FC2ブログ
HOME   »  高血圧
Category | 高血圧

第1853回 寒くなって血圧が上昇気味です

 寒くなってきたせいか、このところちょっと血圧が上昇気味。ただ血圧が上がって感じる、頭痛、めまい、のぼせ感、顔が赤らむ、後頭部のこわばりといった自覚症状はナシ。

 あえて言えばちょっと肩こりが強くなった感じ。今現在の血圧は135/90ぐらいで、高血圧との境界値。降圧剤を服用しての値ですから、まあしょうがないかなと思っています。

 しかし一応朝30分のストレッチ、昼間暖かいときは5000~8000歩前後のウォーキング、野菜摂取、水分補充には気を使っています。

 一方数日前実家の母親の様子を見に行くと、突然めまいに襲われたと言いだしてびっくり。行ったときは「収まった」と言っていましたので一過性?

 しかし一過性とはいえ、一時期ふわふわしてしょうがなかったと言っていましたので、収まったとはいえちょっと心配。原因をいろいろ考えて、軽い脳梗塞が脳のどこかに生じたのではと疑っています。

 だけど血圧はいつも通りでそれほど高くない(たぶん150/70程度。高齢者特有の動脈硬化症状が若干あると思っています)と言います。

 とはいえ、ちょっと血液の流れが悪くなって、その後また回復というのは結構ありそう。そう思ったので、寒くなってきたから、一時期やっていた体操をしていないのでは?と問い詰めるとやはりやっていない様子。

 また秋口は比較的体調が良かったので安心したのか、いつの間にか水分補給が少なくなっているのではと聞いてみると、やはり水はあまり飲んでいない様子。

 代わりに砂糖をたっぷり入れたコーヒーを飲んでいると言いますから、利尿作用と糖分で血液の粘性が高くなっているとも考えられ、水やお茶を飲んだ方がいいよとアドバイス。

 高齢になって、どうしても何か体調の変化を感じてから、慌てふためいて対策を練るという事が増えているような気もします。幸いなことに認知症等の症状はないので助かっていますが、隠れ脳梗塞のような症状が進行すると認知症への移行もありそうでかなり心配。

 先日のヤフーニュースでは日本人の病気に関する心配が高いという記事が出ていましたが、高齢化故やむを得ないし、何より高齢者が体調を心配していることにつけこむようなテレビコマーシャルや週刊誌の記事が多すぎるという事も問題だろうなという気がしています。

 四六時中、「あなたは不健康だ」という趣旨のテレビコマーシャルが垂れ流しになっている現状は、テレビを見る機会が多い高齢者に悪影響が多いなという気がしています。
 

第1848回 旅行に行ってウォーキング

  12/3~12/10までバンコク旅行を楽しんできました。旅行に行く前は、旅行に行って疲れないようにと思い、連日ウォーキングを意識して、4000~8000歩を歩いていました。

 我が家のすぐ近くに河川敷の遊歩道があって、そこを1周して帰ってくるとだいたい4000歩ぐらいになります。歩くコースを工夫したり、ちょっと遠方まで足を伸ばすと8000歩ぐらいになります。

 川べりを歩いているとやはり気持ちはよいですね。歩いていると頭の中を勝手にいろいろな考えが飛び交うのも面白い。旅行への期待や、ブログに書きたいと思える新たな発想が生まれることもしばしば。

 かつての偉人たちが、創作意欲を掻き立てるために散歩をしたなんて言う話をよく聞きますが、その気持ちが少しわかるような気もします。

 ちなみに今年の夏は猛暑が続き、さすがにこんな暑い中で歩いたら倒れてしまうかもと思うことが多かったので、ウォーキングはちょっと敬遠気味でした。

 秋口になって歩き出してみると、サボりがたたったのか、15分ぐらい歩くと疲れを感じたり、息切れを感じたりすることがしばしば。

 さらにいつものウォーキングコースで目安にしている印を使って歩幅を測定してみると、明らかにこれまでより5cmほど短くなっていることが分かり愕然。
 
 さらにスマホにウォーキング用のアプリをインストールして、それで歩数や時間から歩行速度を見ると、場合によっては時速4kmを切っていることが分かり、「こりゃいかん」と再認識。
 
 秋口になって気温が下がってきたこともあり、12月のバンコク旅行を意識して、一寸継続的にウォーキング開始。すると当初5日間ぐらいは惨憺たる状況でしたが、1週間後ぐらいから状況が改善されたことが分かりました。

