたのですが、母親の症状を振り返ってみると、どうやら似たようなことが起きているのではという認識に至りました。

 しかし60歳を越えるまで腰痛とは無縁の生活を送ってきましたので、この先腰痛に悩まされるのかと思うと、ちょっと気持ちが暗くなります。

 とりあえず、夜寝る前にベッドの上でストレッチをしたりしていますが、どの程度効果があるのかは不明。しかしここ一ヶ月ぐらいで徐々に「張っている」という感覚がはっきりしてきましたので、これは本腰を入れて対策を練らないといけないなと思うようになって来ました。

 というわけで、これからしばらく腰痛の話が続きそうです。


検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
28位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。