FC2ブログ
HOME   »  自律神経失調症
Category | 自律神経失調症

第1301回 「冷え」と「体調不良」

 少しずつ日が伸びてきたのが実感できます。それとともに、昼間の最高気温が10℃を越す日も徐々に増えてきています。ただ相変わらず我が家が住んでいる埼玉県では北西風が吹くことが多く、恒例になっていたウォーキングにも最近はすっかりご無沙汰です。

 それでも他のブログに書いたように、最近新しく倍率の大きいデジカメを購入し、その機能を実感するために昨日は久し振りに1時間ほどウォーキング。

 当然デジカメも持っていき、帰り際に樹木の天辺にいた「シメ」という鳥を撮影できました。これまで使っていた12倍ズームのデジカメでは到底撮影できない距離だったので、やはりコンパクトデジカメとはいえ、威力はすごいなと感じました。

 それはそれとして、でかけるときズボン下を履いていくかどうか悩みました。結局暖かかったので通常のズボンだけで出かけましたが、特に問題なし。

 ズボン下を履く理由は、主として血圧対策です。そもそも冬場に血圧が高くなる理由は、寒さによって水分不足や運動不足になることが多く、さらに過食による血液濃度の上昇と、気温低下による筋肉のこわばりや血管の収縮が原因です。

 中でも太ももは大きな血管が走っていて、また筋肉量も多いので、その分発熱量が多くなり、体温維持に役立っているわけですが、ここが冷えれば当然足への血流が滞りますので、それを察知した心臓が血圧を上げるという理屈になっているようです。

 従って太ももの冷えというのは、高血圧患者にとっては大敵で、こうやってブログを書いているときでも、冬場の寒いときは私はひざ掛けを使うようになっています。

 というわけで、「太ももが冷えるなあ」というのが、高血圧症状の一種のバロメーターになっているなとも思うようになりました。そう思って今度は「どんなときにひえを感じるのだろうか」なんて観察していると、最近になって「冷え」を感じるときは、必ずしも寒い日ではないことに気がつきました。

 同じ気温でも、その気温を熱く感じたり、妙に寒くて冷えるなと感じたりすることがある、ということです。さらにこれに自身の体調不良を重ねてみると、どうやら体が冷えているなと感じるときは、風邪やインフルエンザにかかりやすかったりするのではと思うようになっています。

 体が火照る、という状態とはまた異なるとは思うのですが、外気温が同じでも、体の中で体温がしっかり維持され、寒さをあまり感じないときとは体調も良好で精神的にも落ち着いているように思えます。

 いったい何が違うのか?「食べ物?」「飲み物?」「気分?」「ストレス?」といろいろ考えてみましたが、原因は不明。ただ体が冷えると感じるときは、体調不良になりやすいというのは間違いなさそうです。

 もしかすると冷えることによって体内の酵素の働きが悪くなり、体調不良になるのかなとも思えますが、どちらが先なのかはよく分かりません。

 それでも太ももが冷えるなと思ったときは、体調に注意して、暖かいものや消化によいものを食べていると、そういった「冷え」の感覚が自然に消えていくことも多いな感じます。

第1241回 体調良好で書くことがありませんでした

 久しぶりの更新です。この間まったく問題なし。問題がないと書くことも思い浮かびません。わざわざ自分の体調に疑いを持ってあれこれ調べても神経症になるだけです。というわけで、元気なことは良いことだと思いつつ、更新をサボっていました。

 一方爽やかな天気が続くようになりましたので、ウォーキングにはせっせと出かけています。私の日常生活は、基本的に専業主夫ですから、家事以外に午前中はこういったブログ書きか非常勤講師の仕事です。

 昼ごろ買い物に行って、ついでに本屋さんや図書館に寄り、戻ってくると家庭菜園の世話や、ホームページ作り。ただしここのところ涼しくなって家庭菜園の雑草の繁殖力も落ちているので、管理はずいぶん楽になりました。

 夕方からは夕食の準備。今日の夕食のメインのおかずは、日本ハムブランドの中華名菜というシリーズの中の八宝菜。パッケージには「白菜があればすぐ出来る」なんて書かれていましたが、白菜はナシ。

 代わりに、先ず豚小間肉を100g弱スーパーで購入。100円ちょっとです。さらに家庭菜園から自家製のネギ、にんじん、ピーマン、つまみ菜をとって来て、これらを適当に切って炒め、そこへ前述の中華名菜で味付け。正直なところ、白菜だけの味気ない八宝菜よりずっとおいしいと思っています。