 30分ぐらい連続で歩いてもさほど息切れは感じず、歩幅も少し回復。歩く速度も以前の状態に戻りつつある感じ。「やっぱり普段から歩行を意識しないと駄目なんだな」と思って、今度は片道1kmちょっとのスーパーや診療所通いも徒歩で行くようにしました。

 というわけで、そんな状態を維持してバンコク旅行を楽しんできましたが、旅行に行くと歩数は俄然増えます。1週間ほどですが、毎日8000~15000歩ほど歩いて帰宅。

 疲れは感じましたが、「まだ1日で15000ほどほど歩けるんだ」とちょっとうれしくなりました。まあ体力のある人にとっては何でもない歩数だと思いますが、衰えかけた体に旅行でカツを入れるというのはいいですね。

 帰国後も、ちょっとした用事でも歩くことを意識していますが、おかげで血圧も降圧剤は服用してますが、連日120/80ぐらいで安定しています。

第1847回 高血圧の根本的な問題

  高血圧の記録ノートというものがあって、以前は大日本住友製薬という会社から配布されている手帳みたいなものを病院からもらってこれに記録していました。

大日本住友製薬の血圧記録ノート

 しかしそれが数冊たまったところで、病院からもらった在庫がなくなり、思い余って今高血圧の薬を処方してもらっている診療所の医師に相談したところ、今度は武田薬品工業という会社から配布されているらしい小さなブルーの手帳をもらうことができました。

武田薬品工業の高血圧管理手帳

 以前の記録帳は数値を記入するだけのものだったのですが、今回の手帳は数値をグラフ化してみることができるもので、誤差の多い高血圧の数値より、体全体の血圧の動きが視覚でとらえられて、「なかなかいいな」と思っています。

 だいたい血圧計の数値は、たとえ連続して2回計ってもその数値がほぼ一致することはひじょうに珍しい。常に5~10%の変動幅で動いていることが良く分かります。

 そんな変動領域のある瞬間の数値を見て、150だから高血圧、140だからまだ大丈夫と言われても、「なんか誤差の大きい診断だなあ」と感じてしまいます。

 というわけで、この記録帳、重宝しているのですが、9月中旬から使い始め既に二か月が経過。改めてこの二か月の記録を振り返ってみると、日によってある時急に血圧が上がる日があります。

 最初は「もしかしたら周期性があるのかも」と思って、その周期を調べたりもしていたのですが、たった二か月の記録だとちょっと無理そう。

 ただ二週間に1回ぐらいどういうわけか数日高い状態が続くことがあります。ただ特に体調不良を感じなければ三日後ぐらいに自然に低下。実に不思議。

 個人的見解ですが、体内の血管内壁の一部に動脈硬化等により血液が流れにくい状態が生じたことを脳や神経が感知。その部分の血液の流れを回復するために、少し血圧を上げて汚れを押し流すという事なのかなと思っています。

 その結果二日ほどで血流が回復するので、血圧は元に戻る、という事を体が勝手に行ってくれているのかなと解釈するようになりました。

 ただし血圧をあげても血流が回復しな場合は心臓は血圧を上げ続けねばならないという事になり、それがある意味高血圧状態になったという事なのかも。

 ではその時に降圧剤を服用して血圧を下げればよいのかという事になると、見かけ上の血圧は下がりますが、通りにくくなった血流の流れは回復していないという事で、根本的な解決になっていない。

 ではどうするか?という事が高血圧の根本的な問題かなと思うようになっています。


 

第1845回 降圧剤イミダブリルの服用量で血圧を調整

 猛暑だった夏から一転。朝起きると窓から差し込む太陽の光がずいぶん南に動いています。それと共に、明るくなってくる時間も6時前後になり、私がいつも起きる6時半ごろにようやく東側の家の屋根の上に朝日が見えてきます。

 当然ながら夕方の日没時間も早くなり、「今日も歩くぞ」と思って3時過ぎに玄関を出ると、帰るころには徐々にあたりが暗くなってきて、河川敷のウォーキングコースからは富士山のシルエットが見えてきます。

 同時に空気もひんやりしてきて、「早く帰らないと・・」と自然に歩行速度が増します。

 てなわけで、このところ「歩くこと」を意識して、昼間の買い物でも1kmちょっと離れたスーパーまで歩いて出かけて食材購入という事を心がけています。

 とはいうものの、やはり寒さが増すにつれ血圧は上昇気味。この夏は7月7日に、冬場に服用していた降圧剤イミダブリル2.5mgを、包丁で半分に割って1.25mgに減量。