 というわけで、食事には野菜を多く入れるように努力しています。

 そういった家事やブログ書きの合間に時間があるとウォーキング。以前は早朝とか夕方とかある程度決めていましたが、最近は早く目が覚めたら早朝ウォーキング

 これ気持ちいです。帰ってくると腹が減っているのがよく分かります。夕方の場合はだいたい4時半出発で5時半頃戻ってきて夕食準備です。
 
 夕方のウォーキングも腹が減りますが、今日のようなさわやかな天気の場合は、ついビールを飲みすぎてしまうことが欠点かもしれません。

 いずれにしろ体調良好なのは間違いありません。あえて言うと、この時期特有の息苦しさをウォーキング中に感じることがたまにあります。

 たぶん秋の花粉か、その他PM2.5や急に暖かくなったときの光化学スモッグに反応しているのではないかと思います。

 今日の朝も歩いてきましたが、ほんの少しですが息苦しさを感じました。もしかしたら御嶽山の噴火による火山灰が、少量埼玉県にも飛んできているのではと推測しています。

 しかし何はともあれ体調良好なのはありがたいです。このまま寒い冬も乗り切れればいいのですが・・・・と願っています。

第1185回 春先の自律神経失調症症状

 ゴールデンウイークが始まり、さわやかな青空の下、旅行に出かけられている方も多いと思います。私は6月にバンコクに行くことを決め、ゴールデンウイークは運動と家計のために家庭菜園でがんばることにしました。

 
 先ほど台所の生ごみを畑に埋めてきましたが、生ごみ効果は凄いです。単に埋めておくだけでも、野菜の収量は明らかに違います。

 以前は鶏糞をよく使っていたのですが、長期間使うとやはりだんだん土地が酸性化するような感触があり、最近は肥料は生ごみのみを心がけています。

 それはそれとして、朝方実家の母親から電話があり、畑仕事の前にいつもの診療所に一緒に行ってきました。

 春先という季節のせいだと思いますが、ここのところ妙に体調不良を訴えます。急に寒くなったり、昼間は25度近くなったりと、天候も激しく変化していますので、自律神経バランスが狂いやすい時期なんだろうなと思っています。

 実際私も先日は不調を感じて血圧を測ったら180/110ありましたから、他人事ではありません。ただ私は最近、「この時期は天候不順等により、体調のブレが大きくなるんだ」ということが分かってきたので、あまり気にしなくなりました。

 むしろ高かったら、これは運動不足だから、少しウォーキングを多めにしよう、というようになるべく前向きに考えるように努力しています。

 しかし先日も書いたように、私の母親はかなりの心配性。自分の体調や、私の体調のことまで気を使って、心配するあまりに不調を訴えるということが多いです。

 というわけで、今日の主な症状ですが、「後頭部のほてり、圧迫感と若干のめまい」だそうです。ひどくなると「胃の辺りがむかむかしてくる」と言います。

 ここのところ何回かそういったことがあったので、血液検査等も行ったようですが、これはまったく異常なし。「ではいったい何が原因なんだろう?もしかしたら悪い病気で、明日にでも命に危険が・・・」と考えているうちに、心拍数上昇、血圧上昇。

 上記の症状から、心配になって実際に血圧を測ってみると、180/80というような変な数値。要するに私のような第三者から見れば、心配しすぎて上の血圧が上がり、それによって首筋が熱くなり、胃の辺りにも不調を感じるのだと思えるのですが、本人にとってはやはり辛くて不安なので、つい連続して血圧を測り、不安が不安を呼んでさらに血圧上昇という悪循環。

 結局一緒に医者に行って、医師からは「自律神経失調症」という病名をもらい、「それならしょうがないか」とようやく納得して帰ってきました。
 

 しかしこういった心理症状は厄介です。私も早期退職直前の頃は同様な症状があり、これは第三者が「いくら心配する必要はない」と言っても、自分が納得しない限り、なかなか症状は改善しないようです。

 まじめで心配性の人ほど、こういった神経症状が出るようです。私自身はそういった経験を通して、今は「なるべくお気楽に生きることが大事だ」と思っていますが、これが70歳を越えたときそういった心境に慣れるものかどうか、若干不安に思っています。

第894回 前回の食べ過ぎの原因は昼食に関係

 昨日書いた記事を読み返していて、自律神経が乱れていて胃腸の調子が悪かったため、焼き鳥、厚揚げ、ソバで食べすぎになったのかなと思っていましたが、普段食べている量を冷静に考えると、これだけで食べ過ぎとは言えないような気がしてきました。

 そこでもう少し時間を遡って、この日の昼食に思いを巡らしてみると、「パスタ」を食べたことを思い出しました。私は麺類が好きで、朝夕は和食でご飯ですが、昼間はパスタ、そば、うどん、ラーメンといった麺類を食べることが多いです。

 でこの日は「パスタ」。早期退職をして節約生活に入っていますので、パスタと言っても外食ではありません。自前で作っています。とはいうものの、麺は茹でるだけ。パスタソースはレトルトです。

 麺は「Barilla」という会社のもので、1.7mm、ゆで時間9分という製品をいつも食べています。パスタソースは、「ボロネーゼ」や「ポモドーロ」「ボンゴレ」「ペペロンチーノ」を好んでいるのですが(メーカーは青の洞窟かS&B)、この日はちょっと趣向を凝らして?「4種のチーズクリーム」というのを選択。

 いつものように作り、パスタソースをかけて食べました。おいしかったです。しかし思うに、食べ過ぎ症状が出た原因の一部は、このチーズクリーム特にクリームにあるのではないかと思えるようになってきました。

 製品自体に問題があったとはまったく思っていません。問題なのは私自身の体ではないかと思っています。普段から乳製品をほとんど食べないので、たまに牛乳を飲んだりすると、結構お腹が緩くなる現象が起きます。

 また、以前にも書きましたが、私は小さい頃(古くなった?)生クリームで食あたりを起こしたことがあり、嘔吐や下痢の辛い経験がトラウマとなり、ケーキ類はほとんど食べないようになってしまいました。

 と言うことは、私自身の胃腸内で活躍している酵素や腸内細菌は、こういった牛乳や生クリームを消化する力が弱いのかなと思えます。

 またこれについて調べてみると、「生クリームアレルギー」というのも存在していることが分かりました。小さい頃の経験も、もしかしたら生クリームが悪くなっていたのではなく、アレルギーのせいだったかもしれないなとも思えます。 

 たまたまその時の経験が強烈だったので、それ以後食べることが無くなり、現在までアレルギーと言うことを意識してこなかったのかもしれません。

 そう考えると、このレトルトのパスタソースで、胃の調子が悪くなったところへ、水分を補給しないまま、冷たい生ビールを飲み、焼酎を飲みという無茶をやったため、胃腸が反乱を起こしたと考えると納得できるような気がします。

 従って「今後も生クリームは食べない方がよい」という残念な結論になってしまうのですが、体質ですからこればっかりはしょうがないですね。パスタはやはりボロネーゼやポモドーロあたりにとどめておくのが無難なようです。

 ちなみにちょっと話がずれますが、コーヒー店に置いてある小さな白いカップに入ったミルク。これもコーヒーに入れると胃の調子が悪くなります。

 あのクリームは実は牛乳ではなく、脂肪や各種の油に乳化剤や安定剤を加えて合成していると聞いたことがあります。つまりミルクではなく油を飲んでいると言うことになりますが、この場合胃が悪くなるのは油のせいか、乳化剤や安定剤のせいなのか、気になっています。 

第893回 水不足と食べ過ぎによる体調不良

 爆弾低気圧の影響はそれほどではありませんでしたが、雨が降ったり風が吹いたり、今は青空が出ていますので、天候の急変が著しいです。

 その上に気温も5度ぐらいまで冷え込んだり、25度ぐらいまで上がったりと、ともかくせわしなく気候が変わるのがこの時期の最大の特徴です。

 それに合わせて、朝起きると昼間着るものを考え、厚手やら薄手やらを色々チェックし、さらに朝の10時を過ぎると気温がぐんぐん上がったりすると、慌てて半袖のポロシャツに着替えたりと、めまぐるしいです。

 一方午後3時を過ぎると日によっては北風が吹き、急に冷え込んでくるので半袖から長袖に着替え、さらにその上に半纏をはおって、夕食時にはファンヒーターを使用なんてことまでありますから、ともかく調節が大変。

 寝るときも厚手のパジャマか薄い物か、掛け布団は何枚にしようかと散々迷って決断したのに、夜中に暑くて目が醒めたり、逆に寒くて上掛けを足したりと、なかなか落ち着きません。

 それやこれやで体内の自律神経も大忙しで体調を調整しているのではないかと思いますが、先日息子が大学の入学オリエンテーションの一環で1泊の研修旅行をするというので、私は数か月ぶりに地元の居酒屋さんに出向きました。