 さらに暑くなって血圧が120/70を切る日も多くなったので7/23に服用を停止。それ以降は110/65~130/80ぐらいの血圧を維持。

 ところが猛暑の夏もが終わりに近づいた8月下旬に、時々下の血圧が90を越すようになり、これは再開の必要があるなと判断。8/28からイミダブリル1.25mgの服用を再開。

 すると血圧は上下ともに5mmHgほど下降し130/80ぐらいになりしばらく継続。しかし血圧変動の動きを見ていると、時折寒さを感じるようになった10月ぐらいから、なんとなく上昇気味。

 どうも体の方が、1~2か月先の気温の変更を予想して?ちょっと早めに血圧を変動させているような気がします。

 というわけで11/6から、イミダブリルを通常量の2.5mgに戻しました。この間の経過は診療所の医師にもきちんと連絡し、了承を得ています。

 ちなみに今日の今測定したら123/82ぐらいでした。まあ何とかコントロールできていますが、この先さらに寒くなるともう少し上昇するかも。

 その時は5mgの服用が必要になるのかもしれません。
 

第1833回 朝食にはコーヒーとバナナの組み合わせが良い?

エキサイトニュースより

 健康関連のメルマガやニュースをネットで読んでいるのですが、その中で「朝食でバナナとコーヒーがいい」という記事を発見。早速一読。

 私も最近時々朝食でパンを食べることがあり(普段はご飯)、その際の飲み物はコーヒー、紅茶、麦茶、ウーロン茶、煎茶等を飲んでいます。果物系のジュースは糖分が多くて甘ったるく感じられるので飲んでいません。

 また夏場は朝食がごはんであっても食後にバナナを1本食べるようにしています。

 というわけで記事を熟読。まずバナナ。血圧の上昇が抑えられる理由は、バナナに含まれるカリウムの影響だそうで、これは私も知っていました。

 またコーヒーには各種のポリフェノールが含まれていて、この中のクロロゲン酸という成分が血圧に良いみたいですが、この名前は初めて知りました。

 でその効果ですが、TBSのテレビ番組で紹介。血圧に悩んでいる男女5人に10日間バナナ1本とコーヒー1杯を飲んでもらったところ、全員の血圧が平均で上が14.2mmHg、下が8.6mmHg下がったそうで、これだと降圧剤と同等の効果がありそう。

 ちなみに記事の最後の方にバナナについてのコメントがあって、これは参考になりました。記事によれば、皮が黒い斑点に覆われ、腐っていくように見えますが、これは熟している証拠だとか。

 たしかに黒い斑点が浮いたバナナを食べると、かなり甘くてトロ~っとした食感に変化しています。個人的にはあまり好きではない食感なのですが、どうやらこの時に酵素やポリフェノールも増加しているようです。

 またバナナの身についている細い筋にはポリフェノールが豊富なようで、取らずに食べた方が良いみたい。

 さらにコーヒーには豆乳を加えて飲むと良いとの記載もあり、試してみたくなりました。

 ただ私はコーヒーを飲みすぎるとカフェインの影響が強く残り、夜の睡眠時に頻尿気味になることが最近分かってきました。これは若いときは感じなかったことなので、もしかすると肝臓や腎臓の機能が加齢によって衰えているのかなという気もします。

 またネットの情報によれば、古くなったコーヒーは酸化され、肝臓への負担も増すようです。ということは作り置きのコーヒーを温めて直して飲むなんてことは避けた方が良いのかも。反省材料になりました。

第1832回 理想の血圧は120/80?

  血圧は高すぎてはいけないというのが常識。理由は高血圧に伴って様々な病気を誘発する確率が大きいから。ではどのくらいまで下げればいいのかとなると、ここからが議論百出。

 様々な科学者、医学者、大学病院、医師、場合によっては製薬会社や、私のようにこういった健康関連ブログを書いている人間も、こぞって「きっとこのぐらいの数値がいいんだ」と百家争鳴。

 それらの言い分を統一したのが最近発表された基準で上が130、下が80という基準。これを越えると高血圧症状患者ということになり、常時この上の値が維持されると医療機関で「降圧剤を飲みましょう」ということになります。

 では、高血圧という症状を改善しようとして、ストレス軽減や運動、食事制限を行った場合はどうなるのか?通常は降圧剤ではなく、まず第一義的に医師がアドバイスすべきは、こういった薬を使わないで下げる療法だと思われますが、こういったことをきちんと説明する医師には会ったことがありません。

 てなわけで、診察室に入って血圧を測定したら基準値オーバー。すぐに降圧剤を一生飲みましょうという指導がなされ、高血圧患者が一人誕生。

 一方高齢者にも降圧剤を処方すると、人によっては薬が効きすぎてふらつきや認知症の症状も発生するとネットで書かれていますが、これについても説明する医師もほとんどいない。

 もしかすると医療側も血圧の下限についての議論ができていないため、ガイドラインも作れないのではないかと疑っている部分もあるのですが、そうなると悩むのは患者本人。

 我が家の母親も高血圧で降圧剤をもらっていますが、高齢者で動脈硬化の症状も進んでいるため、上が150ぐらいでも、下が70を切ることもあるようで、こうなると上がって悩み、下がってめまいという意識になるようです。

 先日も書きましたが、そういったことをいろいろ勘案すると、中途半端などっちつかずの血圧が一番良いという結論になりそう。ではその値はいくつぐらいなのか?

 Asageiplusというサイトに、ちょっとヒントになる記事が出ていました。その中の一文、「さまざまな病気のリスクが一番小さくなる血圧の数値は上が115、下が75だそうで、もちろん異論がある人もいるかもしれませんが、ある意味理想の血圧と考えても良さそう。

 確かに自分の体調を振り返っても、このぐらいの値だと体調も良好と感じることが多いような気もします。ということは自分の年齢も考量して、日ごろの血圧が120/80ぐらいなら、血圧はコントロールできていると考えても良さそうです。

 ちなみい先ほど測定したら、降圧剤イミダプリルの2.5mgのさらに半量服用して120/78でした。ちょっとうれしいです。

第1831回 台風接近時に息苦しさと動悸

 台風15号は千葉県に大きな被害をもたらしました。特に屋根が飛ばされた、停電、という二つの要素が大きそう。先日のテレビでは、病院に電気が来ないので透析ができないという報道もあり、患者さんも医療側も、両者ともに大変な苦労だろうなと思っています。

 我が家の実家でも母親が在宅酸素療法を使っていますので、停電になれば機械が停止。当然酸素も供給できなくなるので、他人ごとではありません。

 さて私の体調ですが、先日の台風接近時直前の9/6ごろから、普段とは異なる異常を感じびっくり。主な症状は呼吸困難と書くと大げさですが、なんか息苦しい。

 動悸も感じましたが、息苦しさから緊張を覚え、それが動悸につながっているとも考えられ、原因は不明。もしかして血圧が急上昇?と思って測定してみると、高いときで137/87ぐらい。

 低いときは124/84ぐらいで若干高いかなと思える程度。ただ自覚症状として、単に座っていても何となく息苦しさを感じ、「こりゃちょっとまずいかも」と思い、とりあえず診療所に診察を予約。

 ただこの診療所は土日と祝日が休みなので、予約は最短10日の火曜日となり、まあそれでもしょうがない、いざとなれば休日の救急診療だと思って、7日土曜日の午前中は自宅で静かに過ごしていました。
 
 すると午後になって少しずつ症状が軽減。「なんだ?いったい何が起きているんだ?」と逆に心配になりました、そして台風通過。深夜に雨風の音で何回か起きましたが、とりあえず体調は回復。
 
 8日の朝の血圧は115/75程度で、息切れ症状もまったくなし。9日も同様で10日に診療所へ。医師にこの間の経過を話すと、最初に出た言葉が喘息。

 私は幼少年期に激しい気管支喘息を体験していますが、高校に入学するころから改善。就職後は時折発作が出るだけで、50代以降は全く問題なし。

 というわけで、医師には既往症としての喘息は、初診のときに調査用紙に書きましたが、それ以来医師に直接喘息持ちだということは伝えていませんでした。

 さらに次の言葉が台風接近時の急激な気圧低下による可能性ということで、これを聞いて、「なるほどその可能性があったな」と納得。

 今回の台風は大きな勢力でしたから気圧低下の傾きも大きかったはず。特に接近してくるときの傾きが大きいと考えると、7日の午前中はその影響がもろに出たのかもしれません。

 というわけで、その後息切れ状況は感じなくなりましたので、どうやら台風接近が原因というのが一番正しそう。人によっては頭痛を起こす人もいるみたい。

 台風接近時は、家の内外の補強だけでなく、自分自身の健康にも注意をする必要がありそうです。
  
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
28位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。