 すこし暖かい日だったので、午後は家庭菜園で土を掘り起こしたりしていたので、適度な運動も行い汗もかき、「こりゃビールがうまいぞ」と思いつつ居酒屋さんへ。

 普段なら先ずは生ビールの中ジョッキから始めるのですが、この日は大ジョッキを飲みたくなり注文。焼き鳥をつまみにして、ビールを飲み干し、次が焼酎の水割り。つまみは厚揚げ。

 焼酎は大きなグラスに結構濃い状態できましたので、アルコールはこれで終了。良い気持ちになって店を出て、ちょっと小腹が空いているなあと思いそば屋さんでソバを軽く食べて帰りました。

 ところが夜半になって胃が重苦しい。お腹を壊しているわけではないのに、軽い腹痛もあり、こりゃあなんか変なもんでも食べたかと思っていましたが、思い当たることなし。ただやけに喉が渇きます

 酔いが覚めた頭でよ~く考えてみると、朝からほどんど水を飲んでいない。そこへ利尿作用たっぷりのビールを普段以上に飲んだため、体が軽い脱水症状を起こしたのではないかと判断。体が欲するままに1リットルぐらい水を飲み、合わせて滅多に飲まない胃腸薬を服用。

 なんか気持ち悪いなあ、吐いたらどうしよう、なんて思いながらベッドに入りましたが、大量の水を飲んだにも拘わらずトイレにいくこともなく熟睡。と言うことは相当水分が減っていたと言うことでしょうか。

 どうも加齢に伴って、体のセンサーの感度が鈍くなっていくようで、喉が渇いていても気がつかないということがあるようです。これは私の母親も同様で、よく血圧が急に上がったと言ってきますが、水を飲むと下がることがありますので、知らず知らずのうちに水分不足になっているのだと思います。

 というわけで腹具合は翌日の午前中ぐらいまで変でしたが、ある年齢になったら、欲望の赴くままに飲食をしてはいけないという教訓を得ることになりました。ちょっと残念な気持ちもあります。
 

第868回 体調不良の節目となる年齢、季節

 昨晩は雨が降ったようですが今日は朝から青空が拡がり、カーテンの隙間から朝日が見え、それを機に6時半に起きました。カーテンをさっと開けると、ものすごい勢いで朝日が入ってきて、あまりのまぶしさに一瞬目をつぶりますが、5秒ぐらいでもう慣れています。

 人間の目の構造はつくづくスゴイものだなと思えます。明るくなるとほぼ瞬時に瞳の面積が狭くなり光量を絞り、暗くなるとこれまたほんの数秒で目が慣れてきます。

 車を運転していて、トンネルに出たり入ったりするとこの作用がよくわかります。しかもこういった作用は、大脳がいちいち命令しなくても、体が勝手に反応してくれますので、便利この上ないと言えます。

 昨日も春先の自律神経の不調について書きましたが、人間の体内では、こういった視覚の明るさ調節も含めて、様々な部分で綱引きが行われていて体調を管理しています。

 この綱引きのバランスが悪くなり、片方に片寄ってしまったり、中心がどこなのか分からなくなり、調節のブレが大きくなったりすると自律神経失調症という診断になるのかなと思えます。

 つまり交感神経系が強くはたらき過ぎ、それが必要も無いのに続いてしまうと妙な興奮状態が続くと言うことです。逆に副交感神経系が強く出過ぎると、常に眠いような、覇気がないような、体のだるさや精神的な息苦しさを感じると言うことでしょうか。

 またブレが大きくなると言うのは、興奮状態と鎮静状態が激しく交錯すると言うことで、元気になったり落ち込んだりを繰り返すと言うことなのかなと思えます。

 以上のような症状の原因のほとんどは自律神経にあるわけですが、自律神経が自律と言う言葉を使っているように、なかなか自分ではコントロールできないところが問題ですね。

 特に人間の一生を通じて、体がいろいろ変化する時期、例えば思春期、そして更年期、さらに老年期という時期は、もともと体の調節機能のバランスが悪くなりますから、それに更に季節的要因が加わって、体調不良や精神的な悩みを抱える人も増えるのかなと思えます。

 そう思って「体調の節目」という検索語句でネットの情報を見ると、男性は8の倍数、女性は7の倍数で節目があるなんて言う記述が多数あります。

 私の場合を考えてみると、8歳は幼児期からの移行時期、16歳は思春期、24歳は男の体としての完成時期、32歳あたりから年齢を意識、40歳でそろそろ体力がと気がつき、48歳で明らかに体力が落ちてきたことを認識、56歳で昔の体力を思い出し、もう戻れないと諦めたような気がします。

 さらに8歳から喘息症状が少し治まり、16歳からアトピーがひどくなり、24歳以降はアトピー絶好調、32歳ぐらいから血圧上昇、40歳には血圧の薬を服用、48歳頃に痛風発症、56歳(実際には57歳)で精神的不調で早期退職と、なんとなく病気の時期まで一致しています。

 ということは、別に8の倍数にこだわる必要はないと思いますが、なんとなく体調が変化してきたなと感じる頃の春先は、ちょっと意識して注意した方が良さそうだという結論になります。

 私の場合、次の節目は64歳。その時にどんなことを感じるのでしょうか?さらなる体調不良が出てくるのかなと思えますが、それを少しでも緩和するために、日頃からのストレス解消と運動が大事だと思っています。 

第806回 早期退職以降の健康状態を振り返ると

  おはようございます。いよいよ2012年最後の日です。今年1年、たまたま検索で見つけて読んでくれた方、ありがとうございました。ブログでは日々思ったことを書き散らして、まとまりのない状態ですが、それらをジャンル別にまとめ直した「高血圧、アトピー、健康生活」というサイトも運営していますので、こちらも併せて、来年もよろしくお願いいたします。

 このブログを書くきっかけになったのは、ブログの説明文に書いたように、妻の突然の病死で父子家庭となり、仕事の忙しさや重圧により体調不良。そこから逃れるためには早期退職しかないという判断で現在に至っています。

 ただ早期退職後も、ともかく自分自身の健康を維持しないと父子家庭生活がうまくいかなくなるという危機感を持っていましたので、それまでの自分の病歴と併せて、自身の健康を維持するためにはどうしたらよいのか、と言う観点でこのブログを書いてきました。

 そういった意味では、話題があちこち分散しまとまりのないものになっていますが、それらをジャンル別に上記のサイトでまとめ直しています。

 で現状ですが、何回か書いていますが早期退職直後の4月に大きな開放感があり、血圧は一気に20ぐらい下がったように感じました。

 また風邪をひくことが減りました。それまでの仕事が学校という現場でしたから、生徒から風邪をうつされると言うことも多かったようにも思いますが、それよりも風邪をひいても症状が重くならないことが新鮮な驚きでした。

 1年後に、たまたま元の職場で今度は非常勤講師をやることになったのですが、早期退職直前の私の様子を知っている先生は、口を揃えて「元気になった」と言ってくれました。逆に言うと、当時はそれだけ辛い表情をしていたと言うことかも知れません。

 自分の表情を鏡で見ると、残念ながら年相応に老けてきて、あまり注視できるものではないなと思いますが、ふと気がついたのは、ひところ増えていた白髪が減りました。ただし髪は薄くなっています。白髪はストレス、薄い髪は年齢の影響だなと思っています。

 早期退職前から折に触れてウォーキングを行っていましたが、歩く距離は変わらないものの、ウォーキングの質が変わったように思います。

 早期退職前は、歩くことがストレス解消になっていたと思いますが、今は歩くことが健康維持に役立っているという意識を持ち、また歩いている最中に川辺の野鳥や昆虫、植物に目がいくようになりました。心に余裕が出来たのかなと思っています。

 というわけで、改めて振り返ってみればすぐに分かることですが、フルタイムでの勤務が如何にストレスが多かったかと言うことだと思っています。

 私はこのブログや上記のサイト以外に、私の妻に振りかかった病気の原因というか、治療について、もう少し詳しく知りたいと考え、今「悪性リンパ腫との闘い」というサイトでガンについて調べ、分かる範囲でまとめています。

 もともと結論の得られないものだとは承知していますが、これまで自分なりに本を読んで調べて結論では、ガンの原因として大きな要因となっているものが「ストレス」と「血行不良」ではないかという疑いを持っています。

 働き盛りの人の場合はストレスが血行不良の引き金となり、高齢者の血行不良は、高齢による動脈硬化等が原因ではないかと考えています。

 来年はもう少し勉強しないといけないなと思っていますが、自身を振り返ってみればストレスの体調に及ぼす悪影響は明白です。とはいえストレス無しで仕事をするなんてことは不可能ですから、如何にストレスをコントロールするかと言うことが大事なのかもしれません。

 それでは皆さん来年もよろしくお願いします。

検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
28位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。